股関節の痛みが強い時は安定感抜群の多点杖に頼り、負担を軽減する

日々の疲弊の蓄積から痛み出す足腰・股関節

足腰の痛みは過労の結果や突発的な衝撃を受けて痛み出したり、
あるいは加齢による軟骨の磨り減りにより、その周辺の筋肉が

補助的に支える役割を果たし 過度な筋肉疲労で痛みが生じたり、
骨の変形などで痛んだり、そして何らかの要因で神経を圧迫して

居る場合に激しい痛みが現れます。

足腰の場合は、何処が痛んでも 日常生活に影響を及ぼす可能性が
あり、例え 痛みが軽めだからと言って、処置を後回しに

してしまうと、日を追うごとにダメージが蓄積されて やがて
歩行困難と言う状態にまで悪化してしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

腰、股関節、膝、足首と痛んでは困る部位で日々体重を支えたり、
歩行時の衝撃を受け止めているので、疲労が蓄積したり、

痛んだりするのを どんなに避けようと思っても、なかなか
難しいです。

そうした中で体重を支えるだけでなく、上体の動きにも左右される
腰椎は最も負担が掛かり易い部位で ありますが、腰と同じ位

疲弊しやすいのが股関節で あります。

股関節の痛みは抑えるのが難しい

股関節の場合、その他の関節部位と異なり関節サポーターで締めて
固定して、動きを制限する、と言うのは完全には行えないので、

どうしても歩行の都度、脚を1歩1歩踏み出す度に股関節が大きく
動き、痛みを伴います。

ネット通販などで入手して、股関節サポーターを装着すれば
ある程度の衝撃や負担から守る事が出来ますが、どうしても

歩数が増えると痛みが強くなり、苦痛に耐え続けなければなりません。

こうして股関節が痛むと、元々痛む部位を庇って歩いて居たところ、
益々身体の重心バランスが崩れて痛みが日に日に増加して行って

しまうのです。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

『痛む部位を庇って歩く』と言うのは、全く意識せずとも脚を踏み出し
地面に触れる毎に痛みが走ると自然に行ってしまう重心移動なので

防ぎようが無いですし、腰から股関節に掛けての部位が人体を 一直線と
捉えた時に中心の辺りにある部位である為、負担が大きく掛かって

しまうのは、例え股関節サポーターを装着しても歩行時に生じる負担を
ゼロにする事は難しいです。

なので、歩行に拘るのならば杖2本は必須だと私は思いました。

【杖を支えに歩く事で日常生活の中で生じる足腰・股関節への
ダメージを緩和できる/杖を2本使う事で更に体重を分散できる↓↓】

杖2本使用する、と言うのは身体の重心バランスを崩してしまうのを
防ぐ意味合いが大きいです。

両手で杖を持つ事で、左右均等に重心バランスを保てて、どちらかに
傾きながら歩くのを防げます。

ここまでは腰と股関節を守る上で重要なポイントなのですが、股関節に
絞って対策を練ると杖2本使用しても、まだ充分では無いと感じると

思います。

と言うのも、どれだけ重心バランスを保てたとしても、結局 股関節は
脚を踏み出す度に稼働し、痛みを感じる事に なってしまうのです。

私が股関節の痛みに苦しんでいた頃に考えた対策は杖2本に加えて
もう1つのアイデアを組み合わせる事でした。

もう1つのアイデアと言うのは、杖2本だからこそ行える重心を中心に
保ちつつ、歩幅を狭める、と言う股関節痛対策です。

 

杖2本だからこそ重心を崩さずに保ちながら歩める

 

前足を踏み出した時に、重心が一定に なる様に後ろ足は前足よりも

前に踏み出そうとする所を股関節の可動範囲を敢えて狭めて、

前足と並行の位置に なる位までしか踏み出さない様に するのです。

足腰の痛み対策に2本杖、そして足腰の疲れを取る安らぎアイテム

こうすると当然、歩行スピードは格段に落ちますが、股関節の痛みを
軽減する事を第一に考えたら当時の私は こうせざるを得ませんでした。

結局、私の場合は脚から腰に掛けて悪かったので、こうした対策を
施しても結果的に車椅子生活に なりましたが、股関節の痛みを

軽減する目的は その対策法で果たせたように思います。

ただ、私の様に脚も腰も痛めている場合には、やはり歩幅を狭めて
歩く事で、移動時間が大幅に長くなり、その分 身体を支え続ける

腰の筋肉(脊柱起立筋)が過度に疲弊してしまう事に なるので
あまり お勧めは出来ませんが、股関節の どうしようも無い程の

痛みに悩まされている時には有効な対策だと思います。

【安定感抜群の多点杖で日々の歩行を支える/足腰・股関節の
痛みが強くて歩け無い時は杖を頼りに負担を緩和する↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です