日々生じる負担から膝関節を守る膝サポーター

朝から晩まで日々忙しく働いていると

自身でも気付かない内に、

あるいは 途中で気付いては居るけれど

やるべき事を 優先してしまい、

自身の事は後回しに している内に、

身体全体に 疲労感が ドッ、と押し寄せて

その疲労感から来る身体の重さ、怠さ、

倦怠感に包まれてしまうと

何事に対しても意欲が削がれ、それでも尚、

生活の為に!と無理をし続ければ

足腰など関節部位に痛みが生じ始めて

しまいます。

足腰が痛む時は1日の終わりに身体を癒す意識が大事

身体全体の重苦しさと言う 身体からの

警告サインを『これ以上は危険だ』と

分かっていながら、忙しい仕事を日々

乗り越える事を 優先してしまうと

当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、

自身のキャパを超えた時に

突如として、無理をしていれば している程、

痛みが強く 爆発してしまいます。

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも

時間を見つけてマッサージするなり、

ストレッチするなりしていれば、多少は筋肉が

解れたり、血液の流れが促されたりするのですが、

忙しい日々に追われている内は 自身の身体の

ケアは後回しに してしまいがちです。

家で気軽に行うマッサージ手順

足腰と言うのは、約5kgもある頭部からの重みを

緩やかなS字カーブを描く 背骨が柔らかく受け流し、

骨盤・仙骨へと伝え 、それを両脚に分散して行く事で

日々 負荷やダメージを感じる事無く

スムーズに歩行が行えている訳なのですが、ところが、

足腰を痛めてしまうと

この滑らかな 関節の連動は 痛めた箇所で妨げられ、

1歩1歩の歩行の度に

腰や脚に負荷が乗ってしまう様になるので、

益々、日常で感じる痛みが 強くなってしまうのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この時に痛めやすいのは、腰の筋肉である

脊柱起立筋、そして、腰よりも低い位置にある

股関節や膝関節、足首などですが、

腰は立ち上がる、座る、歩く、それぞれの動作時に

必ず、脊柱起立筋が可動して収縮・弛緩が行われるので、

日常の中で特に、影響を受けやすい部位である、

と思います。

腰に疲弊感が溜まっている時は脊柱起立筋を
意識的に緩める

また、膝関節に関しても同様で、歩行時に膝が

小さい可動で、曲げと伸びを 繰り返すからこそ、

膝関節のクッション機能が活きる訳ですが、やはり

膝の痛みが出始めてしまうと、

関節の連動が妨げられ、ガッツリと体重が乗ってしまい、

痛みが集中してしまいます。

こうした時に、膝関節を守るために膝サポーターや

杖などを使い、歩行時の衝撃を和らげるのが

日常生活で行える対処としては、最も直接的な

痛み軽減方法だと思いますが、

この時に気を付けたいのは、杖や関節サポーターに

頼りすぎるあまり、

依存してしまい 筋力がどんどん低下してしまう事です。

痛いから仕方が無いのですが、補助アイテムに頼る

ばかりでは見る見る内に筋肉量が減り、

同時に 筋力も低下してしまいます。

体重を支える役割を果たす 脚の筋肉が衰える、

と言う事は体重を支える役割を

他の部分が担う事になるので、(例えば、重心を

大きくズラして腰に負担が掛かる様にしたり)

その他の部位が大きなダメージを被る事に

なってしまいます。

それは避けたいので、家などの移動距離が

狭い範囲内であれば 日頃から出来るだけ、

杖のみで身体を支えたりして補助アイテムに

頼らず、脚の筋肉を動かしたいものです。

脚が衰えると、身体のあちこちに影響が出てしまうので、

ある程度の脚の筋力は保つように 工夫しましょう。

理学療法士設計サポーター ひざ用ショート ISHS-M ISHS-L ISHS-XL Mサイズ Lサイズ XLサイズ送料無料 ひざ 関節 サポーター フルオープン ひざサポーター ヒザ 膝 サポート ウォーキング 膝サポーター ひざさぽーたー ひざ用 ヒザ用 ひざよう 膝用 アイリスオーヤマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です