腰を楽にするには就寝時の負担軽減が大切/体圧分散マットレス

多忙な日々を 送る事で、身体が疲弊し、

足腰の各関節部位に痛みが生じ、

首の凝り、肩周りの張り、背中や腰の痛みに

悩まされる日々が 始まってしまうと、

朝起床した時に、起き上がるのも 一苦労で

立ち上がり、トイレに行くにも、 1歩1歩の

歩行の度に 腰に響いたり、 何かと 日常生活に

おいて、忍耐を 強いられて しまいます。

背中は 姿勢矯正サポーターで ある程度、

痛みや 衝撃を和らげられますが、

背骨に沿った30cmロングボーン姿勢矯正サポーター

腰の場合は 腰痛サポーターを 装着して、

日々守っていても、

休息時に座って 身体を休めようと思った時、

座り姿勢にも 気を付けて、

腰にダメージが 溜まらない様に

気を張って いなければ なりません。

少しでも 休もうと思っていても、椅子に座る

深さや、背骨の形状を 意識しなければならない為、

余計に 疲れが溜まってしまう場合も あります。

座る度に 身体が休まるどころか、

疲労が 積み重なってしまうと言うのも、

非常に困るのですが、 腰の痛みで 更に

厄介なのは、就寝時にも 負担が掛かり、

1番疲れが取れる筈の 睡眠時間にも 疲れが

溜まり続け、翌朝に 起床した時から、

腰の強い痛みに 耐え続ける1日が 始まって

しまう事です。

腰の痛み、と言うのは 整形外科やペインクリニックに

通院していても、

1日2日で 治る、という物では 無いので、

日常生活に おいて、

如何にダメージを軽減させるか、 という

意識の持ち方と 対策が重要に なります。

激しい腰痛時に日常生活での動きを
出来るだけ少なくするには

基本的に、腰痛サポーターも そうですが、

各部位の関節サポーターと いうのは、

関節部位を 圧迫し続ける為、

常時装着していられる物では無く、

解放する時間も 必要なので、

その際には 別の対策が必要に なります。

腰を始めとするあちこちの関節が疲弊した時には

ストレッチやマッサージなどを施し、

凝り固まった筋肉の緊張状態を和らげる事が

大事です。

家で気軽に行うマッサージ手順

その後に大切なのは、1日の内、3分の1を占める

睡眠時間を如何に快適に過ごし、

身体全体を休ませるか?と言うのが とても大切に

なります。

人により睡眠時間は多少異なりますが、1日の

3分の1、大体8時間だとすれば

8時間もの間 腰に負担が掛かる様な

固めの布団に寝て居ては、いつまでも腰の痛みが

取れないのも仕方の無い事だと思います。

しかし、柔らかすぎても腰が沈んでしまうから、

布団を選ぶと言うのは中々 難しいのですが、

今の時代、体圧分散マットレスがネット通販で探せる

時代ですし、保証期間も しっかりと記載されてるものも

あるので、安心ですね。

腰痛時や身体の疲れが取れない場合には体圧分散マットレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です