寒さで足腰の痛みが増してしまうのを防ぐには・・・・

多忙な日々を送る事で身体が疲弊し、足腰の各関節

部位に痛みが生じ、首の凝り・肩周りの張り、

背中や腰の痛みに悩まされる日々が始まってしまうと、

朝起床した時に 起き上がるのも 一苦労で立ち上がり、

トイレに行くにも 1歩1歩の歩行の度に腰に響いたり、

何かと日常生活に おいて、忍耐を 強いられて

しまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

背中は姿勢矯正サポーターで ある程度 痛みや衝撃を

和らげられますが、腰の場合は腰痛サポーターを

装着して日々守っていても、休息時に座って身体を

休めようと思った時、座り姿勢にも気を付けて

腰にダメージが 溜まらない様に気を張って いなければ

なりません。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

少しでも 休もうと思っていても、椅子に座る深さや背骨の

形状を 意識しなければならない為、余計に 疲れが溜まって

しまう場合も あります。

座る度に身体が休まるどころか、疲労が積み重なってしまう

と言うのも 非常に困るのですが、 腰の痛みで更に厄介なのは

就寝時にも 負担が掛かり、1番疲れが取れる筈の睡眠時間にも

疲れが溜まり続け、翌朝に 起床した時から、腰の強い痛みに

耐え続ける1日が 始まってしまう事です。

腰が痛む時に行う対策/腰が痛む時に行えない事

腰の痛み、と言うのは 整形外科やペインクリニックに通院して

いても、1日2日で 治る、と言う物では無いので日常生活に

おいて、如何にダメージを軽減させるか、 と言う意識の持ち方と

対策が重要に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で
日常で意識する事

基本的に、腰痛サポーターも そうですが、部位の関節サポーターと

言うのは関節部位を圧迫し続ける為、

常時装着していられる物では無く、解放する時間も必要なので、

その際には 別の対策が必要に なります。

腰を始めとするあちこちの関節が疲弊した時にはストレッチや

マッサージなどを施し、凝り固まった筋肉の緊張状態を

和らげる事が大事です。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

特に今は12月を回って本格的に凍てついた空気が 辺りを包んで

いるので、余計に足腰の痛み強くなってしまい易くなるので、

筋肉を解す時に、温熱療法を取り入れる。と言う方法も効果を

感じやすいです。

何しろ身体が冷えてしまうと、普段どれだけ足腰の関節痛対策を

施して居ても一旦 身体が冷え切ってしまうと日々の対策も

帳消しになってしまう程の痛みが足腰関節に現れます。

痛みが強くなるのは勿論ですが、寒い時の足腰の感覚と言うのは

通常時の痛みとは異なり、患部の温度が無くなる様な感覚に陥り、

変わりに氷を詰めた様な感じに なってしまいます。

こうなると、普段とは異なる感覚で少々慌ててしまうので、

慌てると不安も強くなってしまい、落ち着かなくなって

しまうので、温熱治療器でジワジワと温めて血液の循環を

促す事で足腰の状態を少しでもマシに しましょう。

腰痛を和らげる為に温熱治療器が無い場合、
気軽に行える方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です