体圧分散マットレスで腰を疲弊や負担から守る

毎日来る日も来る日も多忙さに追われていると、

自身の身体のケアも後回しにして疎かに

してしまいがちです。

朝早く目を覚まして、朝食を食べて くつろぐ時間も

そこそこに、直ぐに着替えて通勤・出社と

毎日繰り返す慌ただしい1日を過ごして、

くたくたに疲れて 帰路に着く頃には夜も深くなり、

空の黒さと、冷ややかな気候で ようやく季節が

目まぐるしく入れ替わっている事を感じて

気付けば 少し肌寒さすら感じる秋の気候が
訪れていた。

時が凄まじい速さで過ぎ去っていくのを、ただ横目に

捉えて、自身は ただひたすらに、毎日のノルマの中に

身を投じていると 季節の変わり目に すら、

気づく きっかけが無かったりします。

目まぐるしく過ぎ行く時の速さに ついて行けずに
ただただ激務の日々に身を投じていては

身体に疲労を ただひたすら蓄えるばかり。

すると身体はどうなるでしょう?

人は いつまでも若くいられませんし、年々
衰える身体は、全身の疲弊と共に、

足腰関節部位にも徐々に痛みとなって、蓄えられた

ダメージが現れ始めてしまい、

特に、に現れたダメージと言うのは、朝に目が覚めて

起き上がる時や、椅子から立ち上がる時、

そして 歩行時にも響きますし、何よりも一日の疲れを
癒す場である布団の中ですら

腰の痛みのせいで、すんなりと寝むることが

出来ずに、意識が腰に集中してしまい、

散々 身体に負担の掛からない位置を探した後、

ようやく寝つける、という日々を送る事に

なってしまいます。

私自身、慢性的な腰痛を抱えていて、つい最近も

急激に 痛みが爆発したばかりで、

1日の内、1番緊張するのが就寝時間だったりします。

1日へとへとに疲れているのに、寝る時まで

身体にとって 楽な姿勢を探してからで無いと

眠りに就けないのは、非常に大きなストレスに

なってしまいます。

この問題を どう解決するか?と言うと、通常の

敷布団では無く、体圧分散をしてくれるマットレスを

日常に取り入れる、という事なのです。

どういう事かというと、通常の そこそこ

柔らかくて寝心地の良い敷布団だと、

柔らかいが故に、身体が少し沈んでしまいます。

身体が沈んでしまうと、枕に乗っている頭と

足先までに掛けて、重力が掛かる部位に

隔たりが出来てしまい、『頭は上にあるのに

腰は沈んでいる』という状況になり、

この姿勢で7時間、8時間過ごしていると、

沈んでいる箇所、つまり腰に荷重が掛かったまま

睡眠時間を過ごしている、という事になりますので、

朝起きた時に疲れが取れている訳が無いというのも

納得ですね。

ところが、体圧分散マットレスの上で眠ると

どうでしょうか?

睡眠時間が7時間、8時間だとしたら、その間に身体が
沈まない。身体が沈まないから、腰など1点に

負荷が集中しないで全体に等しく体重が分散するので、
朝 目を覚ました時に身体が疲れていないという事です。

散々、寝苦しくて悩んでいた就寝時の腰の痛みも

腰に負担の掛からない1番楽な姿勢を探すまでも無く

沈まないで分断してくれるので、そのまま

眠りに就けるのです。

こういった日常生活を送る上で、ツラい悩みを解決に

導いてくれるアイテムを取り入れて、

少しでも毎日を楽に過ごしましょうね。

【テイジン V-Lap 軽量敷布団 シングル KH05-S】【送料無料・日本製】 体圧分散敷布団 帝人 TEIJIN 軽量 マットレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です