筋膜性腰痛の時に気を付けたい日常での姿勢

様々な原因から腰に痛みが生じてしまう

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も厄介な点は
急激に悪化した先には仕事は おろか、日常生活にも

大きな支障を来してしまう、と言う点です。

更に腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら毎日生活して
行く中で重心が変に偏り、いつしか脚にも痛みが

広がってしまい、益々日常が制限され、自力で歩く事も難しく
なり、杖や腰痛サポーターの補助無くしては、ほんの数歩程度

歩くのも辛い状態に なってしまいます。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に対策を施す事が大事

そうした時に腰部をダイレクトに締め付け、支えてくれる
腰痛サポーターの存在が非常に日常を助けてくれるのですが、

選ぶ際に注意したい点は幅広でボーンが背骨に沿って しっかりと
支えてくれる構造になっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても蒸れを ほとんど感じずに、装着
出来る様にメッシュ生地素材を選びたい所です。

【Sサイズから6Lサイズまで幅広いサイズの腰痛サポーターで
自身の体型に合ったサイズを見つけて日々の負担から腰を守る↓↓】

 

冬場は寧ろ温かい位の腰痛サポーターを装着したくなりますが、
春から夏に掛けては胴部に装着する以上、通気性が非常に

重要に なります。

日常の中で腰に生じる

負担を和らげるには?

この様に 腰痛サポーターを装着する状態と言うのは、ぎっくり腰や
身体を酷使し続けた事による、腰の筋肉疲労から来る筋膜性腰痛や、

背骨を通る脊柱管が狭まる事で神経根を圧迫して痛みが発生する
脊柱管狭窄症、あるいは、加齢などで髄核の水分が減ってしまい、

抵抗が弱まった時に何らかの衝撃を受けて、線維輪を突き破って
髄核が飛び出してしまい、神経を圧迫する事で、激しく痛む

椎間板ヘルニアなどの強い腰部の痛みの時、強くなくとも悪化
防止の為に早い段階から装着するパターン。

腰痛時に日常でのケア・対策をどう行うか?/保存療法・腰痛対策

腰を守る、と言うのは ただ腰痛サポーターを装着すれば軽くなるか?と
言うと、そんな事も無く、あくまで補助サポーターは腰を締めて

姿勢を支える役割と捉えて、自身で背骨から腰に掛けての自然な
緩やかなS字カーブを保つ、と言う事を常に意識しながら

日々過ごしたいものです。

今回は 筋膜性腰痛という、腰の筋肉が局所的に疲労し、痛みを発して
いる厄介な状態に ついての日頃 注意すべきポイントに ついて書いて

行きたいと思います。

骨自体に異変が無くても軽く考えずに

しっかりと対策を行う

全身の筋肉が痛むわけでは無く、腰部の一部が痛んでいる状態で、
この時点で整形外科で診察をしてもらってもレントゲン上、

骨には異常が見られないので、自身でも そんなに悪い状態じゃ無いのか、
と軽視してしまいがちですが、筋肉に局所的に負荷が掛かり続けている、

と言う事は、この先 腰椎の変形などの事態に発展してしまう恐れが
あるので、日頃の自身の姿勢や、どの体勢で強く負担が掛かって

いるのか?を見極めて日常生活の中で意識する事が大切です。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

通常、椅子に座る時、と言うのは、身体を休める時と言うのが殆どだと
思いますが、しかし、この時に姿勢を気を付けるあまり、背骨を

反りすぎたりしては、過度な負担が掛かってしまいますし、反対に
猫背姿勢でも腰部の脊柱起立筋や靭帯などが引き伸ばされて

しまいますし、または足を組んだりする姿勢が癖の人の場合、右足を
組めば背骨は左に曲がり、左足を組めば右に背骨が曲がっている

状態なので、私は足を組む姿勢は しないので、明確には分からない
ですが、これを腰を痛めている時にやれば、通常時よりも腰~背骨に

生じる負担は より強いものに なるでしょうし、徐々に腰椎の変形にも
繋がって行く恐れが あると思います。

トレーニングや日常で怪我をしやすい腰部・腰椎を守る意識

これらの日常姿勢を意識せずに 腰痛サポーターを巻いてみても、
装着している時は少し負担がマシに なるかも知れませんが、

結局、椅子で休憩している時に状態を悪くしてしまうのではサポー
ターで 一時的に補助しても、元も子も ありません。

ですので、サポーターに加えて、自身の日常生活の中での意識の
持ち方も自身の身体を守るためには重要で あると言う事です。

日常的に意識して、負担を少しでもマシに して下さいね。

【幅広タイプの腰痛サポータ-/小さめから大きめまで様々な
サイズの腰痛サポーターで日常的に腰の負担を緩和する↓↓】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です