少し大きめの車椅子を使う事でハンドリム回しの負担も減る

日々の疲弊感や負担の蓄積で足腰に

痛みが生じてしまう

足腰の痛みと言うのは日々の労働や用事など、過労や身体への負担の
蓄積でジワジワと、あるいは急激に関節部位に痛みと なって現れます。

この時の足腰関節部位の痛みと言うのは、最初期の段階では それほど
辛い状態では無くて、我慢すれば仕事も日常も さほど不自由なく

過ごせる。と言う状態でも、1度関節部位に痛みや違和感となって現れて
しまうと、その痛みの進行速度は驚くほど速い場合も あります。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

何故、痛みが どんどん強くなって行くか?と言うと、足腰と言うのは
(特に腰)以前も書いた様に骨盤・腰椎を起点に前のめり姿勢に なると、

負荷が強まり、前傾の角度を深める程に腰への負担が どんどん強く
掛かってしまいます。

座り姿勢でも同様に、会釈程度に頭を下げただけでも腰椎へ重い負荷が
必然的に掛かってしまうので、腰を痛めた時に、まず するべき事は

腰痛サポーターで腰周りをガッシリと締め付け固定し、衝撃・負担から
守る事ですね。

腰痛サポーターは幅広でメッシュ生地が最も機能的

様々な腰の痛みの原因

間欠跛行・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・筋膜性腰痛と言った腰の
痛みの原因は幾つも あるのですが、腰痛サポーターを しっかりと

締めて固定する事で、脊柱起立筋の過度な疲弊を妨げる事が出来、
姿勢も ある程度 保てて身体の重心バランスの崩れも防ぐのに

役立つので、まずは腰痛サポーターを活用する事が大切です。

『まだ何とかなる。』『もう少し放っておいても大丈夫そう。』と
言う判断を万が一にも してしまうと、いざ急激に悪化した時に

病院に行って状態を診て貰い、要手術と言う程の状態では無い
けれど、その手前の段階だから、保存療法で様子見。

と、なってしまった時に 早い段階で治療を行って来た人に比べて、
辛い思いを するのは自分自身です。

そうして居る内に、毎日 足腰にダメージが溜まり続け、やがては
杖やサポーターを併用しても歩行困難に なってしまう事も

あります。

歩行補助器具を使い日常生活の中で生じる足腰への負担を軽減する

なので、保存療法で特に効果を感じない状態が続くようなら、日常
生活の中で それ以上ダメージを重ねない為にも、歩行以外の

選択肢が必要に なります。

足腰が悪い場合の歩行以外の選択肢、と言うと1番に浮かぶのが
車椅子の使用ですね。

【自走式車椅子を日常生活に取り入れる事で日々の足腰への
負担を軽減する↓↓】

 

車椅子は今の時代、ネット通販でサイズやカラー、そして車椅子の
タイプ(自走式、介助用、電動)まで直ぐに探し出す事が出来ますから

自身の身体の状態や、体型に合った物を見つけてみて下さいね。

自身の体型に合った

車椅子を入手する

車椅子を選ぶ時に気になるのは、座面の幅や前輪、後輪の大きさ等ですが
座面幅は あんまり窮屈すぎても後々ツラいでしょうし、大体42㎝~45㎝位の

物を探すと、結構身体が大きい私でも窮屈さは感じなかったので、サイズ感が
不安ならば これを基準として探してみると良いと思います。

私としては、自走式車椅子に乗る上で ハンドリムを回し続けるのが最も
大変だと思うので、やはり後輪は ある程度のサイズ感があった方が

良いと思いますし、後輪が大きければ必然的にハンドリムも大きくなるので
ひと漕ぎ ひと漕ぎの移動距離も大きくなり、結果的に身体への負担は

小さくなるので、少し大きめの車椅子を使うのが良いかと思います。

【24インチの大きめ自走式車椅子を日常生活に取り入れて
足腰への負担を軽減するなら こちら↓↓】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です