「肘関節痛」カテゴリーアーカイブ

痛む足腰を支える為に杖を使っていると、以外と痛みが蓄積する肘関節

毎日毎日 朝早くから 夜遅くまで、
忙しく動き回っていると、

徐々に 身体全体に疲労が蓄積して行き、

怠さを感じたり、身体の重さから
意欲減退に 繋がったりします。

しかし、それでも 生活の為に休む訳には行かない!

と、歯を喰いしばって また朝 早くから夜まで
忙しい1日を 繰り返す。

すると、身体全体だけでは無く、足腰関節部位に
ピンポイントで 痛みが生じたり、

足底に 炎症を起こして 1歩1歩 足を踏み出し、
歩く度に 激しい痛みが 襲って来る様に なります。

この腰部の脊柱起立筋の痛み、そして 足首から先の
踵から 土踏まずに 掛けての腱が

炎症を起こしてしまうと、仕事は勿論、
日常生活に おいても、非常に不便を

強いられてしまいます。

足腰腰痛サポーター股関節サポーター
膝サポーター足首サポーターなどの

各関節部位専用サポーターが あるので、ある程度の
痛み・衝撃を 緩和する事が 出来ますが、

足底の炎症による痛み『足底筋膜炎(足底腱膜炎)』は
関節サポーターを グルッと巻く、というのでは 無くて、

日常的に杖を使用して 足が地面に触れる際の
衝撃を 多少弱めたり、

両脚と杖を使う事で 足と杖の3点に、体重を分散させて
騙し騙し歩いたり、

あるいは 靴底インソールを用いて、足が地面に
接地する時の クッション性を 強化する位しか

対処法が無いので、非常に厄介なのです。

ですので、足腰の痛みや 足底の痛み・違和感を
感じたら、速やかに 整形外科やペインクリニックに行き、

状態が 現状より悪化する前に、対策を施すのが
最善の選択だと 思います。

この、足底筋膜炎から、膝関節の痛み、股関節の痛み、
腰の痛み、と 上に行くに連れて、

益々、杖で身体を支える、と言う事の比重が大きくなり、
脚の負担ばかりに気を取られていると、

意外と、肘関節にジワジワと痛みが 溜まり始めてる事に
気付け無かったりします。

杖を使用している以上、身体を支える上で 負担が掛かって居るのは、
足腰だけではない、と言う事を意識してみると、

肘関節や肩にも少しづつ、負担が溜まっている事に気づくと
思います。

肩は ともかく、杖を使用する上で 肘関節が痛み出しては、
非常に厄介です。

杖をつき、足を踏み出そうと 体重移動する際に、必ず肘関節に
負担が掛かってしまうからです。


肘関節に対しては 肘関節サポーターや、皮膚に直接塗布する
塗り薬などで 炎症を抑えたりなどの処置が有効ですが、

やはり、最も効果的なのは ペインクリニックなどに行き、
痛む肘関節に ブロック注射などを 施して貰う事だと思います。

痛む肘関節に塗る事で痛みを和らげる→

足腰関節痛は痛みを感じた段階で処置をする事が重要

多忙な毎日を送り続け、過労から身体全体の重さや
怠さが生じ、そこから更に足腰関節部位に

疲労が積み重なり

やがて痛みが出始めて それでも忙しく
日々過ごしていると益々身体に不具合が生じ、

杖を日常的に使用したり、各部位関節サポーター
常時装着したり あるいは通院する時間が無い場合には、

自宅で遠赤外線治療器マッサージ器で少しでも
時間があれば身体を労わるのに時間を

割く様になります。

私は痛みを感じた段階で多忙な日々のあまり
整形外科やペインクリニックに通院する事が出来ずに、

どんどん悪化してしまったので足腰に
痛みや違和感が生じた初期の段階で速やかに

通院する事をおすすめします。

悪くなればなる程、実際に治療を開始してから
完治するまで時間を要してしまうので

出来るだけ早く対策を施す必要があります。

一度足腰の何処かの部位を痛めてしまうと、
自然とその部位を庇う様に一方に重心を

傾けてしまいがちになります。

すると身体のバランスが片側に寄った状態で
日々を過ごす事になり、

その様な日々を数日~数週間ほど過ごすと
重心の偏りから身体のバランスの崩れに繋がり、

痛めていた側の部位よりも重心を寄せていた
元々痛みを感じていなかった側の健康な足腰に

痛みが生じてしまいます。

ですので こうした事態を防ぐ為にも 治療や対策は
早ければ早いほど 悪化を防ぐことが出来ます。

足腰を悪くした際に日常生活で何がツラいかと言うと、

近所のスーパーへお買い物に行く時に歩道の段差や
車が出入りする為の浅い傾斜・勾配がある度に

足腰への負担が強く掛かりますし、

外に出なくとも朝目を覚まして起き上がる際や
立ち上がる時、トイレに行こうと歩き出す際、

朝食を食べようとテーブルに着席する際など、

痛める前は何とも無かった動作の1つ1つに
苦痛が伴い忍耐の日々を強いられます。

日常では どの動作が最もツラいか、そして動作を
行う頻度が高いかというと恐らく

立ち上がる動作だと思います。

足腰に力を入れて踏ん張る事が必要になる為、

例え杖などを 支えにして立ち上がろうとしても
どうしても痛みが伴います。

しかも立ち上がろうとするときはアキレス腱などにも
負担が生じてしまうので立ち上がる頻度は高い上に

その都度 痛みが伴うので非常にツラい毎日を
送らざるを得なくなってしまいます。

腰(脊柱起立筋)の疲弊から痛みに繋がったり、股関節、膝、足首、アキレス腱、足底筋膜炎など、
痛みが発生したら その部位事態の悪化を防ぐ意味合いや、

その周辺の関節部位に痛みが拡散されないように、という
意味合いも込めて 日々の対策と1日の終わりに行う

マッサージ温熱治療器によるアフターケア
とても大事です。

足腰を杖で支えていると肘関節も痛めてしまう

足腰の痛みというのは仕事はもちろん、
日常生活にもとても支障をきたします。

肉体を動かす作業も椅子に座りながら
行うデスクワークでもツラい痛みを感じながら

日々を過ごさざるを得ません。

足も腰も歩く度に、関節各部位脊柱起立筋
衝撃が乗っかり負担が蓄積してしまいます。

その上で股関節まで痛めてしまうと
1歩 歩く度に足底から足首、膝からの衝撃が
股関節に行き渡り、

衝撃を緩和できずにそのまま鋭い痛みが
腰に届いて1歩1歩の歩行が身体にとって

大きな負担になってしまいます。

各関節部位がそこまで痛んでしまうと
を使ったり、腰サポーター膝サポーター

足首サポーターなどで足や腰の各部位を
がっちり保護して毎日過ごさなければ

ならなくなってしまいます。

しかし、これらの保護アイテムをしっかり装着・
使用していても、今度は意外な事に肘関節にまで
痛みが広がってしまう事もあります。

意外と言うのは、足腰の痛みにばかり気を取られていて
万全に対策を施している所に まさかの肘関節にまで痛みが
及ぶからです。

杖を日常の中で常時 使用し続ける以上、体重や負担を
受け止めて居るのは腕なので、その中で直接的に負担が

生じている肘に痛みが生じるのは冷静に考えてみれば
時間の問題で痛むのも当然だな、と理解できるのですが、

足腰の痛み対策にばかり気を取られて居ると中々気づけません。

気付けずに日々過ごしていると、痛みが生じ始めた時点で
最初から痛みの度合いが大きく強い場合が多々あるので、

足腰のみならず、日常の中で何処にどのくらいの負担が
生じて居るか、と言うのを冷静に見極める事が大事です。

肘関節を支えるサポーターと言うのは、膝関節サポーターと
似ていて、靴下やズボンの様に履くだけのタイプや

布面積が広めの生地で肘関節周りを覆い、更に生地から
伸びるベルト部分でクルッと巻き付けマジックテープで
固定するもの、

あるいは肘関節の下部分に丁度 指2本分の太さ位の
サポーターでグッと締めて肘関節を固定するタイプなどが
あります。

こうしてみると、膝関節サポーターの縮小版と言う感じで
普段 肘関節を痛めた経験のない人にも 膝関節サポーターと

同じ形状の物ばかり、と考えると馴染み易いですね。

肘関節の場合は、肘関節より腕に装着するのでは無く、
肘関節よりも下に装着して締める事で その効果を発揮します。

肘関節の下に位置する前腕は内側に捻ったり、外側に捻ったり
する事が出来ますが肘関節を痛めている場合には この動作が
辛くなり、

且つ、ダメージを被ってしまうので、ある程度の腕の動きを
制限する役目もあります。

なので、肘関節を痛めた場合には、肘関節よりも下に巻き付け
締めて固定してみて下さいね。

肘関節を守るにはこちらのサポーター

腰痛が激しい時は杖と腰痛サポーターを併用する

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も厄介な点は
急激に悪化した先には、仕事はおろか 日常生活にも

大きな支障を来してしまう、という点です。

更に腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら毎日
生活して行く中で 重心が変に偏り いつしか足にも
痛みが広がってしまい、

益々日常が制限され、自力で歩く事も難しくなり、杖や
腰痛サポーターの補助無くしては 数歩程度歩くのも

辛い状態になってしまいます。

そうした時に腰部をダイレクトに締め付け、支えてくれる
腰痛サポーターの存在が非常に日常を助けてくれるのですが、

選ぶ際に注意したい点は 幅広でボーンが背骨に沿って
しっかりと支えてくれる構造になっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても蒸れをほとんど感じずに
装着出来る様にメッシュ生地素材を選びたい所です。

腰痛サポーターを装着する状態と言うのは、
ぎっくり腰や 身体を酷使し続けた事による腰部の

筋肉疲労から来る筋膜性腰痛や 背骨を通る脊柱管が
狭まる事で神経根を圧迫して痛みが発生する脊柱管狭窄症

あるいは加齢などで髄核の水分が減ってしまい、
抵抗が弱まった時に

何らかの衝撃を受けて線維輪を突き破って
髄核が飛び出してしまい、

神経を圧迫する事で激しく痛む椎間板ヘルニアなどの
強い腰部の痛みの時、強くなくとも 悪化防止の為に
早い段階から装着するパターン。

腰を守る、と言うのは ただ腰痛サポーターを装着すれば
軽くなるかと言うと そんな事も無く、あくまで補助サポーター

腰を締めて姿勢を支える役割と捉えて、自身で背骨から腰に掛けての
自然な緩やかなS字カーブを保つ、と言う事を常に意識しながら
日々過ごしたいものです。

この時に問題となるのが、腰のダメージを少しでも軽減する為に
『姿勢を保つ』のと、『腰痛サポーターで締めつけて固定する』

と言うだけでは未だ不充分で、腰を守りきれないという点です。

というのも立ち上がったり座ったり、歩いたりする際には必ず
腰部の筋肉である脊柱起立筋が稼働し、更には前傾・後傾姿勢、

捻り動作では腰椎に大きな負担が掛かるので、腰回りを幾ら
強靭に守ろうとしても日常で生じるダメージは防ぎきれるものでは
ありません。

そうした時に杖を併用する事で 足腰に掛かる負担を両足と杖の
3点に(杖2本使えば4点に)分散させる事が出来るので 腰を守ろうと
思った時には

腰痛サポーターと杖との併用がおすすめです。

しかし、身体の負担を腕でも受け止める事になるので、杖を使い
続けていると、どうしても肘関節にも痛みが生じるようになって
しまいます。

なので、『肘関節も痛み出したな』と感じた時には痛みが悪化するのを
避けるために早い段階で肘関節サポーターの装着も検討すると良いですよ。

肘関節を守るサポーターはこちら→