腰痛対策として幅広タイプの腰痛サポーターを装着する

日々忙しく働いていると、碌に身体を

休める暇も無く、

日に日に身体に疲労が蓄積して行きます。

私の場合、そうして足首の痛みや足底筋膜炎を

発症し、それでも無理して労働し続けていたら

痛みは いつの間にか足先に留まらず、膝関節や

股関節、腰まで範囲を広げていました。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

そこまでの状態になる程、痛みの度合いが

悪化してしまうと、

仕事は おろか、日常生活にも大きく支障を

来してしまうので、

出来れば 足腰の何処か1分でも痛みや

違和感を感じた時点で

整形外科やペインクリニックに通院する事が痛みを

抱えてしまった時点での

最善の選択に なるかと思います。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

しかしながら、痛みの状態によっては

歩くのもツラくて、病院まで行けない、

と言う場合も あります。

私自身、腰の痛みが急激に強くなった時には

病院に行くどころか、

布団から身体を起こす事も出来ない時が

何度も ありましたし、

そんな状態にまで悪化してしまうと、1歩1歩の

歩行時に生じる痛みは

歯を喰いしばっても耐えられる物ではありません。

足腰の痛みの様々な原因と日常で気軽に行える
2つの対処法

ですので、そういった時に歩行時の衝撃を

和らげてくれるアイテムや関節サポーターについて

何を使用すれば日々の痛みを より和らげて

くれるだろう?この箇所には これが良いかな~?

という事を 自身の身体で試してみて、結局は

各部位ごとの専用サポーターと杖との併用が

足腰の痛みを和らげてくれるのに有効、という

考えに行き着きました。

杖を日常的に使用して足腰の負担を軽減する

その中でも、それぞれのアイテムの使い方が

あるので、綴って行きたいと思います。

左足が強烈に痛い場合には、腰痛サポーターと

左足用の股関節サポーターを装着し、

それに加えて膝サポーターや足首サポーター等も

装着したい所ですが、

腰が痛い場合には、靴下を履くのも大変な

負担を強いられますし、

当然ながら足首サポーターを装着するのも

容易では ありません。

腰が激しく痛んでズボン、靴下も履けない時には・・・・

同様に膝サポーターも椅子に座りながら、

装着しようとしても、

かなりの前傾姿勢になるので、同じくツラい

体勢に なってしまうので、

どうにか腰への負担を大きくする事無く

装着できるのが

腰痛サポーターと股関節サポーターという訳です。

股関節サポーターを装着するのと同様に
大切なアフターケア

こちらの股関節サポーターの場合は、

左右兼用で どちらの痛みにも対応できるので

家に1つ2つ あると、いざと言う時に

対処できて便利ですよ。

そして、腰を衝撃から守るのは やはり、

上でも書いている様に、腰痛サポーターが重要ですね。

結構がっしりと装着していても、ちょっとした

重心の動かし方で

腰に強烈な痛みが生じてしまいますが、

少なくとも 何も装着しないで歩く事は

剥き出しの傷口を外に晒しながら歩くのと同じで、

(それほど腰部の痛みは敏感になっています)

痛みが益々強くなると思いますので、専用の

腰痛サポーターを装着して

少しでも『マシ』な状態にして歩行しましょう。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

腰痛サポーターで私が重視するポイントは

幅広で ある事です。

幅広で ある事で、腰全体を保護出来ますし、

幅広タイプの場合、背中に当てる部分のボーンが

しっかりと備え付けられている事が多い為、

幅広を選択します。

ボーンと言うのは、腰をしっかりと支えてくれる上で

腰痛サポーターとしての役割を

しっかりと果たしてくれる為には 不可欠な存在です。

こちらは、そのボーンがしっかりと備え付けられ、その上で

2重ベルトでガッシリと固定するので腰痛サポーターとしての

機能は ばっちりですね。

その様に日々対策をして少しでも腰の痛みを和らげましょうね。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です