腰を痛める事で併発する あちこちの痛み

腰に痛みを感じた段階での対処が大切

腰の痛み始めに如何に対処するかが それ以上痛みを強くしない為に
大事なのですが、痛めた1部位だけでなく その他の箇所にも痛みが

広がってしまう、と言うのが腰の痛みの最大の厄介な点だと私は
思います。

この点は腰のみならず、脚を痛めた場合にも同様に身体のあちこちに
痛む部位が拡散されてしまうのですが、腰を最初に痛めても足にまで

痛む影響が出て、脚を最初に痛めても次第に腰にも影響が出始めるので、
いずれにしろ足腰の痛みと言うのは日常生活を不自由にさせてしまうので

厄介だと言う事です。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

これは どう言う事か?と言うと、約5㎏ある頭部を首・背骨・骨盤・仙骨・
股関節・両足と様々な部位が連動して重さを和らげたり、歩行時や

ジャンプした着地時などに頭部に その振動が直接伝わらない様に各関節部位の
連動がクッションの役目を果たして上手く受け流しているからこそ、

日常生活を送る上で身体に変に負担が掛からずに過ごせているのですが、骨が
変形したり、髄核の水分が加齢などで減少し、衝撃に弱くなり線維輪を

突き破って飛び出てしまい 神経を圧迫したり、あるいは腰部の筋肉(脊柱
起立筋)が過度な疲弊で炎症を起こしたりしている場合など、通常とは異なる

状態になってしまった場合に、今まで何も意識する事なく歩行時などの衝撃を
和らげていてくれた関節の連動機能が 腰部で遮られてしまい 腰部に負担が

過剰に乗る様になってしまい、益々腰部への痛みを強く感じる様になって
しまいます。

日常で腰痛対策をするなら血流と炎症に特に気を付ける

腰椎は日常のあらゆる

動きに関わって来る

特に、腰椎に至っては上体の捻りや前傾後傾など、何かと身体の角度を変えたり
する時の負担が掛かる部位なので、腰を痛めてしまうと歩くにも立ち上がるにも

座るにも寝るのにさえ多大な影響が生じる様になってしまいます。

腰痛で寝苦しい日々も この体圧分散マットレスで解決

こうして歩行時の負担が連動されずに1歩1歩踏み出すごとに腰部で遮られてしまうと
足を踏み出すごとに腰が痛くなり、その積み重ねに抗う為に自然と身体は重心を

ズラして歩こうとしてしまいます。

すると、例えば腰の右側が より強く痛む時には左に寄せた重心で歩く事になり、
そうした状態で数日も過ごせば身体のバランスの崩れから、あるいは重心を

寄せた為に多くの負荷を支える事になってしまった身体の左側の筋肉が疲弊し、
疲弊した筋肉が炎症を起こし、そちら側にも痛みが生じ始めてしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

これを繰り返す事で腰から股関節・膝関節・足首、更には足底筋膜炎など様々な
部位が負荷を多く受ける事で痛み出してしまうのです。

こうした痛みの影響は下半身だけに留まりません。

足腰が痛むと杖を支えに歩く様になります。

杖を使う事で痛む足腰のダメージを軽減させる

杖を支えに日常を過ごす期間が延びれば延びる程、肘関節にも負担が掛かり続け、
1日が終わり就寝する頃になるとズキズキと軋み、肘にも心臓があるのか?と

錯覚してしまう様な疼痛に毎晩襲われる事に なります。

ですので、こうした痛む部位が あちこちに散らばってしまうのを未然に防ぐ為に
大切なのが腰痛サポーターや体圧分散マットレスなど、身体の負担を和らげる

アイテムであり、そして自分自身の意識の持ち方なのです。

【通気性良好な体圧分散マットレスで日々の睡眠時間を快適にする↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です