腰の痛みが強い時の対策としてのメッシュ生地腰痛サポーター

腰の痛みは日常に大きな

影響を及ぼしてしまう

 

腰の痛みから朝の起床時に起き上がるのがツラく、起きた瞬間から
苦痛を強いられ、ようやく身体を起こして立ちあがっても、

今度は歩行時に踏み出す1歩1歩の痛みに忍耐しなければ なりません。

身体の中間に位置する骨盤・腰周りと言うのは上半身から来る重力を
受け止め、緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨へと伝え、それを股関節から両脚へとスムーズに連動させて
行く事で、1歩1歩の歩みで身体の各関節部位が痛まない構造に

なっていて、また脚からの衝撃も 足首、膝、股関節、仙骨・骨盤、
背骨へと各関節が柔らかく受け流す事により、日々の生活が

なんら支障なく 送れているのです。

が、しかし この関節の連動をスムーズに行う筈の各関節部位の何処かが
痛み出すと途端に連動は遮断され、関節のスプリング、クッションが

効かなくなり、衝撃がガッツリと乗ってしまったりします。

そう言う状態に なってしまうと、非常に厄介で その箇所を庇おうと日々
過ごしていると、少しづつ身体の重心バランスが傾いて崩れてしまい、

今度は庇う事で その分、負担が掛かっていた部位まで痛めてしまう事に
なります。
 
足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?
 

重心バランスの崩れが更なる痛みを招く

 
身体の重心バランスと言うのは、非常に大切で1箇所痛めたからと言って、
そこばかりに 注意が行きすぎると いつの間にか、あちこちにバランスの

崩れから生じる痛みが散ってしまいます。

ですので、この様な事態を避ける為に大切なのは痛みや違和感が生じ始めた
最初の段階で整形外科やペインクリニックなどへ通院する事が その時点での

最善の選択だと思います。

しかし、人によって痛みの強さは違う為、直ぐには治らない場合も あるかと
思います。
 
足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が大事/逆に言えば・・
 
その場合は、日常生活において、如何に負担を減らすか、と言う事に頭を
切り替えるのが大事で、その対策を考えると浮かぶのが関節サポーターの

存在ですね。

脚が痛い場合は、股関節ベルトや膝サポーター、足首サポーター等がありますし、
更に 歩行時の衝撃を和らげようと思えば杖を使うと言うのも1つの手です。

腰の場合は、腰保護サポーターを装着するのが最善の選択ですが、腰痛サポーター
にも様々な種類があり、結局どれが最も効果的なのか、分からなかったり

しますよね。

 

腰痛時に選びたい腰痛サポーターの

種類とは?

 
細くて腰骨の痛む箇所だけを ピンポイントで守る様なタイプ、もしくは反対に
幅広タイプで腰周り全体を覆う様なタイプ、2重ベルト、クロスベルトなどで

固定力を強めたタイプのベルト、メッシュ生地タイプで暑い夏場でも使用できる
タイプ遠赤外線効能付きの どちらかと言うと、寒い季節 限定の補助ベルト。

この様に ザッと 挙げただけでも、5~6種類あるので迷ってしまいますよね。

個人的には細いよりは幅広タイプを お勧めしますし、腰を衝撃から守る。と
言う事を考えると、出来れば2重ベルトで 固定感強めの方が良いと思います。

そして、尚且つ メッシュ生地だったら季節限定には なりませんから、メッシュ
生地タイプが 私の経験上 最も  お勧めです。

腰痛など関節部位は 痛み始めは冷やして、炎症が引いた3日~4日目以降は
温めて血行促進するのが大切に なります。

勿論、日常生活の中で腰への負担を出来る限り小さく留めると言う意識が大切に
なります。

この補助サポーターを装着する事で腰を保護出来ますし、歩行時の負担も かなり
軽減できます。

 
足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを有効に活用するには?
 
しかし、腰痛サポ―ターには どうしても使用中に不快さと言うか、『これ どうにか
ならないかな~?』と言う点が あります。

それは腰痛サポーターが腰を支える為にガッシリと腰周りを覆うと言う構造上
仕方が無い問題点では あるのですが、腰痛サポーターは シャツの上から

装着しているとは言え、どうしても汗を掻いてしまうので、汗を掻いたら
その都度 洗濯が必要に なります。

メッシュ生地サポーターの場合、通気性良好なので蒸れる感じが あんまり
しないですし、何よりも洗濯した時に かなり乾くのが速い為、汗で

ビショビショになっても直ぐに洗濯して乾かして、次に使用するまでの
時間を短縮出来るのが安心できて嬉しいポイントですね。

【メッシュ生地サポーターだから汗による不快感は軽減され、更に
幅広タイプだから支え感も抜群で日々の負担を和らげてくれる↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です