月別アーカイブ: 2019年10月

腰の負担が大きい時はリクライニングソファーで角度を付けて負担を楽にする

腰痛と言うのは ギックリ腰や椎間板ヘルニア、

脊柱管狭窄症やその延長線上の間欠跛行、

他には筋膜性腰痛等々

様々な痛みの発生原因がありますが、

何れの場合も、痛みの発生時に上手く

対処して きちんとした適切な処置を施せば

痛みが強く出る前に 完治に向かわせる事が

出来ると思いますが、

私もそうでしたが、多忙な日々を送っていると

腰部に痛みや違和感を感じていたとしても、

中々 その時点で速やかに整形外科に行く事は

難しいです。

腰痛は身体の重心バランスが崩れる程に痛みが強くなる

当然ながら 処置が遅れる程に、腰の痛みは

日々 積もり積もって悪化して行く一方になります。

腰の筋肉が疲弊して炎症を起こした時に、どう処置を施すか?

腰部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、腰を曲げたり日常で

ほんの少しの動きの際にも起点となる

部分なので、起点に近い腰椎は何かと

大きな負担を受け止めてしまいます。

立ち上がる際にも状態が垂直のまま

立ち上がると言う事は、

余程姿勢を意識していない限り、殆ど無いと

思います。

姿勢を意識せずに 立ち上がろうと思った場合に

少し前かがみ姿勢になり、

それから脚を踏ん張って立ち上がると思いますが、

骨盤、腰椎を起点に考えた場合、

海外の調査によると体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で

100㎏の負荷が掛かっていて、軽くお辞儀をすると

150㎏、着席時に同様に軽く お辞儀をすると、

何と180㎏もの負荷が掛かって居る事が

判明したらしいです。

つまり、椅子から立ち上がろうとした時に

意識して垂直姿勢のまま立ち上がる人で

無い限り、起立時に毎回、大きな負荷が

生じていると言う訳です。

ですので、腰を痛めた場合に 日常で

気を付けるべき事は まず、腰痛サポーターや

杖で起立時、着席時、歩行時に掛かる負担を

減らす事。

それと同時に、腰部を守る備えが出来たら

なるべく早い段階で整形外科を受診し、

自身の現状の腰部の状態を知る事です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

そして、通院時以外には腰痛サポーターや

杖で守る他、姿勢に気を付ける事が

とても重要であると言う事です。

姿勢に気をつける、と言うのは背筋を

張り続ける事に繋がってしまう面もあり、

腰の筋肉である脊柱起立筋が過度に疲弊し

易いと言う側面も あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

脊柱起立筋が疲弊し続けると、腰のダメージを

減らそうと姿勢に気を付けている筈なのに、

寧ろ、疲弊が重なり続けると痛みが強くなって

しまう、と言う事も起こり得ます。

なので、歩行時には背筋を張り、肩よりも頭を

前に出さずに気を付けつつ、

座り姿勢では背筋を張ったり、やや緩めたりなど

緩急をつけると良いと思います。

そうした時に適して居るのが、自由に腰に楽な姿勢を

作れるリクライニングソファーが あると便利です。

脚の角度も腰の負担に影響するので、上半身と下半身の

角度を自由に調節する事が出来るリクライニングソファーは

腰痛の負担を和らげるには、丁度良いアイテムなのです。

腰の負担を減らしリクライニングソファーで楽な姿勢を保つ

腰に過度な負担を掛けない為に日々身体の重心バランスを気にして過ごす

人によって利き腕も異なれば、使う頻度の多い

手足も どちらかに偏りがちです。

利き腕の方が力が強いから、お買い物を

した時には利き腕側で ばかり物を持ってしまう。

ショルダーバッグも、こっち側に掛けた方が

しっくり来る など、どうしても多く使う方、

多く支える方と言うのが、日々生きていく中で

出て来てしまいます。

足腰を痛めている時は、バッグの種類にも悩む

使う頻度が高い腕の方が 筋力が強くなり、

左右で そうなると、

筋肉のバランスが崩れてしまいますね。

人により、労働やスポーツで どちらかの手足を

使う頻度が高ければ、使う機会が少ない方との

筋肉バランスの剥離が激しくなり、それが強く出れば

出るほどに、身体にも痛みや異常となって

反映されてしまいます。

特に、バランスの崩れは上半身からの重力・衝撃を

緩和させつつ、分散する腰から股関節に現れやすくて、

重心のズレや身体の歪みの悪影響を強く受けるのが

腰周りから股関節に掛けてだと、

腰や股関節を激しく痛めてから身体で実感してます。

腰痛時に気を付けるべき身体の重心バランス

頭部から緩やかなS字カーブを描く背骨を伝って

腰から仙骨、股関節を経由して、両足に衝撃や振動を

分散させる事が出来るのも、頭部から股関節まで

あるいは膝、足先までの関節部位が

正常に連動すれば こそです。

その何気なく行っている様な精密な連動性による

各関節ごとのクッション機能も、

何処か1部位でも痛めてしまえば、忽ちの内に

途切れてしまいます。

しかも、連動が途切れてしまうと言う事は、途切れた

部分に衝撃がドッシリと乗ってしまう事を意味します。

私の場合、脚を痛めて関節部位の連動による

クッション機能が途絶えてから、

状態が著しく悪化し始め、

始めは脚だけの痛みだったものが結局、

連動機能が損なわれている為、

1歩1歩の歩行の度に衝撃が強く乗り、

腰や股関節も強く痛みだしました。

腰の痛みが股関節に影響し始めた時の対処法

そうすると、今度は腰や股関節に負担が強く

掛かる様になり、腰椎の変形や椎間板ヘルニアなど

思いも掛けない病状を告げられたりします。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に如何に安静に過ごすか?

足腰への負担を極力避けようと、杖を使い始めたり

するのも、関節サポーターを日常的に装着し、

患部を直接的に保護するのも良いのですが、

最初に書いた様に利き腕側で ばかり

杖を握る様になり、

日常的に杖を握っている側に 当然体重を

多く預けながら歩く様になるので、

重心バランスはどんどん崩れ、腰や股関節の

痛みの悪化に 拍車を掛けてしまいました。

腰痛時に大切なのは姿勢・重心バランスと負荷分散

結局、状態が益々 悪化してから気付く事に

なるのですが、身体のバランス、

筋肉のバランスと言うものを均衡に保ちつつ、

痛み対策を施さなければ、一時しのぎ的に

杖や関節サポーターを使用しても、ただ物に

依存するだけになり、

足腰の機能は益々衰え、本来二足歩行するのに

必要な分の筋肉さえも弱まってしまうと、

痛む患部を支える事も難しくなり、その周りの

筋肉が補おうとし、周りの筋肉に過負荷が掛かり、

疲労が取り切れずに その筋肉から乳酸・老廃物が

排出されずに、そこからも痛みが生じる様に・・・・

と悪循環の連鎖が続いてしまう、という

最悪の事態に陥ってしまうので、

痛める前もそうですが、痛めた後は

特に身体の重心バランスを意識しながら

過ごす様にした方が、足腰への負担を

避ける事が 出来ます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

杖を使う時も 片側だけで使って居るな、と

気づいた時には反対側の手に持ち替えて使ったり、

あるいは、初めから両手に杖を持ち、2本で身体を

支える様にすると、

重心は割りと 身体の中心からズレずに

真っすぐに進むことが出来ます。

それでも怖いのは、1歩1歩足を踏み出す度に

少しづつ、負担は足腰に積み重なり続けている、

と言う事です。

例えば、脊柱管狭窄症と診断された人の場合には、

間欠跛行と呼ばれる歩行途中の足腰への痛みにより

動けなくなる状態を経験したことが ある人も

多いと思いますが、これも歩行の際に

徐々に疲労や痛みが蓄積してしまうからですね。

歩行時に生じてしまうダメージの蓄積を 全くのゼロに

すると言う事は難しいですが、

自身の身体の重心バランスを日常的に意識しながら

日々生活を送る事で、

全く意識していなかった時よりも足腰への負担は

和らぐので、日常の中で意識してみて下さいね。

LEDライト付きの杖で夜間でも安全に歩行出来る

何もせずとも じっとしているだけで 汗が滴るほど

暑かった灼熱の夏も終わり、

涼やかな気候を感じる心地よい秋の風が吹いていたと

思ったら、いつの間にか急激に冷え込み、

肌寒さを感じる晩秋から 冬に掛けての今の時期。

曇り空と雨模様と急激な凍てつき/体調管理が難しい

風と同時に雨も降り時には嵐が吹き荒び、

そういった中で 寒さに身を縮めながらも

ちょっと お買い物に出かけようかな?

と、いうのは非常に危険が伴いますし、

荒天の際は 屋内からは 極力出ずに、

おとなしく空が鎮まるまで待つのが

最善の判断でしょう。

まして、膝や腰が悪くて 痛みを抱えている方ならば

尚更 危険ですので、家で嵐が過ぎ去るのを待ちましょうね。

嵐程では無いにしろ、雨降りの時 片手に杖、もう片手に傘で

夕暮れ時や 微かに見える月明かりに照らされた夜道を歩く時、

向かい側から人が歩いて来たり、あるいは自転車が走って来たり、

自動車・バイクだったり、 道幅が広ければ

さほど問題が無い状況ですが 車1台分しか行き来できない様な
道幅の場合、無理に来られたら、とっさに判断できずに

あわや、接触してしまう。と言う様な状況になった事は
誰しも経験あるのでは 無いでしょうか?

雨で傘差していなくても、無灯火の自転車が

いきなり突っ込んで来たり、

あるいは歩道で自転車に接触しそうになったり、

という状況は 割と多く経験されているのでは

無いでしょうか?

そういった際に、相手の動きが読めれば

予め、片側に避ける事が出来ますが、

そうで無いと、事故に巻き込まれてしまう

恐れがあります。

そういった接触を避ける為に、私は杖に蛍光テープを

巻いたりしてみましたが、

思ったほどは効果が無い様で、度々あわや、という状況に

会ってしまいます。

視覚的に少し離れた位置からも分かりやすく

見えるように 対策をしない事には、

いつまでも こういった危ない状況は続くので、

では、どうするべきか?というのを探していると、

LEDライト付きの杖という物が 今は

販売しているのですね。

しかも、杖ストラップも付いていて、軽量の

折り畳み式。

持ち手は滑らかな握りやすい形状で 使いやすく、

身体を支えてくれます。

時々ありますが、何かの はずみで、杖が手から

外れてしまった際にも、

ストラップ付きならば安心ですね。

腰を痛めて杖を購入する際に最初にチェックしたい3つの点

杖を突く度に 光が点滅するというのが、向かい側から

歩いて来た人に対して、(あるいは自転車など)

非常に分かりやすく視覚的効果が望めますよね。

月明かりに照らされた夜道で 杖を地面に

設地するごとに点滅するのならば、

例え、向かい側から無灯火の自転車が来ても、

狭い道で自動車が来ても、

お互いが どう動くか読みやすいので、危険な状況

というのも、かなり減るのでは無いかと思います。

何しろ脚や腰が悪いと、素早く判断して避ける。

というのが出来ませんので、

現状、身を守る為には 個々で自衛の手段を

探して対策するしか無いのです。

秋冬は夏場に比べて 益々、夜の暗がりが深みを増し、

無灯火の自転車は ほぼ見えないステルス機の様な

存在になってしまいますから、 こちらから相手を

認識出来ないのなら、

相手が はっきり視認出来るように対策をして

身を守りましょうね。

【本日楽天ポイント5倍相当】フランスベッド株式会社 リハテック ライトケイン LC-17F(樹脂のグリップに蝶柄のシャフト) 1本<光る杖 折り畳みタイプ>(商品発送まで6-10日間程度かかります)(この商品は注文後のキャンセルができません)

日常生活の中で腰に負担が蓄積し続けるのを防ぐには

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の

磨り減りなどで関節周りの靭帯などが、

その部位を支えようと過剰に働いて

疲弊する事により 痛みが生じたり、

あるいは、スポーツなどで急激な負担が

掛かったりなど、人によって足腰に

痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば、仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み

(間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,

筋膜性腰痛、坐骨神経痛など)から 足首、足底の

足底筋膜炎まで何処か1箇所が痛めば、

その部位を守ろうと自然と重心がズレ、身体の

痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした 歪 いびつ な重心で数日から数週間も過ごせば、

痛みがマシな方の足腰にまで、過度な負担が生じ、

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

そして、その結果として歩行困難などの不自由な

日常を強いられる様に なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の

何処かに痛みや違和感を感じた段階で

整形外科に行き、問診で何処が どの様に痛むか、

というのを しっかりと伝えて、

その後レントゲンやMRI検査などで自身の

現状を知る事が大切です。

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ

時間だけでは、状態を改善する事は

なかなか難しいので、治療・リハビリ時間よりも

遥かに長い日常生活の中での痛む患部への

痛みを緩和させる関節サポーターを装着したりと、

あるいは家庭用の温熱治療器で患部を直接温めて

血流を促したり、日常生活の中でのケアも

行い易くなります。

腰や足関節を痛めた時の日常で行える対策とアフターケア

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や

膝に超音波を充てたりなどの場合、

せいぜい長くても20分~30分程度で終わって

しまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の

時間の方が遥かに長いので

つまり、治療時間よりも日常生活の中で

足腰への負担を如何に小さく留められるか?

という事に意識を向けるかが重要に なるのです。

一時的な腰痛では無く、慢性的な腰痛に悩まされる

様になると、日常での姿勢や歩き方にも

工夫を凝らさなければ姿勢を保つのも、1歩1歩

脚を踏み出すのにも大きな負担が生じてしまい、

そのダメージが積もり積もると、やがては関節

サポーターと杖を併用しても 歩行困難となり、

車椅子の使用も検討しなければならなくなるので、

そうなる前に日常生活の中で気を付ける事が

出来る点については改善して行きたいですね。

姿勢についても、歩き方についても共通して

言えるのは腰の筋肉である脊柱起立筋を

張りっぱなしにせずに、敢えて意図的に緩める

時間を作ると良い、と言う事ですね。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

脊柱起立筋は お尻から背中の中部辺りまでを

ガッシリと支える大きな筋肉部位で あるのですが、

『姿勢を正す。』『負担を掛けない様に歩く』と

言う事ばかり意識していると、腰の筋肉が

張りっぱなしになり、緊張状態が長く持続した脊柱

起立筋は疲弊し、血管が収縮し、血液の流れが鈍り

内部では乳酸・老廃物が蓄積してヒスタミンが発生し、

炎症を起こして痛みに繋がる。あるいは状態が悪化する。

と言う流れになってしまうので、(必要以上に身体が

倒れてしまわない様に)腰痛サポーターを装着した上で

敢えて背筋を数㎝程度 倒して、脊柱起立筋の緊張状態を

緩める事が大切に なります。

腰の疲弊・痛みで歩くのが辛くなったら腰部の筋肉を緩める

もちろん、腰痛サポーターは常時装着して居ると、圧迫感を

強く案じてしまうので、時々外して腰周りを解放する必要が

ありますが、外した時にはケアとして温熱療法などを施して

血液の流れを促すと良いです。

慢性的な腰の痛み/温熱治療器で血液の流れを促す

温熱療法を行う事で、収縮して細くなった血管が開き、

血流が良くなるので、乳酸・老廃物を排出する働きを

してくれて、少しづつ状態がマシになるので、慢性的な

腰痛時に温熱療法は効果的だと思います。

今の時代、自宅でも簡単に好きな時間に寝ながら温熱療法が

行える時代なので、ネット通販で温熱治療器を1つでも

入手しておくと、いざという時に頼りになります。

電動ベッドがあれば激しい腰痛時にも安心

腰の痛みの原因は 人によって違いますし、

現状、抱えて居る痛みの強さも

人によって全然違うと思います。

人によっては、連日の激務で身体が

疲弊しきって

過労による腰部の血行が滞って痛みが出たり、

人よっては、加齢で髄核が徐々に弱って行き、

水分が減り、弾力が低下したタイミングで

繊維輪に亀裂が入り、中の髄核が飛び出して

椎間板ヘルニアに なったり。

または接触性のスポーツで外部からダメージを

受けて、激しく炎症を起こして腰部が痛んだり、

重い物を持ち上げた弾みで、腰に無理な負担が

生じたり、様々な腰部の痛みの発症の仕方が

ありますから、抱えている痛みも人によって

異なるのも当然ですね。

腰痛サポーターを装着していれば、何となく

日常で不便さは感じない方も居るでしょうし、

その上で、杖を使用しても、まだ腰部に

負担が掛かりすぎて ツラい人も居るでしょう。

私の場合は、日常生活の中で杖2本使い、

出来るだけ重心が一方に偏らない様に

過ごして居るのですが、それでも日々

ダメージは溜まり続けていますし、

一度腰部に痛みを抱えたら、日常の中で

腰部へのダメージを ゼロにする事は

難しいのだと思います。

杖の使い方一つとっても、1本で身体を

支えようとすると、

どうしても真っ直ぐに進むのでは無く、

一旦杖をついた側に 重心が移動してしまいます。

右手に杖を持っていれば右に、

左手に持っていれば左に。

これを常時行っていると、どうしても

片側に負担が偏りすぎる為、

腰に対するダメージが大きな物に

なってしまいます。

ですので、私は杖2本使う事が負担を

和らげる事が出来て、

日常的な対策として、『無難』だと思っています。

しかし、そうして日々、如何にダメージを

和らげるか?と言う対策を考えていても、

毎日少しづつ蓄積してしまい、ある時、

急に腰部の痛みが爆発してしまう事があります。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

すると、どうなるのか?と言うと、

その場から一歩も動けなくなってしまったり、

あるいは、自宅内でその状態になると

椅子上から、もしくはベッド上から

動く事が出来ずに、日常生活に著しく

制限が生じる事に なってしまうのです。

腰の痛みが激しいから、今日は とにかく

寝てしまおう。と、無理して寝てしまうと

寝ている間に、痛みがジワジワと現れて行き、

今の様な2月の深夜の冷え込んでいる時に

布団が はだけ、

足元が冷気に触れる程に 露出してしまっても

腰部の痛みにより、上半身は起こせないですし、

まして、足自体も激しい痛みで動かす事が

出来ずに、冷えっぱなしに なってしまいます。

今日は大雨で肌寒い1日/寒い朝に最も愛おしくなる布団の温もり

手で どうにか掛布団を引っ張って、足に被せ様と

思っても、腰が微妙に捻じれて激痛が走ってしまう為、

結局の所、足元の冷え、寒さに耐え続けるしか

選択肢は 無くなってしまいます。

そうしている内に 朝を迎え、起き上がろうとしても

相変わらず激痛が持続していて、

身体を自力で起こす事は出来ずに、横に向く事も

出来なければ、当然ながら俯せ状態になり、

勢いで起き上がる事も出来ません。

足先は冷えて体調悪化に繋がりますし、腰の痛みを
放置していると、自力で起き上がれ無い日々が

続いてしまうので、こうした時に助かるのが
電動ベッドの存在です。

リモコン操作で腰に負担を掛ける事無く起き上がれるので、
激しい腰痛時には何よりも心強い助けになってくれます。

電動ベッドの上で寝る事で起きた時の腰の負担が楽になる

電動ベッドなどを活用して日常での腰へのダメージを軽減させる/腰痛対策

足腰の痛みを感じ始めてから 直ぐに

整形外科などに行き、

適切な治療が施されなければ、決して

大げさでは無く日々 足腰に溜まるダメージは

強くなってしまいます。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

日常生活を送る上で 立ち上がり時、着座時、

歩行時など、何かと足腰に負担が掛かる動作が

多いからですが、足腰の中でも腰にダメージが

積み重なる事で腰部のみならず、

股関節~脚に掛けての痛みや、痺れも強く現れて

しまう事が あるので、

腰部の痛みには特に慎重に且つ、速やかに対策を

施す事を おすすめします。

腰部の痛みが強く出ると、寝て起きた時に自力で

起き上がる事も出来ませんし、

上体を起こす事が出来ないのですから、日常に

おける、殆どの活動が制限されてしまいます。

家族と同居している時は 助け起こして貰って、

一人暮らしの場合には 電動ベッドの上で寝て、

電動の力で上体を起こすのが、最も腰への負担

少なく 起き上がる事が出来ます。

電動べッドで腰の負担少なく起き上がる

問題はこの後なのですが、『どうにか起き上がれた』

しかし、今までの様に杖を使い、関節サポーターを

装着しても足腰に掛かる負担が大き過ぎる。

と、起き上がった後の日常を想像すると、腰への

ダメージが どう考えても強すぎて、

1歩踏み出すのさえ、怖くなってしまいます。

腰が強烈に痛む時は、足元に無数に配置された

腰に強烈な痛みを引き起こす起爆スイッチを

一歩 脚を踏み出すごとに踏みながら歩く様な物です。

例えば、ギターのワウペダルの様なもので、

踏み方を浅くすれば、

腰に響くダメージも小さく抑える事が出来ます。

つまり大切なのは、ベッドから降りた後に、如何に

足腰に乗る体重を小さく留めるか?

と言う事を考える事が大切なのです。

身体の重心バランスが偏って痛み出す腰痛対策

体重が腰にガッツリと乗ってしまう事で、

その負担が腰に掛かり続けると、

朝起きた時点よりも1日過ごして行く中で痛みが

強くなってしまいます。

足腰を痛めた時にも支えになる簡易設置手すり

そうした痛みを抑える為には、室内用の杖や立ち上がり

補助具や、室内用手すりが 非常に役立つのですが、

基本的に室内用の手すりと言うのは、壁際に

設置されている物なので、

起きた瞬間に立ち上がろうとする時には、不向きだと

思います。

なので、ベッドの傍に置いておける室内用の杖か、

立ち上がり補助具があると、

立ち上がろうとする時に 非常に助かります。

立ち上がり補助具で痛む足腰を支えて負担を軽減する

こうする事で、足元の起爆スイッチを踏み込むのを浅く

抑える事が出来ます。

朝起きた瞬間と言うのは、頭も身体もまだボーッ、と

しているので、油断して、こうした対策をしないと

思わぬ痛みを朝から抱える事に なってしまうので、

起きた瞬間から腰痛対策をする事を意識しましょうね。

電動ベッドで就寝時・起床時の腰への負担を軽減する

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

腰の筋肉が疲弊して炎症を起こした時に、どう処置を施すか?

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

腰に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

激しく腰が痛む時に少しでも楽な寝方を考える

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

電動ベッドで腰を負担から守る

腰などに痛みを感じたら、まずは整形外科を受診する

忙しい毎日の積み重ねで 酷使された身体に

疲労が蓄積され、

やがて、その疲労が足腰などの関節部位に

痛みとなって 現れ始め、仕事は勿論

日常生活に おいても、支障を来してしまう様に

なります。

足腰は約5kgもある頭部からの重さや、

重力・衝撃を緩やかなS字カーブを描く

背骨が受け流し、骨盤・仙骨へと 伝え、

更に 股関節から両脚へと 連動して行き、

分散するのですが、

これも各関節部位が 上手く機能していればこそ。

足腰の 何処か1部でも 痛めてしまうと、

途端に スムーズな連動が妨げられ、

痛む部位で 連動が止まってしまう為、その箇所に

1歩1歩の 歩行の度に、

衝撃がガッツリ乗っかってしまう様に なります。

すると、厄介な事に 始めは小さかった痛みでも

そういった 日々の積み重ねにより、鋭く痛み出し、

やがては その箇所を 庇う歩き方になるので、

重心が偏り、少しづつ 身体のバランスが 崩れて行き、

結局、何とも無かった側の 足腰にまで

痛みが 生じてしまう様になります。

そうなると、日々の歩行も 杖なしでは

難しくなるので、

痛みや違和感を感じた初期の段階で なるべく早く

整形外科やペインクリニックを 受診しましょう。

整形外科やペインクリニックなどの
通院以外にも日々の腰痛対策が大事

足腰を痛めた場合には 腰痛サポーター、股関節

サポーター、膝サポーター、足首サポーターなど

各関節部位ごとに 専用サポーターがあり、

しっかりと 装着する事で、足首の負担、膝の負担、

股関節の負担、腰の負担を 和らげる事が出来ます。

なので、通院に加えて 日常生活の中で、足腰を更なる

衝撃・負担から 守るためには、必要な補助アイテムです。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

腰や膝など関節が 痛む場合は、筋肉疲労による

血液の流れの鈍りからの 炎症である事も あるので、

血流を促す様に、マッサージを行ったり、あるいは

炎症が起こったばかりの時には、

ビニールに氷を入れた 即席の氷嚢を充てて、

炎症による発熱と腫れを 抑える様に しましょう。

そうして、熱や腫れが引いた後は、温熱治療器で

温めたり、湯船に浸かり、身体を ゆっくりと温めて

血流を促しましょう。

血流の鈍りから腰痛になる理由

特に、腰が痛む場合は 腰周りの筋肉である

脊柱起立筋が疲弊から 硬く強張って居たりするので、

温めたり、マッサージで解す事が大切な訳です。

通院と関節サポーターや杖による 日常の

ダメージを軽減させる対策と、

疲弊した患部を直接的に癒す処置を

日常の中で 施す事で少しづつ、

状態を良くして行きましょうね。

少しづつ状態が良くなって来たら、衰えた筋肉を

動かして機能を戻す為にも、ウォーキングをしたり、

ジョギングや軽い重量でのウエイトトレーニング

などを行い、健康な身体を 目指しましょうね。

体圧分散マットレスの上で寝て身体の疲労感を癒す

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の

磨り減りなどで関節周りの靭帯などが、

その部位を支えようと過剰に働いて

疲弊する事により 痛みが生じたり、

あるいは、スポーツなどで急激な負担が

掛かったりなど、人によって足腰に

痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば、仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

足腰に痛みが生じると どう辛いのか?

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み

(間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,

筋膜性腰痛など)から 足首、足底の足底筋膜炎まで

何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと

自然と重心が 身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした 歪 いびつ な重心で数日から数週間も過ごせば、

痛みがマシな方の足腰にまで、過度な負担が生じ

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

腰痛時に気を付けるべき身体の重心バランス

そして、その結果として歩行困難などの不自由な

日常を強いられる様に なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の

何処かに痛みや違和感を感じた段階で整形外科に行き、

問診で何処が どの様に痛むか、というのを

しっかりと伝えて、

その後レントゲンやMRI検査などで自身の

現状を知る事が大切です。

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ

時間だけでは、状態を改善する事は なかなか難しいので、

治療・リハビリ時間よりも遥かに長い日常生活の

中での痛む患部への痛みを緩和させる

関節保護サポーターを装着したりと、あるいは

家庭用の温熱治療器で患部を直接温めて

血流を促したり、日常生活の中でのケアも

行い易くなります。

寝ている間に効果を発揮する8時間タイマー設定可能な温熱治療器

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や

膝に超音波を充てたりなどの場合、

せいぜい長くても20分~30分程度で終わって

しまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の

時間の方が遥かに長いので

つまり、治療時間よりも日常生活の中で

足腰への負担を如何に小さく留められるか?

という事に意識を向けるかが重要に なるのです。

23時間30分の内、就寝時間が8時間あるとしたら、

残るは15時間30分ですが、

身体が沈んでしまう様な柔らかい布団で寝ると

腰への負担が8時間もの間、掛かり続けるので、

その場合、腰部が痛んだり、臀部が痺れたり

身体に負担が掛かって居る時間は

やはり23時間30分と なってしまいます。

この就寝時間を身体を休められる快適な

時間にするには 体圧分散マットレスの上で

寝る事が重要な要素と なります。

[タイカ] 体圧分散式・床ずれ防止マットレス アルファプラL  通気カバータイプ(幅83/91cm 長さ181/195cm) MB-LA3R MB-LA3S MB-LA1R MB-LA1S

体圧分散マットレスは今の時代、様々な

種類があり、どれを選べば良いのか

迷ってしまう程です。

これは購入する側は 非常に悩みに悩んでしまい

結局選べずじまい、何てことも多くあるでしょうが、

これだけ多くの種類が市場に出ている

と言う事は、それだけ腰や身体に疲労感や

痛みを抱えて居て、充分な睡眠が取れておらずに

悩んでいる人が多い事の裏返しでも あります。

腰の痛みの場合は、腰の筋肉である脊柱起立筋が

疲弊しきっている場合が多いので、

しっかりと休められる環境づくりが大事です。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

私も体圧分散マットレスを購入する時には、

いつも迷ってしまうので見極めるポイントを

自分の中で決めて、それに合致したものを

選ぶようにしています。

そのポイントは 通販で買う場合、質感や寝心地と

言うのは、サイト上の写真や マットレスの構造を

見て、想像するしか ありません。

しかし、それだけでは実際に購入してから

『あれ?思ってたのとちょっと違う』と

なってしまう事もあるので、自身がサイトを見て

イメージした物と実際の質感・寝心地に

相違点が生じない物を選択するには、写真と

構造以外で その質感・弾力が視覚的に

分かりやすいマットレスを探す事が大切ですね。

腰の痛みを和らげる為に日々姿勢に気を付ける

腰痛と言うのは ギックリ腰や椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症やその延長線上の間欠跛行

他には筋膜性腰痛等々

様々な痛みの発生原因がありますが、

何れの場合も、痛みの発生時に上手く

対処して きちんとした適切な処置を施せば

痛みが強く出る前に 完治に向かわせる事が

出来ると思いますが、

私もそうでしたが、多忙な日々を送っていると

腰部に痛みや違和感を感じていたとしても、

中々 その時点で速やかに整形外科に行く事は

難しいです。

当然ながら 処置が遅れる程に、腰の痛みは

日々 積もり積もって悪化して行く一方になります。

腰部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、腰を曲げたり日常で

ほんの少しの動きの際にも起点となる

部分なので、起点に近い腰椎は何かと

大きな負担を受け止めてしまいます。

僧帽筋や脊柱起立筋を意識的に鍛えて姿勢を整える

立ち上がる際にも状態が垂直のまま

立ち上がると言う事は、

余程姿勢を意識していない限り、殆ど無いと

思います。

姿勢を意識せずに 立ち上がろうと思った場合に

少し前かがみ姿勢になり、

それから脚を踏ん張って立ち上がると思いますが、

骨盤、腰椎を起点に考えた場合、

海外の調査によると体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で

100㎏の負荷が掛かっていて、軽くお辞儀をすると

150㎏、着席時に同様に軽く お辞儀をすると、

何と180㎏もの負荷が掛かって居る事が

判明したらしいです。

つまり、椅子から立ち上がろうとした時に

意識して垂直姿勢のまま立ち上がる人で

無い限り、起立時に毎回、大きな負荷が

生じていると言う訳です。

ですので、腰を痛めた場合に 日常で

気を付けるべき事は まず、腰痛サポーターや

杖で起立時、着席時、歩行時に掛かる負担を

減らす事。

杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

それと同時に、腰部を守る備えが出来たら

なるべく早い段階で整形外科を受診し、

自身の現状の腰部の状態を知る事です。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

そして、通院時以外には腰痛サポーターや

杖で守る他、姿勢に気を付ける事が

とても重要で あると言う事です。

姿勢に気をつける、と言うのは背筋を

張り続ける事に繋がってしまう面もあり、

腰の筋肉である脊柱起立筋が過度に疲弊し

易いと言う側面も あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

脊柱起立筋が疲弊し続けると、腰のダメージを

減らそうと姿勢に気を付けている筈なのに、

寧ろ、疲弊が重なり続けると痛みが強くなって

しまう、と言う事も起こり得ます。

腰の筋肉の疲弊感から生じる痛みの悪化を防ぐには

なので、歩行時には背筋を張り、肩よりも頭を

前に出さずに気を付けつつ、

座り姿勢では背筋を張ったり、やや緩めたりなど

緩急をつけると良いと思います。

そうした時に適して居るのが、自由に腰に楽な姿勢を

作れるリクライニングソファーが あると便利です。

脚の角度も腰の負担に影響するので、上半身と下半身の

角度を自由に調節する事が出来るリクライニングソファーは

腰痛の負担を和らげるには、丁度良いアイテムなのです。

マッサージチェアやリクライニングソファーで足腰を楽にする