腰の筋肉を簡単に伸ばして痛みを楽にするアイテム

脚や腰が痛いと、寝起きにトイレに行く事も、

座る事も、立ち上がる事も、歩行も ツラいし、

何かと大変です。

整形外科に定期的に通院しても、一朝一夕に

治るものでは 無いですし、

日常的なケアが とても大切になります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

日常生活の中で杖を支えに歩く上で神経を

使う所と言えば、平坦な道は もちろん、

階段・段差の 上り下りや坂道・歩道の傾斜、

抉れたアスファルト、

脚のバランスが安定しない砂利道、あるいは

杖ゴムが 少しでも削れていた場合、

スーパーに お買い物に行った時に ツルツルの

コンクリートの床で 杖の支えが効かない時、

等と言う状況ですね。

自宅周辺の路面環境が足腰のダメージに影響する/歩行・車椅子

何かと 足腰に負担が掛かる場面が多いですが、

こういった 負担や衝撃を緩和・軽減する手段として、

杖・腰痛サポーター・股関節サポーター・膝サポーター・

足首サポーターなどがあり、

これらを組み合わせて 有効に使えば、何もない

状態で 歩くよりも大きく負担を 減らす事が出来ます。

腰痛サポーターを装着する事の効果と依存のデメリッ

しかしながら、これらの補助アイテムに頼りすぎて

いわゆる依存の状態になってしまうのは、

元々の腰や脚を支える為の筋肉の著しい低下を招いて

しまったりして、寧ろ足腰の状態を悪化させてしまう事に

繋がるので、整形外科やペインクリニック等のリハビリ

内容に少しづつ身体を動かす方法が含まれているのです。

整形外科やペインクリニックなどの通院以外にも日々の腰痛対策が大事

筋肉が著しく衰えてしまうと、体重を支える為の

筋力が充分で無くなり、一方で支え切れない分を

もう一方が余計に支える様になり、過度な負担を

強いられてしまい、それが膝、腰、股関節と

あちこちに散らばってしまうと、いよいよ杖を

使っても関節サポーターを各部位に装着しても、

歩行自体が難しくなってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

なので、日頃から外出する時は杖などに頼らざるを得ない

と思いますが、家に居る時は体調を冷静に観察して、

足腰の痛みが少し小さめな時はストレッチをしてみたり、

あるいは無理の無い範囲内で室内を壁を支えにしながら

歩いてみたりして、少しでも足腰の筋肉を意識的に

動かす事が大事です。

腰から脚に掛けてストレッチ効果を感じるには

しかしながら、足腰の疲弊具合や痛みが強い時には

壁を支えに歩く事も、ストレッチを行う事も

難しいので、『今日は痛みが強いな』と自覚出来る時は

兎に角 安静に過ごしましょう。

そして、足腰の痛みは一定では無く、多少の波が

ありますから、マシな時に少しづつ

動く様に しましょう。

ただ、動けそうな時でも外出から帰って来てから

動こうとしたり、ストレッチを行おうとするのは

中々 億劫ですし、面倒くさくて後回しにしてしまう

事も あると思うので、そうした時でも気軽に

ストレッチが行える様に、腰から脚に掛けて伸ばす
簡易的な器具があると、多少面倒くさくても

腰のストレッチが行えるので おすすめです。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の
強張りを解す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です