日々の疲弊感から生じる腰の痛みを緩和するには?

日々の疲弊感から身体全体が重苦しくなってしまう

 

朝から晩まで日々忙しく働いていると自身でも気付かない内に
あるいは途中で気付いては居るけれど、やるべき事を

優先してしまい、自身の事は後回しにしている内に身体全体に
疲労感が ドッ、と押し寄せて その疲労感から来る身体の重さ・

怠さ・倦怠感に包まれてしまうと、何事に対しても意欲が削がれ、
それでも尚 生活の為に!と無理を し続ければ足腰など関節部位に

痛みが生じ始めてしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

身体全体の重苦しさと言う 身体からの警告サインを『これ以上は
危険だ』と分かっていながら、忙しい仕事を日々乗り越える事を

優先してしまうと当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、
自身のキャパを超えた時に突如として、無理をして居ればしている程

痛みが強く爆発してしまいます。

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも時間を見つけてマッサージ
するなり ストレッチするなりしていれば、多少は筋肉が解れたり、

血液の流れが促されたりするのですが、忙しい日々に追われている内は
自身の身体のケアは後回しに してしまいがちです。

【ペタッと貼り付けるだけのマッサージパッドが あれば時間が無い
毎日の中でも気軽に疲れを癒せる↓↓】

足腰と言うのは、約5kgも ある頭部からの重みを緩やかなS字カーブを
描く 背骨が柔らかく受け流し、骨盤・仙骨へと伝え、それを両脚に

分散して行く事で日々 負荷やダメージを感じる事無く スムーズに
歩行が行えている訳なのですが、ところが足腰を痛めてしまうと

この滑らかな関節の連動は痛めた箇所で妨げられ、1歩1歩の歩行の度に
腰や脚に負荷が乗ってしまう様に なるので、益々 日常で感じる痛みが

強くなってしまうのです。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に対策を施す事が大事

 

脊柱起立筋は日々負担を受け止めている為、ダメージが現れやすい

この時に痛めやすいのは、腰の筋肉である脊柱起立筋、そして腰よりも
低い位置に ある股関節や膝関節、足首などですが、腰は立ち上がる・

座る・歩く、それぞれの動作時に必ず脊柱起立筋が可動して収縮・弛緩が
行われるので、日常の中で特に影響を受けやすい部位です。

腰の筋肉が過度に疲弊してしまうと、足腰全体に全体に大きな影響を
及ぼしますが、そうした流れで腰と同じくらい日々の疲弊や

ダメージによる影響を受けやすいのが膝関節です。

膝を痛めた時には直ぐに整形外科やペインクリニックを受診したいですが
程度にも よりますが、早い段階で受診したからと言って

直ぐに感知すると言う訳でも無いので、通院しつつ、日常の中で足腰を
守る対策を施さなければ なりません。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?日常でどう過ごすか?

杖を使ったり、関節サポーターを使うのが最も手っ取り早く、且つ簡単に
行える足腰へのダメージ軽減法ですが、しかし、どんなに それらの

補助アイテムを活用したとしても日常に おける少しづつのダメージの
蓄積と言う物は防ぎきれません。

 

日々のダメージの蓄積は防ぎきれないからケアが大事

 

結局、腰から下は身体の中心部分から下に位置する訳で、1歩

1歩の歩行時などによる負担は常に乗っかり続けてしまうので

大事なのは、杖などの支えで多少なりとも軽減した足腰への

ダメージを更にアフターケアを施す事で小さくして行こう。

と言う意識です。

歩行する以上は必ず負担が掛かる。と言う当たり前の認識の上では
そのダメージを如何に和らげるか?と言う事を考えて日常的に

ケアを施す。と言うのが大切な訳ですね。

ケアはストレッチやマッサージ、温熱療法など 家の中で隙間時間に
比較的簡単に行えるものや、病院へ行き、鍼などの治療をして

貰いに行くのも良いですね。

【マットタイプの温熱治療器が自宅に あれば寝転がって
のんびりリラックスした体勢のまま腰周りや身体を温められる↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です