腰の痛みを和らげる為に日々姿勢に気を付ける

腰痛と言うのは ギックリ腰や椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症やその延長線上の間欠跛行

他には筋膜性腰痛等々

様々な痛みの発生原因がありますが、

何れの場合も、痛みの発生時に上手く

対処して きちんとした適切な処置を施せば

痛みが強く出る前に 完治に向かわせる事が

出来ると思いますが、

私もそうでしたが、多忙な日々を送っていると

腰部に痛みや違和感を感じていたとしても、

中々 その時点で速やかに整形外科に行く事は

難しいです。

当然ながら 処置が遅れる程に、腰の痛みは

日々 積もり積もって悪化して行く一方になります。

腰部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、腰を曲げたり日常で

ほんの少しの動きの際にも起点となる

部分なので、起点に近い腰椎は何かと

大きな負担を受け止めてしまいます。

僧帽筋や脊柱起立筋を意識的に鍛えて姿勢を整える

立ち上がる際にも状態が垂直のまま

立ち上がると言う事は、

余程姿勢を意識していない限り、殆ど無いと

思います。

姿勢を意識せずに 立ち上がろうと思った場合に

少し前かがみ姿勢になり、

それから脚を踏ん張って立ち上がると思いますが、

骨盤、腰椎を起点に考えた場合、

海外の調査によると体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で

100㎏の負荷が掛かっていて、軽くお辞儀をすると

150㎏、着席時に同様に軽く お辞儀をすると、

何と180㎏もの負荷が掛かって居る事が

判明したらしいです。

つまり、椅子から立ち上がろうとした時に

意識して垂直姿勢のまま立ち上がる人で

無い限り、起立時に毎回、大きな負荷が

生じていると言う訳です。

ですので、腰を痛めた場合に 日常で

気を付けるべき事は まず、腰痛サポーターや

杖で起立時、着席時、歩行時に掛かる負担を

減らす事。

杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

それと同時に、腰部を守る備えが出来たら

なるべく早い段階で整形外科を受診し、

自身の現状の腰部の状態を知る事です。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

そして、通院時以外には腰痛サポーターや

杖で守る他、姿勢に気を付ける事が

とても重要で あると言う事です。

姿勢に気をつける、と言うのは背筋を

張り続ける事に繋がってしまう面もあり、

腰の筋肉である脊柱起立筋が過度に疲弊し

易いと言う側面も あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

脊柱起立筋が疲弊し続けると、腰のダメージを

減らそうと姿勢に気を付けている筈なのに、

寧ろ、疲弊が重なり続けると痛みが強くなって

しまう、と言う事も起こり得ます。

腰の筋肉の疲弊感から生じる痛みの悪化を防ぐには

なので、歩行時には背筋を張り、肩よりも頭を

前に出さずに気を付けつつ、

座り姿勢では背筋を張ったり、やや緩めたりなど

緩急をつけると良いと思います。

そうした時に適して居るのが、自由に腰に楽な姿勢を

作れるリクライニングソファーが あると便利です。

脚の角度も腰の負担に影響するので、上半身と下半身の

角度を自由に調節する事が出来るリクライニングソファーは

腰痛の負担を和らげるには、丁度良いアイテムなのです。

マッサージチェアやリクライニングソファーで足腰を楽にする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です