慢性的に腰が痛む場合は腰の筋肉を意識的に緩める事が大事

様々な要因から腰を痛めてしまうと

日常が大変不便になる

 

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の磨り減りなどで関節周りの
靭帯などが、その部位を支えようと過剰に働いて疲弊する事により

痛みが生じたり、あるいはスポーツなどで急激な負担が掛かったり等、
人によって足腰に痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば仕事や日常生活に おいて、大きな不便さを
強いられる事は共通しています。

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み(間欠跛行・椎間板
ヘルニア・脊柱管狭窄症・筋膜性腰痛・坐骨神経痛など)から足首、

足裏の足底筋膜炎まで何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと
自然と重心がズレ、身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした歪(いびつ)な重心で数日から数週間も過ごせば、痛みが
マシな方の足腰にまで過度な負担が生じ、そちらにも痛みが

広がって行ってしまいます。

筋膜性腰痛や坐骨神経痛の負担をリクライニングソファーで楽にする

そして、その結果として歩行困難などの不自由な日常を強いられる様に

なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の何処かに痛みや違和感を
感じた段階で整形外科に行き、問診で何処が どの様に痛むか、

と言うのを しっかりと伝えて、その後レントゲンやMRI検査などで
自身の現状を知る事が大切です。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ時間だけでは状態を
改善する事は なかなか難しいので、治療・リハビリ時間よりも

遥かに長い日常生活の中での痛む患部への痛みを緩和させる
関節サポーターを装着したりと、あるいは家庭用の温熱治療器で

患部を直接温めて血流を促したり、日常生活の中でのケアも行い易く
なります。

日常の多くの時間負担が掛かり続けて

しまうからこそケアを施す事が大事

 

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や膝に超音波を充てたりなどの
場合、せいぜい長くても20分~30分程度で終わってしまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の時間の方が遥かに長いので つまり、
治療時間よりも日常生活の中で足腰への負担を如何に小さく留められるか?

と、言う事に意識を向けるかが重要に なるのです。

整形外科への通院と同じくらい大切な日常での足腰のケア

一時的な腰痛では無く、慢性的な腰痛に悩まされる様になると、日常での
姿勢や歩き方にも工夫を凝らさなければ姿勢を保つのも、1歩1歩

脚を踏み出すのにも大きな負担が生じてしまい、そのダメージが積もり
積もると、やがては関節サポーターと杖を併用しても歩行困難となり、

車椅子の使用も検討しなければならなくなるので、そうなる前に日常生活の
中で気を付ける事が出来る点に ついては改善して行きたいですね。

車椅子を日常で使い始めた時に戸惑った点

 

【ノーパンクタイヤの大きめサイズの自走式車椅子で毎日の
移動時に生じる足腰への負担を軽減する↓↓】

姿勢についても、歩き方に ついても共通して言えるのは腰の筋肉で ある
脊柱起立筋を張りっぱなしにせずに、敢えて意図的に緩める時間を

作ると良い、と言う事ですね。

脊柱起立筋は お尻から背中の中部辺りまでをガッシリと支える大きな筋肉
部位で あるのですが、『姿勢を正す。』『負担を掛けない様に歩く』と

言う事ばかり意識していると、腰の筋肉が張りっぱなしになり、緊張状態が
長く持続した脊柱起立筋は疲弊し、血管が収縮し、血液の流れが鈍り

内部では乳酸・老廃物が蓄積してヒスタミンが発生し、炎症を起こして
痛みに繋がる。あるいは状態が悪化する。と言う流れになってしまうので、

(必要以上に身体が倒れてしまわない様に)腰痛サポーターを装着した上で

敢えて背筋を数㎝程度 倒して、脊柱起立筋の緊張状態を緩める事が大切に
なります。

腰に疲弊感・痛みが強く

現れたら腰を緩める

 

もちろん、腰痛サポーターは常時装着して居ると、圧迫感を強く案じてし
まうので、時々外して腰周りを解放する必要が ありますが、外した時には

ケアとして温熱療法などを施して血液の流れを促すと良いです。

温熱療法を行う事で、収縮して細くなった血管が開き、血流が良くなるので
乳酸・老廃物を排出する働きを してくれて、少しづつ状態がマシに なるので、

慢性的な腰痛時に温熱療法は効果的だと思います。

今の時代、自宅でも簡単に好きな時間に寝ながら温熱療法が行える時代なので、
ネット通販で温熱治療器を1つでも入手しておくと、いざと言う時に頼りに

なります。

 

【帯全体が温め効果を発しているから、腰周りがジンワリ温かい/
自宅でリラックスしながら温めるなら こちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です