腰の表面が痛む筋膜性腰痛は負担の少ない姿勢を探すのが難しくなる

腰の痛みというものは労働による疲労の

蓄積だったり、ちょっと重い物を持った拍子に

突然痛めたり、座り作業を長い時間していて

腰に疲れがジワジワ溜まったりなど。

痛む原因やきっかけは人によって様々ですが、

一度痛めてしまうとあらゆる日常の動作に

支障をきたしてしまう事も多々あります。

歩行時にも腰に負担が乗っかって来るので

腰痛サポーターなどが

手放せ無くなってしまいますし、腰周りの

痛みが悪化すると骨盤や背骨のズレの場合、

神経を圧迫しそれが脚の痺れなどにも

繋がって行く恐れがありますので、

腰に少しでも痛みや違和感を感じたら

速やかに整形外科やペインクリニックなどに

行く事を おすすめします。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

違和感や痛みを感じた時点で恐らく

自然の治癒力を上回る負担が日常生活を

送る中で腰に掛かってしまっているので、

騙し騙し やり過ごそうとするのでは無く

専門医に診てもらうのが その時点での

最善の選択肢だと思います。

とはいえ、常に病院に居る訳にも

いかなくて、実際には入院している方以外は

治療・リハビリしている時間は

せいぜい10数分~30分位でしょうから、

それ以外の日常の時間の方が

遥かに長いわけです。

そうした時に考える事は日常において

如何に腰への負担を減らすか?という点ですね。

杖を使ったり、腰痛サポーター・コルセットを

装着したり、姿勢を意識したり、

腰の状態に左右されますが、もし可能である

場合は軽くストレッチを行って伸ばして

解してみたり。

そして、自身の身体に より合った体圧分散

マットレスや電動ベッドを探してみたり、と。

今の時代、ネット通販で気軽に電動ベッドや体圧分散

マットレスを探す事が出来ますから、

自身の生活に あると便利だな~、と感じたらネット

通販で探してみる事を お勧めします。

腰痛で寝苦しい日々も この体圧分散マットレスで解決
如何に日常生活の中で疲れを溜め無いか、

あるいは腰痛対策を徹底的に行い、

ダメージを極力小さく留めるか?

という意識が とても大事なのですが、それ程

意識的に日々対策を施していても

ダメージを完全に封じきる事は難しいです。

と、言うのも身体は頭部から足先まで それぞれの

重さが異なり、頭部は約5㎏と言われていて

人により胴部や脚の重さは違いますが、身体の

中心と なるのは腰部です。

毎日負荷を受け続けて居る腰部は、骨の変形や、

髄核が飛び出し、神経を圧迫する事で痛む

脊柱管狭窄症の様な症状や、あるいは筋膜の

痛みによる筋膜性腰痛など、日常生活を送る上で

何かと負荷を受けやすい腰の痛みの原因は

様々あります。

骨の変形は、自分自身では どうする事も

出来無いので、医師に委ねるしか ありませんが、

脊柱管狭窄症や その延長線上に位置する間欠

跛行などは、先ほど書いた様に電動ベッドや

体圧分散マットレスなどの上で寝て、腰への負担を

小さくすることが大事です。↓↓

四層構造体圧分散マットレスで腰痛などの寝苦しさを解消する

INTIME1000 スクエアタイプ 3モーター電動ベッド
筋膜性腰痛の場合は なかなか厄介で、姿勢に気を付けても

重心をズラしながら マシな位置を探そうと思っても、

どの角度、姿勢でも痛みが 付いて回ります。

筋膜性腰痛で気を付けたい日常姿勢

なので、この場合も電動ベッドの様に、電動の力で

無理せずに起き上がる事が出来る寝具の上に寝ると、

痛みが強くなって起き上がれ無い、と言う状況に

なった時にも、身体に負担少なく身体を起こす事は

可能になります。↓↓

腰痛対策としての電動ベッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です