腰を負担から守る為に電動のアイテムを活用する

忙しい毎日を過ごしていると、どうしても身体全体に

疲れが溜り、やがてそれが身体の重さや怠さに繋がり

日常を過ごす事への倦怠感・脱力感が生じてしまいます。

それでも無理して重い身体に鞭打って生活の為に!と

踏ん張って労働や用事をこなして行くと、

疲労感はやがて足腰関節部位に強く現れる様になります。

足腰というのは日々疲労を溜めこんでいるので

休みなく日常を過ごしているとある時から突然

身体にガタが来てしまうのです。

日常で腰痛対策をするなら血流と炎症に
特に気を付ける

足腰を痛めてしまうと1歩1歩の歩行の度に痛みを

感じる様になってしまう為、

痛みや違和感を感じた段階で 少しでも早く整形外科や

ペインクリニックなどに 通院する事が

その時点での最善の選択だと思います。

足腰の痛み/良いペインクリニックを
選ぶことが早期の完治に繋がる

勿論、通院しても日常での対策を考えて日々

足腰関節部位を 専用サポーターを装着して

守って行く事が大切になります。

足腰を守るのは専用関節サポーター以外にも

杖を日常的に 使用したり、家の中ではマッサージ器や

遠赤外線治療器などで患部を直接癒す事も効果的です。

家で気軽に行うマッサージ手順

しかしながら、日々足腰を守っていても完全に

防ぎきれる物では無い為、歩行の度に少しづつ

ダメージが蓄積して行きそれがある時突然

爆発してしまう事もあるのです。

歩行時の負担は膝や股関節、腰に溜りやすいのですが、

特に腰に 蓄積していたダメージが爆発した時は

日常における殆んどの 動作が制限されてしまいます。

・朝に目が覚めても上体を起こせない

・身体を起こせないからトイレにも行けない

・起き上がれないからご飯を食べる事も出来ない

・布団がはだけて寒くても元の位置に戻す事も難しい

・トイレに行けてもズボンの上げ下ろしが大変

・1歩1歩の歩行時に強い負荷が掛かる

と、ザッと挙げただけでもこういった不便な点があります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

そうした強烈な痛みを腰に抱えてしまった場合に1人で

どうやって 身体を起こしてトイレに行ったり、

ご飯を食べたりなどの日常を 過ごせる様になるのかと言うと、

ある程度の角度まで上半身を 起こす事が出来れば、

そこからは寝そべっている姿勢から上半身を

起こそうとするよりも 遥かに負担が少ないので、

どうにか起き上がる事が出来る筈です。

起き上がりさえすれば杖や手すりを使って室内ならば

ゆっくりと 進めると思うので、まずは如何に起き上がるのか?

という事ですが 起き上がるには電動ベッドを日常に

取り入れて活用する事で リモコン1つで電動の力で

無理なく起き上がる事が出来ます。

腰痛が激しくなる兆候を感じる/電動ベッドを
取り入れるタイミング

しかもこの電動ベッドはマットレスも付いていますし、

期間限定ではありますがサイドレール手すりも

付いて来るので ベッドから落ちる心配もありませんし

布団などもズレ落ちる心配もありません。

この様に日常を大きく支えてくれる補助アイテムを

生活に取り入れて少しでも負担の少ない毎日を

過ごしましょうね。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です