腰の強い負担を日常の中で和らげるには、このアイテム

腰痛の原因は骨の変形や、線維輪を

突き破り、飛び出した髄核が

神経圧迫する事で痛んだり、脊柱管が

狭まる事で神経根を圧迫して痛んだり、

あるいは、接触性のスポーツで他者と激しく

ぶつかった事で 急激に痛みが生じたり、など

痛みの原因は様々あるのですが、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛などによる痛みで無い場合には

筋肉の疲労による炎症から来る痛みかも知れません。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に如何に安静に過ごすか?

日々忙しく働いていると、どうしても ゆっくりと

身体を休める時間が取れなくて、

疲労の回復も きちんと出来て居ないままに

また新たな忙しい1日の中に身を投じる事に

なります。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

そうした生活を繰り返していると、当然ながら

身体全体を疲弊感が覆い尽くし、

重苦しさや怠さが身体の内部を蝕んでいきます。

重苦しく怠い日々が続くと、

意欲も萎んで行き、身も心も重いまま、これまでと

同様の忙しさを こなさなければ なりません。

そうした状態で、相も変わらず 多忙な毎日を

送っていると、疲れも益々溜まり易くなり、

身体の疲弊感は やがて足腰関節部位の痛みへと

転じてしまいます。

暑さと冷えを繰り返す日々の中で筋肉の
強張りが持続すると足腰の痛みに繋がる

関節が痛み出したら、いよいよ これまでと

同様に、と言う訳には行かなくなります。

足腰の痛みと言うのは 仕事は おろか、

日常生活にも多大な影響を

与えてしまうからです。

足腰が痛みだすと、それまでは何の意識もせずに

当たり前のように 歩けていた 日々が

幻かの様に、室内でトイレに行く程度、

キッチンからテーブルに歩く程度の

ほんの数歩の歩みすらも思う様には

行かなくなってしまいます。

足腰が痛み始めて車椅子を使用する事を
決意した時の事/初めての車椅子

足腰と言うのは、歩く際にも立ち上がる際にも

座る際にも、日々何らかの負担が生じていますし、

それどころか、何もせずに 只、立っているだけでも

腰の筋肉(脊柱起立筋)が しっかりと機能してしまい、

腰への疲労度が積み重なってしまいます。

腰の怪我を防ぐには脊柱起立筋を無理の
無い範囲内で鍛える

立っているだけでも、意識せずとも脊柱起立筋が

自動的に上体を支えてしまい、

そして疲弊して、その疲弊から また腰の痛みが

増してしまう、

という悪循環を繰り返して しまいます。

なので、脊柱起立筋が疲弊感を感じた時は

意識的に緩めるという事が大事になるのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

立って居ても、歩いて居ても、下にある物を

拾おうとした時にも脊柱起立筋は可動しますから、

意識的に緩めると言うのは中々大変です。

脊柱起立筋は背筋を張る姿勢を保つ事で強く姿勢を

支える事が出来ますが、意図的に浅く腰を曲げて

脊柱起立筋の張りを緩めれば、多少ですが、疲弊した

腰部を解放する事が出来ます。

慢性的な腰痛を改善する為には筋肉を緩めて
負担を抜く事

しかし、気を付けなければならないのは、浅く前傾

気味の姿勢を長く保ってしまうと、腰椎に過度な負荷が

掛かってしまうので、疲弊が強まったら軽く前傾

姿勢になり、腰を解放する、と言う様に

強弱を付けるのが腰を負担から守るのに適して

居ると思います。

勿論、前傾になりすぎて 腰を緩めすぎてしまうと

一気に腰の状態を悪化させてしまう恐れがあるので

腰痛サポーターを常時着用して、腰の角度を ある程度

一定の角度以内に保つ、と言うのが安全です。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です