足腰が痛むと日常が不便な物へと変貌する

足腰に痛みを感じたら

速やかに整形外科へ

足腰の痛みを感じ始めてから直ぐに整形外科などに行き、適切な治療が
施されなければ、決して大げさでは無く日々足腰に溜まるダメージは

強くなってしまいます。

腰の筋肉の疲弊感から生じる痛みの悪化を防ぐには

日常生活を送る上で 立ち上がり時、着座時、歩行時など何かと足腰に負担が
掛かる動作が多いからですが、足腰の中でも腰にダメージが積み重なる事で

腰部のみならず、股関節~脚に掛けての痛みや痺れも強く現れてしまう事が
あるので、腰部の痛みには特に慎重に且つ、速やかに対策を施す事を

おすすめします。

日常で腰痛対策をするなら血流と炎症に特に気を付ける

腰部の痛みが強く出ると、寝て起きた時に自力で起き上がる事も出来ませんし、
上体を起こす事が出来ないのですから日常における殆どの活動が制限されて

しまいます。

家族と同居している時は助け起こして貰って、1人暮らしの場合には電動ベッドの
上で寝て電動の力で身体を起すのが最も腰への負担少なく起き上がる事が出来ます。

電動ベッドを使う事で腰に負担を掛ける事

無く起き上がれる

 

そうして電動ベッドの力で腰への負担を掛けずに起き上がった後も問題は山ほど
あります。

ベッドから立ち上がる・トイレや食卓に行く為に歩く・椅子に座る。それまでは
当たり前に行えていた日常の動作も そ~っと、衝撃を感じない様に

気を張りながらでは無いと、足腰に強烈なダメージが伝わってしまいますし、
日頃どんなに気を付けてダメージを最小限に留めようと思っても たった1回でも

気を抜いてしまうと、普段気を張っていた分も帳消しになってしまう位の強い痛みに
襲われる事になります。

日常生活が不便になる、どころか大げさでは無く腰が激しく痛む時は あらゆる動作も
制限され、不自由な時間を強制的に強いられることになります。

それは先ほど書いた様に、食卓やテーブルまでの ほんの数歩ですら歩けず、日常で
何らかの動作を起そうと思っても、布団から自力で起きられず、立ち上がれず。

つまり、電動ベッドが無い場合には自力で起き上がる事が出来ずに痛みのピークが
過ぎるまで2~3日程度寝たきりで過ごさねばならず、その間は私の経験上、

ご飯を食べる事は おろか、水分を摂取する事すら出来ません。

トイレにも勿論行けませんし、お風呂に入る事も出来ません。

日常生活が不自由になるとは そう言う事なのです。

日々の疲弊感により間欠跛行が悪化して歩行困難になった時の対策

ですので、そこまで悪化するまでに良い病院を見つけて適切な治療を受ける必要が
ありますが 良い病院を見つける、と言うのも実際には一苦労です。

病院の規模がでかくても医師自体が経験や知識不足な場合もありますし、口コミで
評判が良かったから受診してみたけれど、評判通りでは無い事も

しょっちゅうあります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

なので、自身の身体を守る上で大切なのは 早い段階で適切な治療を施してくれる良い
病院を見つける事と、そして自身で日常生活の中で負担を避ける様に対策を施して

過ごす。と言う意識が重要に なります。

【電動ベッドの上で寝る事で腰の痛みが激しくなった時も負担を感じる事無く
リモコン操作1つで安心して起き上がる↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です