通気性良好な体圧分散マットレスで快適に寝て腰の負担を軽減する

腰が痛いと座るのもツライ、寝るのもツラくて

落ち着かない、立ち上がるのも大変です。

骨の変形や、髄核が飛び出す事による神経圧迫、

そして痛む腰を庇いながら 歩むことによる、

身体の重心の偏りから身体の重心バランスが

崩れ、過度な筋肉の疲弊が生じて しまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

腰の痛みにも、有名な『椎間板ヘルニア』の他、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛など

症状が悪化すると、日常生活にも支障を来し、

歩行困難や、布団から自力で起き上がれ無くなる

などの多大な影響を及ぼすほどの痛みが

生じてしまいます。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

自力で置き上がれ無い程の激しい腰痛時は
電動ベッドで起き上がる

そうした中で、布団の寝心地と言うものが

疲弊して居たり、痛む身体にとって 何よりもの

リラックスできる空間であり、安らぎを得る為に

重要になります。

敷布団が合う、合わないで 身体への負担が

大違いというのは 聞いた事が有り、

身体に合った快適な敷布団や、マットレスがあって、

安心して眠れるのならば 手に入れて試してみたい。

けれど、自分に合う布団を探すのって大変で、

どれを 選べば良いのか、結局迷ってしまいますよね。

堅すぎても柔らかすぎても、骨の構造に対して

自然な状態を保てないから、身体に過度な負担が

掛かってしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

大切なポイントは、寝ている時に 接地している

箇所に ばかり、負担が掛からない物を 選ぶ事です。

つまり、柔らかい布団に魅力を感じて、

柔らかさにのみ 焦点を当て、柔らかさを基準に

敷布団を探すと、辿り着くのは 身体が沈むほど

ふかふか柔らかい布団です。

大切なポイントは、寝ている時に 接地している

箇所に ばかり、負担が掛からない物を 選ぶ事です。

つまり、柔らかい布団に魅力を感じて、

柔らかさにのみ 焦点を当て、柔らかさを基準に

敷布団を探すと、辿り着くのは 身体が沈むほど

ふかふか柔らかい布団です。

柔らかさ。それは一見、極楽の極みの様に

感じますが、短い間ならば普段とは異なる感覚で

快適さを感じる事が出来るかと思いますが、実は
身体が沈むほど 柔らかすぎると、背骨と腰も

沈んでしまい、本来、緩やかなS字カーブを
描いている背骨が、

頭から足まで1直線の線を引いたとすると、

緩やかな『くの字』を描いている姿勢が、

寝ている間中 続いてしまうので、背骨にとって、

自然では無い形の 寝姿勢が長引けば、

その負担は徐々に 身体に反映されてしまいます。

反対に、堅めの布団だと どうなるか?

背中、お尻、足と 敷布団に接地している箇所が、

弾力性が乏しい物だと、体圧が掛かりすぎてしまい、

背骨や腰の骨に負荷が掛かり、それを支えようと

筋肉が就寝中、緊張状態を 強いられてしまいます。

ウエイトトレーニングなど筋力トレーニングでは

意図的に 筋肉の緊張状態を強いて、

反復運動を行う事により、筋肉を強く太くしますが、

それは あくまで、短い時間の中で

計画的に、そういった状況を 作っているのであって、

全く意図していないのに、長時間の緊張状態が続くと、

筋肉は 無駄に疲弊し、休んで回復する筈の所、

休む間も無く、ストレスを受け続けたら炎症を起こし、

結果的に 身体の痛みに繋がってしまいます。

トレーニングの日数と組み合わせ

この様に、堅すぎても柔らかすぎても、

身体の構造に 自然では無い為、

最初は良くても、長い目で見れば、身体の疲れが

取れない原因は布団に あった。

なんて言う事に なるかも知れません。

ですので、寝た時に 骨の構造が

自然な形を保てているか?

そして、寝ている姿勢で 接地している

箇所にばかり 負担が掛かっていないか?

この点を重視して、布団を探すと、体圧分散
マットレスというワードに行き着くかと

思いますが、もう一点、布団の重要な要素が
あるとしたら それは通気性ですね。

布団はどうしても寝ている時に掻いた汗を吸って
しまう物ですから、起きた後にビショビショに

なっている。という経験は誰でも あるかと思います。

朝起きて そのまま放置していては、その日の晩に
その状態で寝る事に なってしまいますから

外に干したり、陰干しをする必要が あります。

この時に、日干しをしようとすると、どうしても
天候の影響を受けてしまいますが、

通気性を考えて加工されている通気性良好な体圧分散
マットレスの場合は、室内で陽に当てない『陰干し』で

充分 就寝時の水分を取り除く事が出来るので、湿ったままの
布団で眠る必要は ありません。

これは毎日快適に眠る上で とても重要なポイントですね。

西川 AiR エアー SI ハード ベッドマットレス 【Sサイズ シングル ブルー HARD 】快眠 熟睡 寝具 プレミアムモデル 東京西川 西川産業 体圧分散 マットレス 寝不足 腰痛 対策 ベットマットレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です