膝や腰が痛む時の対処法としてサポーターと杖を併用する

身体を休める暇も無いほど、多忙な日々を

送っていると、いつの間にか足腰に痛みが生じ、

ようやく1日を終えて 帰宅しても、自由な時間は

1時間2時間位しか無く、

お風呂や食事、少し一息ついたら 翌日に備えて就寝。

そして、目を覚ましたら また忙しい1日が始まり・・

『忙しいから仕方ない。』

と、身体のメンテナンスを 後回しに

してしまっては、関節部位に痛みや疲労が

重なり続ける ばかりです。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

しかも、足腰の関節部位の痛みで 怖いのは、

その箇所だけに 留まらない、と言う点なのです。

どういう事なのかと言うと、身体の構造上

頭部から加わる 重さ、重力・衝撃を緩やかな

S字カーブを描く背骨が受け流し、緩和させ

骨盤・仙骨に伝えて行き、

それを股関節~両脚へと 分散させて行くことで

歩行の度に生じる筈の 身体への負担を

躱しているのですが、

脚や腰の 何処か1部を痛めてしまうと、

この本来 備わっているスムーズな関節の連動が

妨げられ、痛めている関節部位で

つっかえる事で、其処に痛みが乗っかってしまい、

関節のクッション機能が 働かずに、1歩1歩

歩く度に、益々 強い痛みへと 変化して行きます。

その様な状態になったら、痛む箇所を 庇 かば いながら

歩かざるを得なくなり、

そうした日々を過ごしていると、今度は痛む箇所を

庇 かば う事で身体の重心バランスが偏り、

バランスが崩れて行き、庇って居る側の方に

負荷が掛かり、そちら側にも痛みが

生じ始めてしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

こうなってしまうと、あちこちに痛みが

拡散し出してしまうので、

時間を見つけて 整形外科やペインクリニックなどに

早めに通院する事を おすすめします。

とは言え、整形外科での治療時間は 長くても

20分~30分で、通院出来ても週に1回、2回程が

限界だと思います。

腰や脚の痛みを感じて整形外科を
受診した時の一連の流れ

ですので、大事なのは 治療時間以外の

日常に おいて、如何に関節へのダメージを

軽減させるか、が重要になります。

【しっかりと膝周りを覆い、日々の負担を
軽減するなら こちら↓↓】

その際に、非常に役立つ関節サポーターが

腰痛サポーターや股関節サポーター、膝サポーター、

足首サポーターなどの各部位関節保護サポーター

なのですが、

これらを装着しても、まだ歩行時に関節が痛む、

という方は 杖を使用して両脚とは別に、

3点目の 地面との接地点を 増やす事で

歩行時のツラい衝撃も 大分 だいぶ 和らげる事が

出来るので、おすすめです。

膝関節と云うのは、膝が曲がったり伸びたりする事で

歩行時の衝撃を緩和するクッションの様な役目を

担って居ますが、膝関節が どうしようも無く痛む時は

この当たり前に備わっている機能を膝サポーターを

ガッシリと装着する事を思い切ってやってみるのも

効果的な方法の一つです。

かと言って両膝ともガチガチに固めてしまうと非常に

ぎこちないロボットの様な動きに なってしまう

でしょうから、より痛む片側だけガッシリと固定

する様に装着して、もう一方の膝は軽く装着して

支える程度に留めると、歩行に支障を来さない

範囲内で歩く事が出来ます。

但し、片側の膝の動きを ほぼ塞ぐ訳ですから、杖の

支えは絶対的に必要になります。

それも1本では無く、杖2本を使い、身体の重心

バランスが どちらか一方に偏る事無く意識しながら

歩む事が大切です。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

杖も膝サポーターも今の時代 ネット通販で気軽に

探せるので、自身の身体に合ったものを

探してみて下さいね。(杖ならば身長や脚・腕の長さ、

膝サポーターならば肌が荒れない材質)

【安定性の高い杖で足腰を支え、負担を軽減するなら こちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です