日々の負担で痛んでしまう膝関節は、どの様にケアするべきか?

足腰の痛みは仕事やスポーツ、そして

日常の何気ない、ふとした時に現れますが、

その症状の原因も痛みの強さも 人によって様々です。

例えば、重いものを常日頃から持ったりする

職業の場合には、腰部に疲労が蓄積して、

回復しないままに日々忙しく働いて、気付けば

『筋膜性腰痛』と診断される状態に

なってしまうでしょうし、他に腰に痛みが生じて仕方が

無い場合、レントゲンやMRI撮影をした結果として、

何らかの異状が見られれば椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、

その延長線上で間欠跛行という診断が されるでしょうし、

また、膝関節の場合も同様で、痛みを感じて

整形外科に行き、問診からレントゲン撮影などの

一連の流れを経て、骨に異常が認められれば

変形性膝関節症と診断されるでしょうし、

もし、原因が走っている時に急激な方向転換を

した時や、日々の蓄積で痛みが生じ始めた時は

腸脛靭帯炎などと診断されると思います。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に
如何に安静に過ごすか?

筋膜性腰痛などで痛む腰の負担を和らげる

膝関節の外側に位置する靭帯で かなりの

スピードで走っている時に、急に方向転換を

した時に、腸脛靭帯に激しく負荷が掛かり、

あっという間に痛めてしまう場合も あれば、

毎日ジョギングを欠かさずに行っていて

アフターケアが充分で無く、疲労が上手く取れて

居ないまま、毎日繰り返した結果として

痛めてしまったり、あるいは方向転換の例の様に、

頻繁にジャンプをする必要があるスポーツの場合、

跳んで着地する都度、過度な負担が掛かってしまうので、

痛めやすい靭帯でも ありますね。

腰や足関節を痛めた時の日常で
行える対策とアフターケア

何れの場合も、痛み初めに応急処置として、

まずは冷やして、腫れや発熱が引いた その後、

筋肉の強張りや血行の鈍りを正常な状態に

戻すために 温める事が大切です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

痛み始めた関節部位の いわゆる『急性期』の

処置として冷やすのは 冷凍庫から氷を出して

スーパーのビニールに入れたのを 痛む患部に

充てるのですが、これは専用の氷嚢を使った方が

水分がポタポタ滴ったりせずに済みますが、

ビニールでも患部から熱を取り除く、

という効果は充分に発揮できるのでビニールでも

問題ありません。

冷やすのは3日程で熱と腫れが引くので、

続いては温めて鈍くなっていた血流を

促す必要があります。

血流が滞っていると、血液が酸素を運ぶ働きも

鈍くなり、そして老廃物や乳酸の排出機能も

満足に働かない為、状態が どんどん悪く

なってしまう為です。

ですので、『冷やして熱や腫れが引いた後は

温める。』という流れが非常に大事なのです。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

膝を温める場合には、例えば お湯に浸けた

タオルの水分を しっかり切った物を

患部に充てて温める方法が専用の器具など無い時に

お手軽に行える方法ですが、お湯に浸けたタオルを

絞る時は 熱すぎる場合は火傷に注意したり、

タオルは熱が冷めてしまうのが早い為、

小まめに変える手間が あります。

専用の温め器具(温熱治療器)があれば、

その手間を省けて 好きな時間温め続ける事が

出来るのですが、温熱治療器が手元に無い場合は、

やはり お湯に浸けたタオルが

最も お手軽な手段だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です