腰を痛めた時に重宝するアイテム電動ベッドの負担軽減効果

足腰を痛めた時に日常生活に おいて、

ツラい点は何かと言うと、

歩行時の1歩1歩の歩みの度に 腰・股関節・膝・

足首関節などに痛みが走り、ひたすら苦痛に

耐え続けなければ ならない点と、疲れてイスに

腰掛けようとした時に、膝や腰に強い負担が掛かる点、

そして、立ち上がろうと思った時に、再び膝や腰に

強い負担が掛かると言う点。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この様に、歩く・座る・立ち上がると言うのは

日常生活を送る上で 何度も頻繁に

繰り返す動作なので、足腰用の関節サポーターや

杖などで日常的に痛み・衝撃を和らげようとする

意識が大切です。

【安定感のある多点杖で身体を支えるなら こちら↓↓】

しかしながら、この『歩く・座る・立ち上がる』という

3つの動作以外にも 激しく苦痛を伴う動作が有ります。

それが 朝に目を覚ました時に『布団から身体を

起こす』という動作です。

腰の痛みが強く出た場合には、1度横に なって

しまうと、もう二度と起き上がれないのでは無いか?

と言う位、身体を起こそうとした時に非常に

強い痛みに襲われます。

自力で起き上がれ無い程の激しい腰痛時は
電動ベッドで起き上がる

そうした時に、敷布団を地面に直接敷いている

場合には、身体を起こす際に

何処にも支え等が無い為、ベッドに比べて

上体を起こすのが より困難に なります。

しかし、ベッド上に寝ているならば、脚だけ

どうにか腕で少しづつ ベッド外に

持って行きさえすれば、脚の重みにより

身体を起こし易い体勢に持って行けますし、

何よりも ベッドの場合には、手すりという

支えが あるので、起き上がる際に

手すりが大きな助けに なります。

腰が痛い時に自宅にあったら便利な支えアイテム3点

手すりが あるか無いかで、だいぶ起き上がり

易さに違いが出て来るのですが、

電動なので、リモコン操作で完全に身体を起こす

ところまで持って行けるので、

寝返りが激しくて落ちてしまう、と言う心配が無い

場合には、さほど手すりの有無は気に しなくても

良いかも知れません。

とは言え、寝返りが激しく無いと思っている場合でも

べッドから転落してしまう、と言う危険性は

誰にでも あるので、手すりが あるに越した事は

無いですが。

電動ベッドは今の時代、実際に お店に見に行か無くても

ネット通販で簡単に自分の身体に合ったものを探せるので、

お店に見に行く時間が取れない、と言う人の場合でも、

ネット通販で5分も探せば、自分に合いそうなアイテムを

幾つかに絞るところまで行けるかと思います。

そうして絞ったら、最終的には安全性や耐久力などを

重視して選ぶのが良いと思いますが、

あと選ぶの上で大切な点と言えば部屋のスペース上の

問題ですね。

サイズを見た上で取り入れると、日々起き上がるのが

楽になると思います。

【リモコン操作1つで腰に負担を掛けずに身体を起こせる
電動ベッドを活用するなら こちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です