マッサージ器を使って足腰の疲弊感を癒して痛みを和らげる

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

身体や関節部位に疲労感と共に、関節への

ダメ―ジが 徐々に蓄積して行き、

それが積もり積もって やがて強い痛みへと

転化する、というのは 良くないパターンなので、

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

日々の関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

そういった疲弊した身体を癒す ひと工夫を

施してから就寝する事で、

毎日 朝方に 目を覚ます度に、身体から疲労感が

抜けているのが実感できるかと 思います。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

速やかに 整形外科やペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

通院するタイミングを逃す程に、足腰の痛みと

言うのは、日々の疲弊感から

ダメージが強くなって行くので、痛みが強く

なり過ぎてしまうと、通院する事も難しく

なってしまいます。

なので、毎日の生活の中で疲れたり、傷んだ足腰を

マッサージやストレッチなどのアフターケアで

筋肉を解し、血液の流れを正常に戻そうとする事が

大事なのですが、

足腰が痛むと、その部位に 負担が極力掛からない様に

日々過ごす様になるので、

筋肉が衰える事で、脂肪が蓄積し始めてしまいます。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

脂肪が付きやすい部位は 特に意識してトレーニングする

脂肪が増え、肥満が進行すると、当然ながら

体重も増加するので、

益々、足腰への 負担が増幅してしまいます。

身体が過度に疲れる・やがて身体が痛む・筋肉が

衰える、脂肪が蓄積する・体重が増えて負担、

痛み増加という悪循環を繰り返す様に

なってしまうので、

これを根本から解決する為には、身体が疲れ

始めたら、軽い重量でのウエイトトレーニングや

ジョギングなどで汗を流して、リフレッシュするか、

整体や鍼灸など通ってみるのも 良いと思います。

特に、日々の生活の中で 負担が掛かり易いのは、

腰部の脊柱起立筋や肩周りの僧帽筋、

そして意外と太もも裏のハムストリングスなどが

疲弊し易いので、そこを中心に解しましょう。

ジョギングやウォーキングで有酸素運動を行う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です