「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

アミノ酸パウダーで過度な体重増加を防ぐ

日々多忙で 疲労困憊の状態が続き、

元気が無かったり、

身体が疲弊して 重苦しくて怠い。

こうした日々を送って居ると 仕事や1日の

やるべきことを 終えた後に

疲れを癒す暇も無く、翌日に備えて 寝て、

陽の出と共に目を覚まし、また身体に鞭打って

忙しい日常に身を投じ続け、日々 ホッと一息付ける

僅かの休息時間に きちんと安らぐというのは

中々難しいと思います。

身体は 少しでも 休んで、マッサージ

ストレッチなどで 癒さないと

どんどん疲労が蓄積して行く一方です。

休めるタイミングを見計らって きちんと休む事が

出来ないと 足腰関節部位が 疲弊し炎症を起こし、

強い痛みが 生じてしまう様になるので、

マッサージストレッチなどをして 疲労して

硬くなっている筋肉を リラックスさせる為にも

意識的にアフターケアを行い、血液の流れを促しましょう。

あるいは、疲れ切った身体には ご飯をたくさん食べて

エネルギーを補給するのもいいですね。

そして食事だけでは 補いきれない栄養分を

サプリメントなどの 健康補助食品で

しっかりサポートするだけでも 身体は かなり楽になります。

サプリメントなどの栄養分を補う健康補助食品は

今の時代たくさんありますね。

足腰関節を痛めた時にはグルコサミンが効くとか、

視力回復には このサプリメントが、

とか、色々な種類がありすぎて どれを選べば良いのか

分からない位に 各成分ごとに 様々流通しています。

その中でも 私が気になったのは、アミノ酸パウダーを

水に溶かして飲むだけの アミノ酸飲料です。

500mlの水にサッと混ぜて溶かして飲むだけなので、

何時でも飲めますし、持ち運びも簡単です。

持ち運びの際には 予め水に溶かしてペットボトルと

して持ち歩くのも良いですし、

粉末のまま 持ち歩けば カバンの中の容量も小さく

抑えれられ、

カバンが重くて余計な疲労を感じる事も避けられます。

通常の食事で魚やお肉から摂取する事で 体内で分解される

アミノ酸は20種類となります。

その後、体内で再合成され、たんぱく質と なるのですが、

体内で合成・分解を繰り返す為に、

意識的にアミノ酸を摂取する事が 身体を元気に保つのに

必要な要素となります。

必須アミノ酸と 非必須アミノ酸とが あり、20種類の内

9種類のアミノ酸は 体内で生成する事が 出来ない為に、

食べ物・飲料から 摂取する必要があります。

これが、必須アミノ酸と呼ばれる物です。

つまり、必須アミノ酸を 身体に取り込むためには

お肉や魚などを 普段から意識的に食べる事が大切に

なるのですが、

魚は季節により、価格の変動がありますし、高い時は

高いので、日常的に購入し続けるのは 難しい場合も

あります。

なので、基本的に安めの鶏肉などを 日常的にたんぱく質源と

して補給しながら 過ごせば良いのですが、

飽きが来たりした場合には、調理法を変えて 食べれば、

飽きずに 鶏肉料理を食べ続ける事が 出来るかと思います。

今時は サプリメントなどの健康補助食品が

非常に種類豊富で、

食事だけに頼らずとも、比較的気軽に 様々な栄養素を

体内に摂取出来るように なりました。

こちらのアミノ酸パウダーも 30袋プラス6セットという

大容量の内容なので、

日常的に 気軽に体内にアミノ酸を 採り入れる事が

可能になりました。

食事だけでは どうしても 食事量が増大して 肥満にも

繋がってしまい、体重が増えると

身体に掛かる負担も増え、足腰の痛みの悪化に

直結してしまいます。

なので、そういう場合には サプリメントや こういった

アミノ酸飲料で 過剰に食べ過ぎるのを避けつつ、

必要な成分を摂取しましょうね。

VAAM ヴァーム ヴァーム ウォーターパウダー 30袋×6セット 5.5g/1袋 スクイズボトル付き 2650729

ダイエット用のプロテインで少しづつコンディションを整える

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く、忙しなく動き回っていると

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

それが酷くなると 自身の脚のみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか

少しでも和らげようと

腰痛サポーターや膝サポーター、杖を

多くの人が日常的に使用する様になると

思うのですが、ここから新たな問題が生じます。

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から足先まで

全体が 瞬時に連動する構造になって居るのですが、

緩やかなS字カーブを描く背骨から骨盤・仙骨を伝い、

股関節から両足へと1歩1歩脚を踏み出す度に

関節のスムーズな連動により、クッション機能が

上手く働いて、 地面からの衝撃が

頭部にダイレクトに行き届かない様な

仕組みになって居ます。

ところが、この各関節部のスムーズな連動が

何処か1箇所(例えば腰)を痛めてしまうだけで

途端に連動が 妨げられてしまいます。

連動が妨げられるばかりか、連動途中の痛めた部位に

1歩1歩の歩行時の衝撃が

ガッツリと乗ってしまう様に なります。

こうなると、先ほど書いた様に腰痛サポーターや

膝サポーター、杖など併用しなければ歩行が困難に

なるのですが、一方で こうした補助アイテム

助けが無ければ、歩行が難しくなればなるほど

こうした補助アイテムに依存する様に

なってしまいます。

これらの補助アイテムに頼り過ぎると、

を痛めている場合には

益々、腰の筋肉(脊柱起立筋)は弱まり、

膝関節なら膝関節周りの 脚の筋肉

大腿四頭筋)などが衰えてしまいます。

筋肉が衰えると どうなるのか?と言うと、

痛めた部位を支えようと、周辺の筋肉が補助的に

その負荷を受け止めようと働くのですが、

(この場合も、過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると、

その部位も 結果的に痛めてしまいますが)

各部位ごとの関節サポーターと言う事は、

その周辺の筋肉の可動を制限し、

更に 痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

より関節部位に負担が乗っているのを顕著に

感じる様になります。

筋肉が衰えると、その周辺の筋肉や関節に大きな

負担が生じるばかりで無く、

筋肉が衰えると言う事は、エネルギーを

燃焼する様な動作も思う様に出来なくなり、

どんどん脂肪が乗り易くなってしまいます。

周りを中心にお尻や脚にも脂肪が蓄えられ始めると

体重も徐々に増えて行く訳ですから、

身体が重くなるごとに、関節への負担も増大して行って

しまいます。

なので、食事に気を付けて、運動以外で出来る範囲内で

体型をコントロールする必要があります。

食事内容は たんぱく質を摂取しようとする時は、

極力 脂身を削いだり、鳥皮を剥いだりして

脂質を抑える様に意識する事が大事です。

糖分や塩分の多い物も意識的に抑えたいところですが、

過度に意識しすぎると、ストレスになってしまうので

程々に気を付けて、身体の為には短期間だけダイエット

意識するのでは無く、長く継続して行きましょう。

今の時代、ダイエット用のプロテイン

サプリメントなども多く販売されて居るので、

こうしたダイエット用の補助食品を摂取しつつ、

無理なく 体重を落として行きましょう。

ゴールドジム GOLD’s GYM ミールリプレイスメント ストロベリー 送料無料 14袋入り ミールリプレイスメント ストロベリーミルク風味 F8620 MRP 代替食 1食置き換え ダイエット シェイプアップ 減量

食事内容を見直す事で足腰が痛くても体型を保てる

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く 忙しなく動き回っていると、

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

それが酷くなると、自身ののみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか

少しでも和らげようと 腰痛サポーター

膝関節サポーター、を多くの人が日常的に

使用する様になると思うのですが、

ここから新たな問題が生じます。

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から

足先まで全体が瞬時に連動する構造に

なって居るのですが、緩やかなS字カーブを描く

背骨から骨盤仙骨を伝い、股関節から両足へと

1歩1歩を踏み出す度に、関節のスムーズな

連動によりクッション機能が働いて 上手い事、

地面からの衝撃が頭部にダイレクトに行き届かない様な

仕組みになって居ます。

ところが、この各関節部のスムーズな連動が何処か

1箇所(例えば)を痛めてしまうだけで

途端に連動が妨げられてしまいます。

連動が妨げられるばかりか、連動途中の

痛めた部位に、1歩1歩の歩行時の衝撃が

ガッツリと乗ってしまう様に なります。

こうなると、先ほど書いた様に腰痛サポーター

膝関節サポーター、などを日常的に使わなければ

歩行困難な状態に なるのですが、これらの

補助アイテムに頼り過ぎると、

を痛めている場合には、益々 腰の筋肉

(脊柱起立筋)は弱まり、膝関節なら膝関節周辺の

脚の筋肉(大腿四頭筋)などが衰えてしまいます。

筋肉が衰えるとどうなるのか?と言うと、痛めた部位を

支えようと 周辺の筋肉が補助的に、

その負荷を受け止めようと働くのですが、

(この場合も過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると

その部位も結果的に 痛めてしまいますが)

各部位ごとの関節サポーターで支える、と言う事は

その周辺の筋肉の補助的可動を制限し、

更に、痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

筋力低下→筋肉痩せ細り→脂肪蓄え→体重増加→

体重増加により、関節に掛かる負荷が増大する。

という悪循環に陥ってしまいます。

脂肪の蓄積は、身体の外側・見た目を変える他に、

身体の中の 血管にも影響を及ぼします。

つまり脂肪が蓄積しやすい、脂質の多い食べ物を

食べる頻度が高いと、血液がドロドロになって、

血液の流れも鈍り易くなってしまいます。

こうした血液の流れに影響が出始めると、

乳酸・老廃物の排出機能も衰えて、

これが筋肉の疲弊からの痛みに繋がります。

つまり、肉体の内部からも痛みが生じるし、

体重が増える事で足腰関節への負担も増えるし、で

お腹や腰周り、身体全体に脂肪が増えてしまうのは、

あまり よろしく無いのです。

なので、足腰が痛くて自由に動け無い、と言う場合にも

出来るだけ、食事内容を見直したり、

ダイエット用プロテインを飲んでみたり、サプリ

メントで身体の内部からコンディションを

作ろうとする意識が大切に なります。

美味しいメロン味/ストロベリー味プロテインで健康を保つ

「プロテインは不味い!美味しくない!」

プロテイン=美味しくない、と言う

ネガティブなイメージも 今は昔。

プロテインは太る、筋肉がムキムキになるから

飲みたくない。

という声すら昔は よく聞こえきました。

ところが、そうしたステレオタイプなプロテインの

イメージに相反するかの様に、

今の時代、ダイエット用のプロテインが

販売されていたり、

不味いどころか、チョコレート味からストロベリー味、

ココア味、ストロベリーバナナ味、ヨーグルト味、

名前だけで飲んでみたい欲を刺激する

ダブルリッチチョコレート味や、クッキーアンドクリーム味、

一見、プロテイン=乳製品で飲む、ドロッとした飲み物、

という イメージを覆すかの様な、

柑橘系の爽やかなグレープフルーツ味、

オレンジ味まで あります。

果ては、あまり聞き覚えの無い サワーミルク味まで

普通に 流通していたりします。

もはや、ウエイトトレーニング後に たんぱく質

摂取の為に、飲むもの というイメージは完全に覆され、

ダイエット目的でも 美容目的でも、健康の為でも

トレーニングとは 無縁の人の日常生活の中に

当たり前に存在していても、何ら違和感が無いほどに

充実した 品揃えですよね。

プロテインは牛乳に溶かして飲むのも

非常に美味しいですし、

牛乳が切れて居たり、乳製品が苦手な場合でも、

水や 他の飲料に溶かして飲むのも、

新たなテイストが感じられて 良いかも知れません。

私が子供の頃は、ウエイトトレーニングと

プロテインが 結びついていたイメージで、

それゆえ、プロテインを敬遠していた人が

周りに多い印象でしたが、

今では健康志向で ジョギングやウォーキングを

する人も 非常に多いですし、

ハイキングやゴルフ、ヨガなど 身体に過剰な

負担を掛けずに、身体を動かせるスポーツを

行いやすい環境が 増えて来たように 思います。

運動を気軽に続けられる 環境が増えたという事は、

筋肉を動かし、疲労させるという事でも あるので、

動かして疲弊させた筋肉に対して、栄養補給を

小まめにしないと 筋繊維は修復しきれません。

なので、スポーツなどで動いたら、筋肉に

たんぱく源を 送るために、

お好みの味のプロテインを飲むのが、気軽で

効率的という訳です。

身体を構成する たんぱく質をプロテインから

直接 摂取するので、

適度なら問題ないと思いますが、先ほども書いた様に

美味しいので、

ついつい沢山飲んでしまうと、全く動かない場合には、

体重が増えてしまうかも 知れません。

美味しいのは嬉しいですが、飲み過ぎてしまうのは

困りものですね。

何故、ここまで美味しく、飲みやすくなったのかは、

大体の流れから 想像するしか ありませんが、

ここまで、美味しく飲みやすくなり、気軽に

たんぱく質を摂取できる様になり、

ネガティブなイメージを払拭しつつ あるのは、

やはり「より飲みやすくなる様に何度も

味を改良し続けて、プロテイン=不味いの

固定概念を覆そうと研究を重ねてきたから」

では無いでしょうか?

飲むのに ちょっと覚悟が必要だった固定概念ありきの

ネガティブイメージから、

いつしかパッケージは 見るからに美味しそうな

様相に変わり、実際に試飲してみると やはり美味しい!

そして、更に 今では、フルーツ要素も加わり、

美味しく飲んで 健康が保てる。

と、言う たんぱく質を摂取する事による

筋繊維の修復のみならず、ダイエット要素や

健康維持目的の方のニーズにまで合致した

嬉しい進化を遂げています。

1日に何度も必要以上に飲みたくなって

しまいそうになるほど、

チョコレートやストロベリーとの相性が抜群で

飲むのが楽しみで、

飲み忘れの心配も 無い程に、美味しく変貌を

遂げているのです。

部活動の終わりに不味いプロテイン飲むのが辛い。

という人も、過去に私の知り合いには居ました。

実際に、過去には確かに不味い時期も ありました。

しかしながら 今の時代、ネット通販で気軽に

取り寄せる事が出来ますし、

過去のイメージで苦手意識を持って居る人に

プロテインのマイナスイメージを覆す為に、

スプーン一杯程度でも 飲んでみてもらいたいものです。

プロテイン=不味い!という認識改め、

プロテイン=美味しい!に変えるには

それだけで 充分だと思います。

そして、プロテインで驚くのは、その味の美味しさ

だけではありません。

プロテインは、ウエイトトレーニングを行う人が

重宝して 小まめに摂取する為か、

やたら大容量で販売されて いたりします。

こちらなどは 驚きの大容量で、何と2㎏も

入っているのです。

2㎏のパウダーって 飲み終わるまで、どの位かかるのか

想像も つかない位ですね(;^_^

飲み方も勿論、牛乳や水に溶かして混ぜて

飲むだけなので、非常に気軽に 飲む事が出来ます。

美味しいから毎日続けられる。

そして、美味しく飲んで健康な身体を保てる。

食べ物や飲み物によって、身体は作られていますので

出来れば 身体に良い物を食べて飲んで、

健康を 維持したいですよね。

好きな食べ物も 程よく食べながら、美味しい

プロテインも日常的に摂取して 健康を保ちましょうね。

足腰を痛めて動けなくなると、脂肪が付き始めてしまう

周りの痛みは身体を休める暇もない程、

肉体を酷使し続けた結果だったり、

運動時急に強い負荷を掛けた為 痛みが

生じたり、

加齢により周りの筋肉の衰えや

クッションの役目を果たす椎間板

摩り減り等によって痛みが発生したり、

あるいは 長時間座りっぱなしの

デスクワークなどで への負担が

掛かり続け、痛みへと繋がったり。

痛みが生じる要因は個々の状況によって

様々ですが、

いずれにしても1度痛みが生じると仕事は勿論、

日常生活に おいても、常に痛みという物は

付きまとうので 少しでも痛みや違和感を

感じた段階で 速やかに整形外科ペインクリニック

行かれる事を おすすめします。

私の実感として 体内の修復能力である

自然治癒力よりも日常生活の中で

蓄積するダメージの方が上回るので、

安静に過ごしていても

ほんの少しの歩行が、ほんの少しの座り姿勢が、

出来るだけ安静に過ごして

負担が掛からない様に日々 気を付けて

少しマシに なったかな?と

痛みの許容量に多少の余白部分が出来ていた

としても、それを上回る痛みを

生じさせてしまうので、1度でも痛みを感じたら

専門医に診てもらうのが、

その時点で最善の選択だと思います。

は牽引したり、温めたり、マッサージ

解したり、治療・リハビリを行って、

ひと時 楽になったとしても帰路に着く段階で

腰痛サポーターを装着して 周りを保護して

極力 負担を和らげる様に気を付けながら道中

ゆっくりと歩いたとしても、

20分~30分の治療時間が 帳消しに なったのでは

無いか?と感じる程のダメージが蓄積する、

と言うことは決して少なくありません。

を痛めてしまうと、どんなに気を付けて

対策を行ったとしても、歩行する以上、

どうしてもダメージが積み重なってしまいます。

病院に向かう段階でならば、その後に治療を

施してもらえるから まだ良いですが、

病院から帰宅する時点で痛みが強くなって

しまうのは、非常に困ります。

なので、大切なのは病院で治療を受ける事と共に、

普段の生活の中で、

出来るだけ疲弊や痛みに対するケアを施す事です。

病院での治療時間よりも、日常生活の時間の方が

遥かに長いので、病院以外の時間を

如何にダメージ少なく過ごすか?

と言う事を考えながら、日々負担を掛けない様に

生活するか、が大切に なります。

ここで、足腰関節部位を負担から守る上で何が

大切か?と言う事を考えてみると、

まずは整形外科ペインクリニックで『適切な

治療』を継続的に受ける事。

そして自身は日常生活の中で、極力足腰に負担が

掛からない様、関節サポーターや杖で

身体を支えながら過ごす事。

そして、それでも日々 生じてしまう、疲弊感や

痛みに対してマッサージなどで血流の鈍りを改善し、

炎症の原因を作らないようにする事。

そして、もう一つ大切な要素は 体重増加を

出来るだけ防ぐ事です。

とは言え、足腰が痛んでいるから余計な負担を

掛けない様に安静にして過ごさなければ ならないのに、

体重増加を防ぐ、というのは少々 矛盾してしまいます。

体重が増えるのを防ぐ手段としては、食事内容

見直しと運動による筋肉の衰えを防ぐ事が大事ですが、

足腰関節(特に)が強烈に痛むと、運動

行えないですし、運動が行えない、と言う事は

筋肉が どんどん衰えて行き、その代わりに

脂肪が 蓄えられて行きます。

嫌でも蓄えられてしまう脂肪を防ぐには、結局
食事内容を気にしたり、姿勢を気にしたりするなどの

意識が大切です。

そうして、常日頃から意識しながら過ごして
過度な脂肪による体重増加を防いで

出来るだけ健康な身体を保ちましょうね。

ダイエット用プロテインで健康に体型を保つ→

疲弊や痛みを感じる足腰をマッサージで解して和らげる

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

身体や関節部位に疲労感と共に、関節への

ダメ―ジが 徐々に蓄積して行き、

それが積もり積もって やがて強い痛みへと

転化する、というのは 良くないパターンなので、

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

日々の関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

そういった疲弊した身体を癒す ひと工夫を

施してから就寝する事で、

毎日 朝方に 目を覚ます度に、身体から疲労感が

抜けているのが実感できるかと 思います。

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

速やかに 整形外科ペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

通院するタイミングを逃す程に、足腰の痛みと

言うのは、日々の疲弊感から

ダメージが強くなって行くので、痛みが強く

なり過ぎてしまうと、通院する事も難しく

なってしまいます。

なので、毎日の生活の中で疲れたり、傷んだ足腰

マッサージストレッチなどのアフターケア

筋肉を解し、血液の流れを正常に戻そうとする事が

大事なのですが、

足腰が痛むと、その部位に 負担が極力掛からない様に

日々過ごす様になるので、

筋肉が衰える事で、脂肪が蓄積し始めてしまいます。

脂肪が増え、肥満が進行すると、当然ながら

体重も増加するので、

益々、足腰への 負担が増幅してしまいます。

身体が過度に疲れる・やがて身体が痛む・筋肉が

衰える、脂肪が蓄積する・体重が増えて負担、

痛み増加という悪循環を繰り返す様に

なってしまうので、

これを根本から解決する為には、身体が疲れ

始めたら、軽い重量でのウエイトトレーニングや

ジョギングなどで汗を流して、リフレッシュするか、

整体や鍼灸など通ってみるのも 良いと思います。

特に、日々の生活の中で 負担が掛かり易いのは、

腰部の脊柱起立筋や肩周りの僧帽筋、

そして意外と太もも裏のハムストリングスなどが

疲弊し易いので、そこを中心に解しましょう。

パッドを貼り、インナーマッスルを刺激する→

食事内容を意識して脂肪の蓄積を抑制し、腰への過度な負担を避ける

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く、忙しなく動き回っていると、

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

それが酷くなると、自身ののみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか少しでも

和らげようと 腰痛サポーター膝関節サポーター、

を多くの人が日常的に使用する様になると

思うのですが、ここから新たな問題が生じます。

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から

足先まで全体が瞬時に連動する構造になって

居るのですが、緩やかなS字カーブを描く背骨から

骨盤・仙骨を伝い、股関節から両足へと

1歩1歩脚を踏み出す度に、関節のスムーズな

連動により、クッション機能が働いて

上手い事、地面からの衝撃が頭部にダイレクトに

行き届かない様な 仕組みになって居ます。

ところが、この各関節部のスムーズな連動が

何処か1箇所(例えば)を痛めてしまうだけで

途端に連動が妨げられてしまいます。

連動が妨げられるばかりか、連動途中の痛めた

部位に、1歩1歩の歩行時の衝撃がガッツリと

乗ってしまう様に なります。

こうなると、先ほど書いた様に、腰痛サポーター

膝関節サポーター、などを日常的に使用しなければ

自力での歩行は困難に なるのですが、これらの

補助アイテムに頼り過ぎると、

を痛めている場合には益々、腰の筋肉

(脊柱起立筋)は弱まり、

膝関節なら膝関節周りの太ももなどの筋肉(大腿四頭筋

などが衰えてしまいます。

筋肉が衰えると どうなるのか?と言うと、痛めた

部位を支えようと、周辺の筋肉が補助的に

その負荷を受け止めようと働くのですが、(この場合も、

過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると

その部位も 結果的に痛めてしまいますが)

各部位ごとの関節サポーターで支えると言う事は、

その周辺の筋肉の補助的可動を制限し、

更に痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

筋力低下→筋肉痩せ細り→脂肪蓄え→体重増加→

体重増加により、関節に掛かる負荷が増大する。

と言う 悪循環に陥ってしまいます。

私は激しい慢性的な腰痛を始め、膝関節足首

股関節足底筋膜炎など、足腰が痛くて自力で

歩行する事が出来なくなってから、部の お肉が増加し、

気付けば お腹周りに お肉がズッシリと蓄えられていました。

が痛めば歩けないですし、足関節を痛めても同様。

人体で一番大きいと言われる筋肉部位である

脚の筋肉を動かす事が出来なくなっては、

脂肪の蓄積も やむを得ません。

せめてのみ、のみの痛みだったら、

例えば、呼吸法で腹筋を収縮させて筋肉

僅かづつでも 活性化する術は あるのでしょうが、

が強烈に痛いと、

腹筋を収縮させた際に、脊柱起立筋も連られて

ギュッ、と締まってしまうので

腹式呼吸で腹筋に力を込める事も難しいのです。

そうした時に、日に日に蓄えられてしまう脂肪

只、目を瞑って居るだけしか出来ないのか?と言うと、

そうでも ありません。

身体は食べ物から出来ているので、要は食事

気を付ける事で、過剰な体重増加を抑える事が

出来るのです。

私の様に、動けない身体に なってしまうと、脂肪

エネルギーとして燃焼出来ないので、

食べたら食べた分だけ 蓄えてしまいます。

なので、海藻類や野菜を中心とした食事内容

変えつつ、少しでも代謝を促す為に

水分量は多めに摂取して、自然と体外に

排出する様に するだけで

それまで凄い勢いだった脂肪の蓄積の進行速度も

ある程度は 抑える事が出来ます。

だからと言って、身体に無理が生じる程の

過剰な食事制限は 寧ろストレスになって、

ある時に、やけ食いとして爆発してしまうかも

知れないので、

そういった急な食欲増進を防ぐために、時々は

お肉を食べたり、甘いものを食べたりするのも

良いと思います。

しかし、基本的には自身の身体を痛みから

守る為に ちょっとしたダイエットを行う訳ですから、

ある程度は 食欲を抑えましょう。

そうしている内に、今日は ほんの少しだけ

痛みがマシだな、と言う日が たまに訪れるので、

その時に両手に杖を持ち2本杖で身体を支えながら

お買い物などに行ってみると良いと思います。

2本杖で身体を支えながら歩く事で

重心バランスが中心から比較的ズレないで

前進する事が出来るので、部に過剰な負担が

掛からずに 移動する事が出来ます。

更に、両手に杖を持つことで、1歩前進するごとに

両腕で 身体を支える事になり、

その際に、重心を移動させる為に 二の腕

上腕三頭筋)が 可動するので、

少しづつ腕周りの筋肉を活性化させる事が

可能に なります。

歩く時には腰痛サポーターをガッシリと

装着しているとは言え、

背中の筋肉(脊柱起立筋)が可動するので、

過剰に負担が掛からない様に 注意しながら

歩きましょう。

も同様に、筋肉が多少なりとも可動するので、

少しでも痛みが マシな時には、

近所へ お買い物がてら、出掛けてみるのも

負担の掛からない範囲内で あれば、

良いと思います。

杖で足腰の負担を軽減する→

ダイエット用プロテインを毎日計画的に飲んで痩せる

日々多忙で 疲労困憊の状態が続き、

元気が無かったり、

身体が疲弊して 重苦しくて怠い。

こうした日々を送って居ると 仕事や1日の

やるべきことを 終えた後に

疲れを癒す暇も無く、翌日に備えて 寝て、

陽の出と共に目を覚まし、また身体に鞭打って

忙しい日常に身を投じ続け、日々 ホッと一息付ける

僅かの休息時間に きちんと安らぐというのは

中々難しいと思います。

身体は 少しでも 休んで、マッサージ

ストレッチなどで 癒さないと

どんどん疲労が蓄積して行く一方です。

休めるタイミングを見計らって きちんと休む事が

出来ないと 足腰の関節部位が 疲弊し炎症を起こし、

強い痛みが 生じてしまう様になるので、

マッサージやストレッチなどをして 疲労して

硬くなっている筋肉を リラックスさせる為にも

意識的にアフターケアを行い、血液の流れを促しましょう。

あるいは、疲れ切った身体には ご飯をたくさん食べて

エネルギーを補給するのもいいですね。

そして食事だけでは 補いきれない栄養分を

サプリメントなどの 健康補助食品で

しっかりサポートするだけでも 身体は

かなり楽になります。

サプリメントなどの栄養分を補う健康補助食品は

今の時代たくさんありますね。

足腰関節を痛めた時にはグルコサミンが効くとか、

視力回復には このサプリメントが、

とか、色々な種類がありすぎて どれを選べば良いのか

分からない位に 各成分ごとに 様々流通しています。

栄養分を補う以外にも、例えば、ウエイトダウン用の

プロテインパウダーなども流通しています。

足腰の痛みを和らげるには、体重を増やしすぎない、

と言う事も重要です。

質量が増えると、下に位置する腰や足に掛かる負担が

どんどん増して行ってしまいますから、

体重のコントロールというのは、足腰を守る上で

とても大事な要素の一つだと 思います。

サプリメントの中には、脂肪燃焼を促す物も ありますし、

食事で補いきれない栄養素をピンポイントで摂取する物、

という考え方とは異なる方向性での進化を遂げているのです。

これらは勿論、『脂肪の燃焼を促す』訳ですから、ただ飲んで

家で くつろいでいたのでは、その効果は感じられないでしょう。

あくまでジョギングウォーキング、軽い重量での

ウエイトトレーニングなどで筋肉を動かす動作をした時に

初めて、その効果が身体に現れるのだと思います。

そうしたサプリメントは ともかく、ダイエットプロテインの場合、

今の時代、様々なフレイバーが ありますから、

例えば、朝の食事にストロベリー味のプロテイン

飲むとか、チョコレート味やバナナ味など、

飽きが生じない様に 味を変えつつ、摂取して少しづつ

効果を感じていければ美味しい思いをしつつ、

体重も減らせるしで、2度おいしい思いが出来ますね。

美味しいプロテインを飲んで健康的にダイエット→