日常で足腰の負担を軽減するなら手摺と電動ベッドが有効

過酷な労働、様々な用事などで忙しなく

動き続ける日々を送る中で、

充分な休息が取れて居ないと身体に疲労が

積もりに積もり、身体全体の怠さ、

重苦しさが現れ始めます。

この段階で筋肉の疲労により 内部で乳酸

老廃物の排出が滞り、

腰や脚など日々体重を受けて疲弊しやすい

筋肉に痛みが生じ始めます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

痛みが出始めた部位は それまでの『通常の

重心バランス』では歩けなくなってしまう為、

右に痛みが出たら左に、左に痛みが出たら

右に重心を傾けながら歩く様になり、

数日間~数週間 そのどちらかに偏った

バランスのまま 過ごしている内に

元々痛めて居た部位だけでは無く、重心を

多めに傾けていた側にも

過度な負担が掛かり続けている為、筋肉の疲労、

あるいは身体全体の重心バランスの崩れから

あちこちに痛みが広がってしまう様に なります。
身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

腰や脚の痛みと言うのは、常に体重により

負荷が掛かってしまうので、

痛みや違和感を感じたら、まずは速やかに

整形外科に行き、自身の現在の状態を

知る事が大切です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

足腰の痛みと言うのは、先ほど書いた様に

毎日体重を支えて負荷を受け止め続けているので、

週1~2回通院して居るだけでは 恐らく、病院での

治療よりも通院と通院の合間の日常で受ける

ダメージの方が上回ると思います。

なので、ただ通院を重ねるだけでなく、

日常生活に おいても関節サポーターや

杖を日常的に使用して、室内では手すりを使用して

歩むなどの対策を施す事で

日々の ダメージを多少和らげられ、病院での治療の

成果も出やすいと思います。

ここからが本題なのですが、そうして日々痛みを

和らげようと様々な対策を施してみても、

少しづつ少しづつ、日々 ダメージは足腰に

蓄積して行きます。

色々な対策を施しても『これで完璧』と言うのは

恐らく感じる事は出来無いと思います。

1歩1歩足を踏み出す以上、腰や脚に体重が

どうしても乗ってしまうので、

毎日ジワジワと、ダメージが溜まり続けて

しまいます。

また、歩くのみならず、座り姿勢自体が負担に

なる事も あります。

リクライニングソファーで足腰が痛い時も楽な姿勢を保つ

つまり、日常生活に おいて、意識するべきは腰や

骨盤の角度です。

反りすぎても腰に負担が掛かりますし、骨盤や

肩の位置よりも首・頭が前に出ている姿勢(猫背)が

長引くと、それを支える腰に負担の割合が非常に

大きな物と なってしまいます。

今の時代、骨盤に とって楽な角度を保つ為の

専用クッションという物が ありますし、

座り姿勢が辛い時には、体圧分散マットレスや

電動ベッドの上で横になって安静に過ごす、

と言う方法も 腰に負担少なく過ごすには

良い方法です。

なので、自身の状態を冷静に見てみて、最も

負担を軽減出来そうだな。と思う物を

日常生活に取り入れて腰を守って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です