腰の痛みが足にも影響を及ぼし始めると厄介

日々の疲弊感が蓄積すると足腰に

痛みとして反映されてしまう

 

日々忙しく動き続けていると身体中に疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや
怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、日々の意欲すらも減退させて

しまいます。

そうした状態で重い腰を上げ 嫌々多忙な日々を過ごして居ると 身体にも
悪い影響が出てしまい、疲労感が足腰の痛みへと転じてしまいます。

疲弊した身体を解す/ストレッチや温熱療法で腰痛対策

腰部の痛みの原因としては筋肉の疲弊から筋肉内部で血流が鈍り、乳酸・
老廃物が排出されずに溜まり続け、痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を起こしたり、線維輪を

突き破り髄核が飛び出し神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や
脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かり痛みや痺れが生じたりなど、

様々な原因が挙げられます。

血流の鈍りから腰痛になる理由

痛みを感じた初期の段階で整形外科を受診したい

 

何れの場合にも痛みや違和感を感じた最初期の段階で整形外科に行き、
自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、そして要手術と言う

場合以外、自宅で安静に過ごしたり、あるいは さほど歩行など日々の
生活に不便していない段階でも腰痛サポーターや杖などで毎日

積み重なり続ける足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が
大切に なります。

杖を使い足腰の負担を小さく留める/腰の痛み

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

要手術で無い場合はブロック注射・リハビリ・牽引などを病院でする以外に
通院日以外は服薬や歩行補助用具を使って保存療法で様子見、と言う事に

なるので 病院以外での日常生活で如何に足腰に負担を掛けずに過ごして
次回の通院日までに状態を悪化させずに無難に過ごすか?が重要に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

実際には前回の通院から次回の通院まで負担を全く感じずに過ごす事は不可能
なので、どうやっても前回の状態よりも悪化してしまうのですが、それでも

少しでも早い完治を見据えるのならば、日々の腰痛対策と言うのが病院での
治療以上に大切に なります。

1度でも腰に痛みを感じ出してしまうと、

日常で負担をゼロに抑える事は難しい

しかしながら、先ほども書いた様に1度腰に痛み・違和感を感じてしまうと
どんなに気を付けても負担を感じずに過ごすと言うのは不可能だと思います。

と、言うのも身体の重心の移り変わり、上体の前傾、後傾、身体の捻りなどの
動作時には必ず腰椎に負担が生じて居るので、これらの動作を避けて

日常を過ごす、と言うのは相当無理が あります。

極端に避けて出来るだけ直立姿勢から動かずに過ごしたとしても、それはそれで
脊柱起立筋に過度に負担が掛かり続け、疲弊から更に腰の状態が悪化して

しまいます。

つまりどんなに関節サポーターや杖を用いたり、あるいは車椅子などを用いたと
しても完全に腰部への負担をゼロにする事は不可能だと言う事です。

更に言えば寝姿勢すらも身体の角度によっては腰部に負担が掛かり、疲弊した筋肉が
休まるはずの寝ているだけの姿勢なのにも関わらず、腰部から臀部・股関節・膝裏の

辺りにまで痛みや痺れが強く出てしまう事すらあります。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

ここまでの状態になると非常に厄介で、私の経験上 数日以内に自力で布団から
起き上がる事が出来ない程の激しい腰痛に襲われる可能性が高い状態であると

思います。

腰の痛みがピークに達した時に、あると助かる電動ベッド

ですので、腰の痛みに関しては脚にも痺れや痛みとして現れ始めてしまう事も
あるので腰痛サポーターと杖を基本的な備えとして用い、他にも必要ならば

室内用手すりを設置したり、起き上がれなかった場合に備えて電動ベッドを
導入したりなどすると少しは安心出来るかと思います。

【腰の痛みが悪化した時でも電動ベッドがある事で腰に負担を掛けずに
安心して起き上がる事が出来る↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です