痛む膝関節を負担から守るには杖と膝サポーターの併用が有効

毎日仕事や日常生活の中で、足腰関節に疲労が

溜まり続け、帰宅後にストレッチやマッサージなどの

アフターケアを行ったりしないと、ただ只管に

疲弊感が積もり続け、ぐったりとした何事にも

やる気の起きない日々が続いてしまいます。

その様な状態で、尚も 忙しい日々を継続させて

いると、筋肉の疲労は足腰関節部位の痛みへと転じ、

痛みを感じ始めると、そこからが更に厄介で、

その箇所に体重が乗らない様に、

なるべく重心を片側に移しながら歩く様に

なってしまうので、

今度は庇いながら歩く事で、重心を多く受けている側の

足腰の筋肉、関節が疲弊して強く痛みだしてしまうと言う

悪循環に陥ってしまいます。

一方を庇えば、一方に多く負荷が掛かり、過度に

疲労して痛み出し、そのサイクルを腰、股関節、

膝、足首などに広がりながら繰り返し、

気づけば、あちこち痛みが広がり過ぎて

自力で歩く事が困難な程の状態に

なってしまいます。

足腰で痛めた時に直ぐにでも 対処したいのは、

腰と膝関節だと経験上 思います。

杖を使い、膝関節の負担を和らげる

と言うのも 歩く時、立ち上がる時、座る時

何かと体重を受け止めたり、

筋肉が細かく可動する部位故に、一旦痛み出すと

ダメージの深化の速度が 速い様に感じるからです。

まず、大切なのは整形外科に行き、自身の身体の

状態を専門医に診てもらう事。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

そして、病院での治療に任せっきりにしないで、

自身でも日常生活の中で

ダメージを抑える様に意識して、対策を施す事が

大切です。

自宅で直ぐにでも膝関節を守る事が出来るのは

膝サポーターか、テーピングです。

関節サポーターは各部位にしか用途の幅が

ありませんが、テーピングの場合は

腰に貼ったり、肩に貼ったりと汎用性高く

応用できるので、おすすめです。

しかし、テーピングは筋肉の流れに沿って貼る必要が

あるので、貼る前に少し筋肉の構造について

調べてから貼る事が効果を引き出す為に大切なのが

ネックですね。

貼る際にもテーピングの効果を引き出す為にテープを

ピン、と張りながら皺になら無い様に貼らなければ

ならない為、慣れて居ないと なかなか難しいです。

そうした手間を省こうとすると、やはり各部位ごとの

関節サポーターを揃えるのが手っ取り早いですが、

それに加えて 足腰を負担から守る上で関節周りを支え

だけで無く、脚への負荷を和らげる為に杖を併用する事も

大切になります。

杖を日常的に使用して足腰の負担を軽減する
今の時代、かなり安価な杖もネット通販で探せますから

必要だと思ったら、直ぐに入手する事が出来ますが、

杖を選ぶ時に自身の身長に合っているもので無いと、

逆に足腰への負担になってしまうので注意が必要です。

選ぶ時に重視するべきは身長と腕の長さに適した杖の

サイズですが、両腕をブラン、と下げた手首か

もしくは親指の付け根の膨らみの位置が地面から何㎝の

所に位置するか?をザっと計って、その長さの杖を探すと

自身の身体にとって丁度良い長さになります。

その上で、出来ればリストストラップを別売りで買うよりも

セットで付いて来るものを購入した方が経済的ですから

ネット通販でストラップ付きの杖を探してみると

良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です