腰の痛みを軽減する為に日常で杖を頼りにする

腰の痛みの原因は、働きすぎて腰部に

疲労が蓄積して、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなって

起こる場合や、加齢により、骨と骨の間にある

髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で何か衝撃を受けたり、

ダメージが生じる事で、髄核の中身が飛び出して

神経に触れ、圧迫する事で 激しい痛みが

生じる場合、

あるいは、接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって、外的要因により 腰部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや、肉体労働で重い物を

無理に持ち上げようとした為に、

腰に痛みを抱えたりなど、様々な原因、

痛み出すパターンがありますが、

いずれの場合にも、早急に整形外科に行き、

自身の現在の腰部の状況を知りつつ、

専門医に適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったからと

言って、直ぐに『この箇所がこうなってるから

痛みが生じている』と、痛みの原因を的確に

見極める事は なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから 最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、

一部位だけの痛みでは済まなくなり、

あちこちに痛みが散らばってしまうので、

当然ながら 痛みの大元となっている

部位を特定するのが遅れたら、それだけ

完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事を おすすめします。

今回は 腰を痛めた場合に、病院での治療時間

以外の 日常でも腰に極力、

負担が掛からない方法として、杖を日常的に使用する。

という事に ついて書いて行きますが、

杖を使うという事は、1歩1歩の歩行時に

直接的に腰部に掛かる負担を軽減させる、

という目的で使用するわけですが、

その時に重要になるのが、自身の体型に合った

杖を選ぶ、と言う点です。

以下のポイントを重視して適切な杖を選びましょう。

・杖の長さ

・ストラップの有無

・杖の重さ

・杖ゴムの替えやすさ

その中でも特に大切なのは杖の長さと、
杖ゴムの付け替え易さです。

杖ゴムについて→杖ゴムの磨り減りに
注意する事で腰への負担も和らぐ

私は、毎日杖を使用していますが、室内で

ちょっと起き上がろうとする時には、

寧ろ短めの杖の方が、杖に体重を預け易くて

都合が良いのですが、問題は立ち上がった後です。

自身の腕をぶらり、と下ろした

位置に、杖の持ち手が来るのでは

ちょっと低すぎます。

(腰骨の上部よりも下の、足の付け根の位置では

やや低いです。)

持ち手の位置が低いと どうなるか?

1歩脚を踏み出し、杖を つくにも、必要以上に

前傾姿勢に なったり、

あるいは、杖を握っている手の側に

大きく重心が傾いてしまいます。

なので、重心の偏りを防ぐ為には右手左手に
それぞれ1本づつ杖を持ち、

杖2本使用して歩く事が大切です。

こうして腰への負担を軽減する事を意識しながら
日々過ごして、少しでも痛みを和らげましょうね。

杖を2本使用する事について→杖2本で痛む腰を
支える事で著しい悪化を防げる

輝きステッキ モリト/反射/歩行補助/杖/日本交通安全協会認証品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です