痛めた股関節に対して日常で行えるケア

毎日毎日忙しく過ごして居て 身体に疲労が

蓄積したり、

あるいは加齢により、足腰関節部位の骨と骨との

繋ぎ目にある 軟骨が削れて行き、

身体に掛かる負担を和らげるためのクッション

機能が低下する事により、

立ち上がる時、歩く時などに その都度、過剰な

負担が生じ、それが仕事や日常生活にも

影響を及ぼす様な痛みへと悪化してしまうと、

日常生活に おいて、立ち上がる時、歩く際に

各部位ごとの関節サポーターや、杖の使用が

常時無ければ ままならなくなり、

非常に不便な生活を強いられてしまいます。

特に、私の様に痛みを感じた段階で病院に行く

タイミングを逃し、

歩けなくなるほどの痛みに発展してから、ようやく

通院を始める様では、治療が間に合わずに

日に日に悪化の一途を辿るだけに なってしまうので、

痛みを感じた段階で、早期に整形外科を

受診しましょう。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

足腰の痛みと言うのは、何処か一箇所にでも

ダメージが生じると、

その部位を庇おうと 自然に重心を どちらかに

傾けて、痛む部位からズラしながら

歩行するように なってしまいます。

しかし、その様に重心をズラした状態で

数日~数週間も過ごして居ると、

重心の偏りから身体全体のバランスが崩れ

元々痛めて居なかった側の足腰にまで

影響が出始めてしまいます。

あとは同じ要領で、足腰の範囲内で右→左、

上→下、と痛みが どんどん拡散されて行き、

ひたすら苦痛に耐える毎日になってしまいます。

足腰の痛みの中で、私が厄介な部位だと

感じているのは、腰と股関節です。

腰痛や股関節の痛みでツラい日常で施せる3つの対策

腰は急激に痛むと、横になった姿勢から

脚を数cm動かすのだけでも 大きな痛みが生じ、

自分一人の力で起き上がろうとしても、頭を

数cm持ち上げただけで、

腰に強烈な痛みが走ったりと、寝た切りの

生活を送らざるを得ませんし、

股関節の痛みの場合には、歩行時に必ず股関節は

可動してしまうので、1歩1歩足を踏み出す度に

痛みに歯を喰い縛らなければならなく

なってしまいます。

何よりも股関節の痛みの場合、椅子に座っていても

少しづつ負担が掛かっているのか、

いよいよ痛みに耐えきれなくなって

床に直接腰を下ろして 所謂、女の子座りの

体勢で足腰への負担を極力、

軽減させようと試みても、それでもやはり、

ジワジワと痛んでしまい、心休まる暇が ありません。

そうなった時に、足を真っ直ぐに伸ばしてみるのですが、

その姿勢だと、今度は腰への負担が生じてしまい、

足腰の中でも 腰と股関節を痛めてしまうと

何をしても痛みが生じて、手詰まり感に

頭を悩ませるようになります。

ですので、普段から杖と関節サポーターを

活用して、出来るだけ負担の少ない

日常を過ごす事が大事なのですが、まずは股関節を

直接締めて固定してくれる 股関節サポーターを装着して

身体のバランスの崩れを防ぐ様に日々過ごす事が

重要になります。

痛みを軽減させようと思い、日々過ごして行く中で、

ただ関節サポーターや

杖で負担を和らげているだけでは、緩やかに

ダメージが積もり積もって行くだけです。

ですので、日常の中でプラスαの 対策を

考えなければ なりません。

その対策法とは守るばかりでは無く、攻める、

と言う発想になるのですが、

温熱治療により 痛む患部を直接暖めて、

鈍りがちな血行を促進させて

股関節の代謝を機能的にさせよう

という物です。

この温熱治療器は寝て居る状態で気軽に
熱を感じられる照射タイプなので、

例えば携帯電話をいじりながらでも
痛む患部を温め続ける事が出来るので

非常に便利です。

日常生活の中で 対策を施して

神経を張り詰めさせたままでは

疲れてしまいますから、対策は身体も心も
リラックスさせることが出来る物の方が

効果を感じやすいと思います。

これらのアイテムを日常的に有効に活用する事で

少しづつでも 日常で掛かるダメージを

軽減させて行き、数か月後、数年後の完治に

向けて日々対策を施して行きましょうね。

サン・ビーマー SHタイプ 折りたたみ・据置式・特殊カバー付 【送料無料】【不妊】【妊活】【遠赤外線】【赤外線治療器】【温熱マット】【温熱治療器】【医療機器】【サンビーマー】【サンマット】【サンメディカル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です