日常的に生じる負担で足腰を痛めてしまった場合には温熱治療器で患部を温める

忙しい毎日の積み重ねで 酷使された身体に

疲労が蓄積され、

やがて、その疲労が足腰などの関節部位に

痛みとなって 現れ始め、仕事は勿論

日常生活に おいても、支障を来してしまう様に

なります。

足腰は約5kgもある頭部からの重さや、

重力・衝撃を緩やかなS字カーブを描く

背骨が受け流し、骨盤・仙骨へと 伝え、

更に 股関節から両脚へと 連動して行き、

分散するのですが、

これも各関節部位が 上手く機能していればこそ。

足腰の 何処か1部でも 痛めてしまうと、

途端に スムーズな連動が妨げられ、

痛む部位で 連動が止まってしまう為、その箇所に

1歩1歩の 歩行の度に、

衝撃がガッツリ乗っかってしまう様に なります。

すると、厄介な事に 始めは小さかった痛みでも

そういった 日々の積み重ねにより、鋭く痛み出し、

やがては その箇所を 庇う歩き方になるので、

重心が偏り、少しづつ 身体のバランスが 崩れて行き、

結局、何とも無かった側の 足腰にまで

痛みが 生じてしまう様になります。

そうなると、日々の歩行も 杖なしでは

難しくなるので、

痛みや違和感を感じた初期の段階で なるべく早く

整形外科やペインクリニックを 受診しましょう。

足腰の痛み/良いペインクリニックを選ぶことが
早期の完治に繋がる

足腰を痛めた場合には 腰痛サポーター、股関節

サポーター、膝サポーター、足首サポーターなど

各関節部位ごとに 専用サポーターがあり、

しっかりと 装着する事で、足首の負担、膝の負担、

股関節の負担、腰の負担を 和らげる事が出来ます。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

なので、通院に加えて 日常生活の中で、足腰を更なる

衝撃・負担から 守るためには、必要な補助アイテムです。

腰や膝など関節が 痛む場合は、筋肉疲労による

血液の流れの鈍りからの 炎症である事も あるので、

血流を促す様に、マッサージを行ったり、あるいは

炎症が起こったばかりの時には、

ビニールに氷を入れた 即席の氷嚢を充てて、

炎症による発熱と腫れを 抑える様に しましょう。

そうして、熱や腫れが引いた後は、温熱治療器で

温めたり、湯船に浸かり、身体を ゆっくりと温めて

血流を促しましょう。

特に、腰が痛む場合は 腰周りの筋肉である

脊柱起立筋が疲弊から 硬く強張って居たりするので、

温めたり、マッサージで解す事が大切な訳です。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

通院と関節サポーターや杖による 日常の

ダメージを軽減させる対策と、

疲弊した患部を直接的に癒す処置を

日常の中で 施す事で少しづつ、

状態を良くして行きましょうね。

少しづつ状態が良くなって来たら、衰えた筋肉を

動かして機能を戻す為にも、ウォーキングをしたり、

ジョギングや軽い重量でのウエイトトレーニング

などを行い、健康な身体を 目指しましょうね。

低負荷高回数トレーニングもたまに取り入れて
違う刺激を与える

ジョギングやウォーキングで有酸素運動を行う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です