「膝関節痛」カテゴリーアーカイブ

膝関節が痛む時は冷やす事と温める事が大事

足腰の痛みは仕事やスポーツ、そして

日常の何気ない、ふとした時に現れますが、

その症状の原因も痛みの強さも 人によって様々です。

例えば、重いものを常日頃から持ったりする

職業の場合には、部に疲労が蓄積して、

回復しないままに日々忙しく働いて、気付けば

筋膜性腰痛』と診断される状態に

なってしまうでしょうし、他にに痛みが生じて仕方が

無い場合、レントゲンやMRI撮影をした結果として、

何らかの異状が見られれば椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症

その延長線上で間欠跛行という診断が されるでしょうし、

また、膝関節の場合も同様で、痛みを感じて

整形外科に行き、問診からレントゲン撮影などの

一連の流れを経て、骨に異常が認められれば

変形性膝関節症と診断されるでしょうし、

もし、原因が走っている時に急激な方向転換を

した時や、日々の蓄積で痛みが生じ始めた時は

腸脛靭帯炎などと診断されると思います。

膝関節の外側に位置する靭帯で かなりの

スピードで走っている時に、急に方向転換を

した時に、腸脛靭帯に激しく負荷が掛かり、

あっという間に痛めてしまう場合も あれば、

毎日ジョギングを欠かさずに行っていて

アフターケアが充分で無く、疲労が上手く取れて

居ないまま、毎日繰り返した結果として

痛めてしまったり、あるいは方向転換の例の様に、

頻繁にジャンプをする必要があるスポーツの場合、

跳んで着地する都度、過度な負担が掛かってしまうので、

痛めやすい靭帯でも ありますね。

何れの場合も、痛み初めに応急処置として、

まずは冷やして、腫れや発熱が引いた その後、

筋肉の強張りや血行の鈍りを正常な状態に

戻すために 温める事が大切です。

痛み始めた関節部位の 所謂 いわゆる『急性期』の

処置として冷やすのは 冷凍庫から氷を出して

スーパーのビニールに入れたのを 痛む患部に

充てるのですが、これは専用の氷嚢を使った方が

水分がポタポタ滴ったりせずに済みますが、

ビニールでも患部から熱を取り除く、

という効果は充分に発揮できるのでビニールでも

問題ありません。

冷やすのは3日程で熱と腫れが引くので、

続いては温めて鈍くなっていた血流を

促す必要があります。

血流が滞っていると、血液が酸素を運ぶ働きも

鈍くなり、そして老廃物や乳酸の排出機能も

満足に働かない為、状態が どんどん悪く

なってしまう為です。

ですので、『冷やして熱や腫れが引いた後は

温める。』という流れが非常に大事なのです。

膝を温める場合には、例えば お湯に浸けた

タオルの水分を しっかり切った物を

患部に充てて温める方法が専用の器具など無い時に

お手軽に行える方法ですが、お湯に浸けたタオルを

絞る時は 熱すぎる場合は火傷に注意したり、

タオルは熱が冷めてしまうのが早い為、

細目に変える手間が あります。

専用の温め器具(温熱治療器)があれば、

その手間を省けて 好きな時間温め続ける事が

出来るのですが、温熱治療器が手元に無い場合は、

やはり お湯に浸けたタオルが

最も お手軽な手段だと思います。

足腰の疲弊感をマッサージパッドで癒す

日々の多忙から腰や脚を痛めても

病院に行けず、騙し騙し痛みを堪え続け、

毎日くたくたに なりながら乗り越えて

ある時、とうとう痛みが強く出てしまい

通院を定期的に しなければならなくなり・・

と、日々の疲労の蓄積で身体の状態が

どんどん悪くなって行くのを 肌で

感じながらも、

休む暇が無いため、身体に溜め込むばかりでは

いつ疲労感が 本格的に爆発するのか

気が気で ありません。

そうこうしている内に、いつかダメージが

身体の各部位に現れ、

その様な 状態になってからでは

通院しても 1日2日では治らず、

数か月、あるいは1年2年、と完治するまでに

かなりの月日を 費やしてしまうかも 知れません。

ですので、痛みや違和感が生じた段階で

少しでも 時間が空いたならば、

整形外科やペインクリニックを受診するのが

最善の選択かと思います。

が、しかし、繁忙期などは通院したくても

行ける暇は そうそう無いでしょうし、

そうした場合は、日常の中で 極力、衝撃を

緩和させる事を考えて、

各部位ごとの関節サポーターなどを活用し、

過労や歩行時のダメージを 少しでも 和らげましょう。

出来れば1日の終わりに 疲れた足腰をマッサージしたり、

温熱療法で温めて、血液の流れを促したりするのが

翌日にまで 疲労を引きづらない為に大切なのですが、

忙しい場合には なかなか そうも行きません。

自分自身でマッサージを施すのは、疲弊しきっている時には

大変ですし、非常に 億劫な物です。

そうした時に、皮膚に貼るだけの簡単マッサージパッド

あれば、気軽に疲弊して 強張っている筋肉を

揉み解す事が可能ですし、ご飯や晩酌、あるいは翌日の

予定を考えたり、別のことをしている時に

マッサージ効果を感じられるので、時間短縮にも

なりますので、マッサージパッドは時間の無い方ほど、

おすすめです。

足腰関節の間にある軟骨、髄核は血行が無い為、

加齢や日々の負担で磨り減ったり、

ダメージを負ってしまうと、その他の 血液が

巡っている部位の様に、収縮されると

言うのは難しいので、膝関節に過度な負担が

生じる事は 年を重ねる程に、避けた方が良いでしょう。

しかし、軟骨や髄核に負担が生じない様に 日々過ごそうと

思うと、運動を ほとんど行わなくなってしまうので、

それはそれで、関節を支える 筋肉量の低下を招き、

関節を痛めないどころか、反対に 関節への負担が

増してしまいます。

なので、軽い重量でウエイトトレーニングを短時間

キッチリ内容を決めて行ったり、ウォーキング等をして

ある程度の筋肉量は維持しましょう。

特に、腰の筋肉である脊柱起立筋と、脚の筋肉

衰えてしまうと、身体に影響を及ぼしますから、

一定の筋力を保つ事は とても大事です。

【送料無料】 低周波治療器 オムロン 3D エレパルスプロ 【暮らしの幸便 カタログ掲載 74205-1】 OMRON 低周波治療器 低周波 マッサージ パッド HV-F1200 オムロン 3D エレパルス プロ 治療器 エレパルスプロ マッサージ器 肩こり 腰痛 プレゼント 敬老の日 P01Jul16

関節サポーターで痛む部位を守る

足首股関節・肩、手首、首など

日々の労働や家事育児、その他の用事で忙しなく

動き続けていると いつの間にか身体中に疲労が蓄積し

身体全身に広がる疲弊感、怠さ、重苦しさ。

そして身体の疲労から意欲減退し、精神的にも

疲れてしまうと、

いよいよ嫌々毎日動き続ける事になるので、

精神が追い付かないと身体も余計に疲弊してしまい

遂には疲労が転じて、

身体のあちこちの関節部位に痛みとして

現れ始めてしまいます。

私の経験上、上半身の関節部位の痛みは首筋、

頚椎付近で無い限り、

日常で負担を掛けない様に過ごす事は

出来るのですが、

首周りの痛みは日常における あらゆる仕種・動作に影響を

及ぼしてしまうので、専門医に診て貰うか、安静に過ごして

痛みがマシになるのを 待つのが最善の

選択だと思います。

何よりも大切なのは検査をして、自身の状態が

どの様になって居るのか?を把握する事ですね。

把握する内容によって対処法も変わってくると

思うので、通院を重ねつつ、

保存療法で経過を じっくり時間を掛けて見守るか、

要手術なのか?という医師の判断に従い、要手術で

無い限りは 自身で日常の中で、

保護サポーターなどを活用しながら 守る必要があります。

そして、から下の部位に関しては私も長い間

痛みに悩まされていますが、

足腰と言うのは日常的に どうしても負担が掛かってしまう

部位なので、完全にダメージを防ぐ事は出来ません。

関節部位と言うのは、元々柔らかく曲がったり、

各関節が連動する事で 歩行やジャンプなどの

衝撃を分散させる事が 出来るのですが、

膝は屈伸の要領で前方に柔らかく可動し、

クッション機能が 働き、歩行や高いところから

降りた時のダメージを柔らかく

受け止める事が出来ます。

腰に至っては、前方にも後方にも大きく動くので、

その分、衝撃を分散する能力に 長けてそうですが、

同時に腰椎を起点に体重、負担、動きを

受け止めるので、大きな負荷が掛かり易い

部位でも あります。

自身の痛みを受け止める容量を超えると、

強い痛みが腰部に現れ始め、

腰部の柔軟性が損なわれ、

日常に おける、あらゆる動作に

支障を来してしまいます。

腰痛が酷い時には、自力で布団から

起き上がることも出来ないので、

そういった時には ご飯を食べる事も

トイレに行く事も出来ません。

なので、1日~2日程度、その時により 異なりますが、

痛みが少しマシになるまで、じっと待つしか ありません。

痛みが少しマシになったら、いよいよ関節サポーターが

効果を発揮します。

これまで色々試してきましたが、私の中で

『関節サポーターは生地面積が広く、

ベルトでガッシリと締め付け固定できるタイプが

関節サポーターとしての役割を果たしてくれ易い』

と言う結論に至りました。

これは どういう事かと言うと、腰痛サポーターの場合は

特に、なのですが、

幅広タイプの場合は生地が緩んでしまうのを

避けるかの様に、

ボーンが しっかりと備え付けられているものが多く、

その加工が施されているが故に、

背骨に沿って支える機能が優れている、

と言う事に結びつきます。

つまり、単純に生地面積が広くてボーンが

しっかりと備え付け加工されているものは

サポーターとしての機能性に優れている。

と言う事です。

私は 関節サポーターを装着する時にはサポーターの

性能を感じる為に、ガッシリと強めに締め付けるのですが、

このやり方は、本来備わっている関節部位の

柔らかな動きを妨げてしまう、

と言う事でもあるので、長時間の装着には

適さない方法では あります。

しかし、痛くて動けない程の状態の場合、本来の

動きを意識して、関節が柔らかく可動する様に

装着しても支える機能が弱く、結局ダメージは

強く溜まり続けてしまいます。

ですので、イレギュラーな発想で

関節のクッション機能自体を 制御してしまう方が

強く痛む場合には 有効だと 私は実感しています。

本来、膝関節をロックしたままの状態で

歩こうとすると、数歩も歩かない内に

ダメージが生じてしまう と思いますが、

杖を2本使いつつ、膝関節をガッシリ締めて

固定する事で、意外とダメージの蓄積を

軽減する事が出来るのです。

これは、腰も同様で、前方にも後方にも

本来は柔らかく 可動する筈の 腰の動きを、

締めて制御する事で、歩行時の衝撃から

身体を守る事が出来るのです。

なので、普通ではない状態の時には、

通常とは異なる イレギュラーな発想で

身体を守りましょう。

足腰の負担を小さく留める為にデスク上で総て完結する様にセッティングする

日々の労働や加齢による髄核のクッション性の

低下などで、に負担が掛かり易くなり、

ジワジワと積み重なった疲労・痛みが ある時、

急に激しく痛みだし、

酷い時には朝 目を覚ました時に起き上がれない、

という場合もあります。

そこまで部の痛みが強くなってしまうと、

困るのは起き上がる、立ち上がる、歩く、座る、

と言う日常生活で何気なく行ってきた

当たり前の動作も困難に なってしまう点です。

私は これまで3度起き上がれ無い程の強烈な

腰の痛みに襲われましたが、

(今後も何度も経験すると思います)

電動ベッドなどを利用して、自力で上体を

起こす事が出来ない分を補う事で、

1日の始まりの際に、部に余計な負担を与える事を

避ける事が出来るのですが、

問題は起き上がった後に如何にダメージ

溜める事無く過ごすか?と言う点です。

これまでの経験上、椅子の上で1日の大半の時間を

過ごすのがジッと寝ているよりも、

床に楽な体勢で座るよりも への負担を掛けずに

過ごす事が出来る気が します。

起き上がる時は電動の力で負担を感じる事無く

上体を起せますが、立ち上がってキッチンまで歩き、

調理をして ご飯を食べて、という行動は どうしても

自身の身体(+杖や手すり)で 行わざるを得ません。

しかし、この点も程よい高さのデスクを縦横に連ねて、

例えばPC作業をするスペースと炊飯器、IH調理器で

料理をして食事をするスペースとに分けて

総てをデスク上で完結出来るように

セッティングを する事で解決できます。

デスク上で総ての作業を完結する為に→

つまり、1日の大半の時間を過ごす上で食事、

水分補給、デスクワークを移動する事なく

行えるように すると、必然的に 歩き・立ち上がりで

生じる腰へのダメージを 回避できるのです。

この時に、手が届く範囲内にペットボトルを

左右どちらかに何本かキープしておくことで、

かなり楽に日常を過ごす事が出来る様に なります。

(食事による栄養補給と水分摂取を手の届く
範囲内で行えると、大きな安心感があります。)

しかし、腰への負担を避ける為に、日常での

移動距離を極端に短くするにも、

一つだけ どうしても削れない点が あります。

それが『尿意』です。

催した際には、我慢する事は出来ないですし、無理に

抗ってしまうと、膀胱に異常が出始めてしまうかも

知れないので、トイレに行くことを我慢するのは

避けましょう。

尿意は腎臓からポトポトと尿管から5秒に1回、

少しづつ膀胱に落ちて行くのですが、

膀胱の内側には粘膜、外側は筋肉で覆われていて、

尿が溜まるごとに少しづつ膨らんで行くのですが、

およそ300ml溜まると内圧が高まり、神経が

刺激されて尿意を催すという仕組みで、

人により、多少の違いは ありますが、大体

膀胱の容量は300ml~500mlで、この限界容量に

達する前に、頻繁にトイレに 行かなければなりません。

ですので、出来れば デスクの縦横の繋ぎ目に

ズレない様に 杖を置いておくか、

杖の転倒防止ホルダー→
あるいは、杖の安定感を増す為に 杖ホルダーを

デスクに接着し、杖を固定するか?が

いざと言う時の事を考えたら、最善の

選択だと思います。

ヘルニアや脊柱管狭窄症や、腰周りの筋肉の

極度の疲弊で、ある日 突然朝に目を覚ましても

起き上がれないという状態に なってしまう

恐れが あるので、

身の回りの環境を整えておいて、万が一の時に

備えておいてくださいね。

腰が痛む時のリクライニングソファーを使った楽な寝方

腰痛と言うものは、日々の過酷な労働や

用事などで忙しなく動き続けて

碌に身体を休める暇も無い状態が少し続くと

身体全体の疲弊感の後に部の痛みとして

ジワジワと、あるいは急激に現れ始めます。

過労が部に蓄積して、どうもの疲れが

取れないな~、という日々が続いたら

それは腰痛の兆候なので気を付けた方が良いです。

今回は、腰痛に現れてから どんどん悪化して

毎日の就寝時間が とても寝苦しい状態である、

という前提で 書いて行きたいと思います。

が強く痛むと、日常生活に支障が出始め、

歩くのも、座るのも、立ち上がるのにも

が痛んで不便さを感じてしまいます。

歩く時、立ち上がる時、必ず腰の筋肉脊柱起立筋)が

可動するので、ここが疲弊してしまう程に

痛みが増して行きます。

歩くにも 立ち上がるにも、部は いつでも

負荷が掛かるので、他の部位に比べて

疲弊しやすく、痛みも蓄積し易いのです。

これは、姿勢が関係していて、を守るために

背筋をピン、と立てるのを意識しすぎると、

今度は逆に脊柱起立筋が早く疲弊して、痛みが

強くなりやすいのです。

そこで、日中は腰痛サポーターで極力

負担を和らげ、日が沈んで一日の やる事を

終えた後は、出来ればストレッチをしたり、

温熱療法で患部を温めたりして、

筋肉を解すのが良いですが、日中どんなに

痛みを和らげていたつもりでも、

問題は寝る時に現れます。

立っている時、歩いている時は、脊柱起立筋

負担が掛かるが故に 疲弊しやすく、

痛みやすいと言う事を書きましたが、

寝る時にも に負担が掛かり易いのです。

それは何故か?と言うと、布団がフカフカしていたり

すると、頭から足先まで 一直線を保てずに、

重心がに集中して沈んでしまう為です。

すると、1日24時間の内、3分の1の時間である

8時間就寝したとしたら、

8時間もの間、部に負荷が乗り続けている事に

なるので、朝 目を覚ました時に、

が激しく痛んで当然である、と言えます。

そうした時に、への負担を軽減する方法として、

一番手軽なのが体圧分散マットレスの上で

寝る事なのですが、

今すぐ必要だと思っても、手元に届くまで

注文してから数日間掛かってしまうと、

その間、とても困ってしまいます。

ですので、今 自宅にある寝具などを利用して

どうにか心地の良い寝姿勢を作れないか?

と言う事について、考えてみました。

良くある方法の一つは、、身体より

高い位置に上げて寝る、と言う方法ですが、

毛布を2枚ほど畳んで 足元に置く事で、この寝姿勢を

作る事が出来ますが、

足先だけを高い位置に置くだけだと、角度的に

部に負担が集中してしまうので、

足先だけを乗せるのではなくて、

もし、乗せるのなら、全体を乗せた方が

への負担は軽く済みます。

しかし、腰の痛みが更に強力な場合、

この姿勢を取るのは 難しいです。

を上げていても、少しづつに負担が

掛かっているからです。

なので、私は少し痛みが強く出ている時には

毛布1枚か2枚分を畳んで、

部に上手く当たる様に敷いて を弓なりに

反らしてしまいます。

これは腰の痛みの度合いによっては、寧ろ

逆効果になる事も あるので、

一番痛い時よりも少し痛みが落ち着いているな、

と感じた時に有効な方法です。

そして、が究極に痛い場合というのは、

そもそも横に なる事すら 辛くて出来ません。

そうした時に、横になって快適な就寝時間と

言うものを諦めて、

椅子の上で座ったまま寝るか、

あるいはリクライニング・ソファーなどの

角度が付けられる椅子の上で寝るか?

と言うのを考える必要があります。

椅子に座るよりも、寝るのに適した姿勢、

大体50度~60度の角度に背もたれを設定し、

を伸ばして寝る事で椅子上よりは

快適に眠る事が出来ます。

私は どうしようも無くが痛んだ時には、

こうして50度~60度の角度を付けた寝姿勢で

眠っているのですが、現在までにの状態による

寝姿勢は、この幾つかのサイクルで何とかなって居るので、

もう一段階上の痛みに襲われた時に また

考えてみたいと思います。

リクライニングソファーで足腰に楽な姿勢を作る→

リクライニングソファーで足腰に楽な姿勢を作る

日々生きて行く中で労働、用事、家事など

毎日訪れる 24時間ある内の日常生活の中の

一部として行わなければならない事が山ほどあり、

あれもこれも 、なさなければならない日々に追われ、

身体は休まる暇も無く、唯々 疲弊して行くだけ。

すると、いつしか感じ始める身体全体を覆う

疲労感、重苦しさ、怠さ。

それでも、日々のやるべき事は減るはずも無く、

無理して 今日も明日も明後日も

忙しさの中に身を投じ、依然として身体に鞭を

打ちながら 酷使し続け、

疲弊が身体全体に覆い被さった時に、疲弊感は

足腰への 痛みへと転じ、

いよいよ仕事は おろか、日常生活にも

大きな支障を来す様な状態になり、

不便さを感じたかと思えば、あっという間に

日々 ダメージが積もりに積もり、

足腰の痛みは激しくなり続け、歩行困難の

状態に陥り、

不自由な日常を強いられてしまう様になります。

労働などで、どの部位に負担が溜まり易いかは

業種により 異なるでしょうから、

痛みの原因や痛みの強さは 人により大きく

異なるとは思いますが、歩いたり走ったり、

重い物を持ち上げたり 屈んだりなどの動作が

多い場合には 椎に痛みが蓄積し易く、

そして 負担が掛かり易い部位だけに、

いざ痛み始めた時の痛みも強く現れるのだと

思います。

椎は上体の動き(前かがみ、後傾、捻る)に

対して、何かと負担を被り易い部位である為、

痛みが強く現れた時には歩くのも、立ち上がるのも、

座るのも、寝るのにさえ、部の痛みに

耐えなければなりません。

椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症間欠跛行

筋膜性腰痛腰の痛みには様々な原因があり、

腰の痛み部に留まらずに、線維輪を突き破り

髄核が飛び出し神経を圧迫してしまうと、

臀部から股関節~足先へと痛み、痺れが

発生してしまう事も あります。

この状態になった時に辛いのは、歩く時に

部、股関節膝関節辺りに鋭い痛みが

走ると同時に、痺れも生じる事です。

ですので、部が痛むからと言って、腰痛対策だけ

していたのでは、場合によっては

にまで及ぶ痛み・痺れに対する処置が遅れて

しまうかも知れません。

が痛む場合には、より一層、身体の重心

バランスに気を付け、重心が崩れない様に歩いたり、

着座姿勢も意識しないといけませんが、

ただ、これまでにも何度か書いて来た様に、

背筋をピン、と張ると言う事だけを意識していると

腰の筋肉である 脊柱起立筋が疲弊して行くばかりで

脊柱起立筋が疲弊してしまうと、部の痛みが

益々強くなってしまうので、

張り詰め過ぎてしまうと、逆効果になる事も

あるので、気を付けなければ なりません。

日常的に 部やの疲労感や痛みを和らげようと

する上で 重宝するのは、体圧分散マットレス

リクライニングソファーです。

身体を休める為に効果的な体圧分散マットレス

角度調節可能なリクライニングソファー

にとって 楽な姿勢に合わせたり等、日常の中で

負担を如何に和らげるか?と言う事に意識を向け、

対策する事が 足腰の痛み対策として

何よりも大切です。

リクライニングソファーで足腰に楽な姿勢を作る→

日常的に杖を使っていると拘りが強くなる

毎日毎日 朝早く起きて、夜遅くまで

稼働稼働の 日々を送り、

徐々に身体に 疲労が溜まるも、

碌に癒す暇も無く、多忙な毎日を繰り返す。

そうしていると。身体全体の疲労感に加えて

足腰関節部位の疲弊から 痛みが生じ始め、

仕事は勿論、日常生活にも足腰の痛みによる

影響が出始め、不便な生活を強いられます。

足腰の関節が痛むと、朝 目を覚まして

起き上がる時にも 痛みに耐えながら ひと踏ん張り。

そして、トイレに行こうにも 足腰に生じる

痛みに堪え、1歩1歩の歩みに 苦痛が付きまといます。

例えば、足底の 腱の炎症による足底筋膜炎(腱膜炎)だと、

踵から土踏まずの 間の腱が、

歩くごとに 引っ張られる上に、地面に触れ、

体重が掛かる事で 激しい痛みが伴うので、

や足底の衝撃緩和インソールなどを 常時使用して

痛みを 和らげる事に なります。

足首関節の炎症による 痛みの場合も、

同様に、1歩1歩の歩みの度に 痛みが生じるので、

同じく を使った上で、足首サポーター

活用するのが 最善の対策に なります。

膝の場合は、膝サポーターに加えて、

更に を使用する事で膝関節に乗っかる

体重や衝撃を、両との3点に分散できるので

上手く 日常に取り入れ、

活用する事で 関節部位に掛かる負担を

軽減する事が 出来ます。

の場合も同様に、腰痛サポーターを装着しつつ、

を有効に活用し、

支えて歩く事で、歩行時にダイレクトに

衝撃が響く事を 軽減できます。

この様に、と言うのは 日常的に用いるのは

視線も集めてしまうので、

最初の内は、何だか 恥ずかしくて嫌なのですが、

一旦 使用し始めると、これ程 足腰を痛めた時に

身体を 助けてくれるアイテムは 無いんじゃないか?

と言う位、衝撃を緩和してくれますし、

歩行も かなり楽になるし、重宝する保護アイテムに

なりますので、おすすめです。

私も 最初は、普段お買い物に行っている

スーパーなどに行くのに、

ある時から 突然、を使用しながら入るのは

恥ずかしくて 抵抗がありましたが、

今では、と言う補助アイテムの助けが無いと

歩けないので、

人の視線は 全く気にならなく なりましたし、

身体の一部と化しているので、

堂々と 近所のスーパーにも 行けるように

なりました。

人に どう見られるか?という、見た目よりも

自分にとって、重要なアイテムで ある、

との認識が勝ったので 日常的に 使用するのに

何も 気になら無くなりましたが、

きっと、他の人も そうだと思うので、

自身の足腰の関節が 痛み始めたら、

整形外科などに 通院しつつ、を使用して

日常での 負担を和らげてくださいね。

日常的に 長く使用していると、

にも オシャレさや、人との違いを

欲してしまう時が あります。

見た目も華やかな お花柄の、漆黒で

重厚感の ある杖や、

如何にも頑丈そうな しっかりとした

作りのなど、

をついて 歩いている、道行く人の

を何気なく、観てしまったりすると

時々、羨ましさを 感じたりします。

特に、電車や病院の待合室など、他者の多くいる

空間だと、綺麗な柄の を見ると

気になって しまいますよね。

ですので、いつか入手したくなった時の為に、

身体を保護する、という 本来のの役割に

加えて、オシャレさも 手に入れましょうね。

日常的に使うから杖のデザインに拘りたい方はこちら→

温熱療法で筋肉の痛みを和らげる

日々多忙で時間に追われて生活していると

自身の身体に掛かる負担や疲れをケアする事を

後回しに してしまいがちになります。

毎日やるべき事のノルマがあって、朝から晩まで

落ち着く暇も無い。となれば身体をゆっくりと

休ませる時間も無いのも 仕方がないのですが、

身体のケアを暇を見つけて毎日細めに行わなければ

直ぐに身体に『ガタ』が来てしまいます。

身体に本格的な『ガタ』が生じる前の段階で身体全体の

疲労感や怠さ、

何事にもやる気が起きなくなる倦怠感が

生じたりする事が身体からの

警告シグナルとなっているのですが、

夜遅く帰宅して翌朝も早くて 忙しいからと言って

身体をストレッチしたり、

マッサージしたりして ケアを施す事を

後回しにしては、身体に蓄積した疲労感は

次の段階へと進行してしまいます。

次の段階に進行してしまうと、日常生活

大きな支障を来してしまい、

状態によっては 歩行困難となってしまいます。

それを避けるには、早い段階での対処が必要となり、

疲弊しきっている段階で 身体からの警告サインを

感じ取って、足腰に強い痛みが生じてしまう前に

足腰に痛みが生じ始めた段階で、速やかに

対策を施して、痛みを悪化させない様に

日々和らげて行く処置を 行いましょう。

間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,

筋膜性腰痛など、腰の痛みの原因は

様々ありますが、日常的腰痛対策

しっかりと行いましょう。

日常で行える痛みを和らげる処置とは、例えば

疲弊した 身体を休めるために、ゆっくりと

湯舟に浸かって疲れを 癒したり、

ただ疲れを癒すだけでは無く、温かいお湯の中で

過ごす事で 血行を促進させるのを兼ねる様にすれば、

一石二鳥です。

温まるとリラックス効果を感じますし、疲れて

凝り固まった 筋肉内部の血行を促し、

血流の鈍りにより滞っていた乳酸・老廃物の排出を

促進させる効果が 期待できます。

老廃物が体外に『通常通り』に排出されると

筋肉の凝り、強張りの元である 乳酸が血液に乗って

運ばれていくので、例え 一時的にでも、部などの

張りや凝りは マシになります。

一時的に、というのは、が痛むと結局、

身体の重心バランスを 崩しながら日々過ごす事になるので、

温めて一時的に痛みが 和らいだとしても、

日頃の重心バランスのまま 歩こうとすると、

また直ぐに 部に対しての負担が積もりに積もり、

強いダメージが ぶり返してしまうと言う訳です。

かと言って、痛みが再び頭を擡げて来た時に、

もう一度湯船に 浸かろう、というのも手間です。

じっくり湯船に浸かった後、しばらくゴロン、と

過ごしたりして、身体が冷めて来る頃に

痛みが ブリ返して、もう一度お風呂に

入ろうと思っても、その頃には浴槽のお湯も

冷め気味で 再び温めなければ なりませんし、

なによりも、身体を温めるために、

もう一度お風呂に入ろうとする事が 腰を

痛めている場合には かなり大変な作業に なります。

なので、湯舟以外の方法で 身体を温める事を

考えた方が良いのですが、

身体全体を温めるよりもが痛いならを、

膝が痛いなら 膝をピンポイントで温めた方が

効率的です。

これには、わざわざ専用の器具などを買わなくとも、

電子ポッドなどで お湯を作り、

水を軽く混ぜつつ、素手で触れるくらいの温度にしたら、

そこにタオルを入れてギュッ、と絞り、ホカホカな

状態のタオルを 痛む患部に充てるだけで、

充分に血行を 促す効果が期待できます。

とは言え、10分程度もすれば、タオルは冷えてしまうので、

その都度 同じ工程を繰り返す手間があるのが、

この方法のウィークポイントです。

家庭用温熱治療器の場合には、一度入手し さえすれば、

後はゴロン、とリラックスしたままで

患部を温められるので、疲弊した脊柱起立筋を温めて

血行を促進し、解す効果を 期待できます。

手間を無くそうと思えば、結局、専用アイテムを

使用した方が効率が良いのですが、

手間が掛かっても気にならない、という方の場合には、

タオルを温めて 患部に充ててみましょう。

温熱治療器で血液の流れを促す→

杖2本を使い椎間板ヘルニアなどで痛む腰へのダメージを軽減する

日々の忙しさや 加齢により、どんどん

疲弊して行く身体全体と 足腰関節部位。

痛みや違和感を感じた最初期の段階で

整形外科ペインクリニックなどに

通院出来れば 完治も早いかと思いますが、

繁忙期だったり、なかなか外せない用事が

続いたりすると、思い通りに通院出来なくて、

結果的に どんどん悪化してしまう。

そうした悪循環で、日に日に自身で

自覚しながらも、痛みの度合いが

増して行く関節部位は、ついに自然の治癒力では

どうしようも無い程に 痛みが強くなってしまい、

とうとう足腰関節サポーターなしでは

仕事は おろか、日常生活にも支障を

来すほどに 悪化の一途を辿ってしまいます。

まさに、私自身が こうした立て続けに起こる

悪循環の波に飲まれて 関節サポーター

杖に よる支え無しでは 歩行も出来ない程に

足腰を悪くしてしまいました。

そうした時に、に依存する あまり、杖に

頼りっきりの生活が

ずっと続き 身体のバランスが偏り 更に

痛めてしまいました。

それは何故か?というと私の場合、足腰に加え、

右肘も痛めていたので、

生活のほとんどを左手に持ったの支えを

頼りにしていた為、

身体の重心が左寄りになっていたので、

一方に負担が掛かり過ぎていたのです。

そうした崩れたバランスで日々を過ごして居ると

片側だけで無く、不自然な体勢で居る

もう片方のも結果として、

痛めてしまったのです。

その後、右ひじの痛みを我慢しながら右側に

を持って生活しても 同様で、

今度は右側に重心が偏った為に、右腰を

更に痛めてしまい、

その痛みが左右のに留まらずに股関節にまで

影響を及ぼす様に なってしまったのです。

股関節を痛めてしまうと、重心移動が

スムーズに行えなくなってしまい、

上半身、下半身との連動が上手く行え無くなり、

1歩1歩の歩行時の衝撃をガッツリと

足腰で受け止める様になり、更に足腰

ダメージを抱える様に なってしまいます。

ですので、私の経験上、杖1本で日々過ごすよりも

杖2本を日常的に使用した方が

足腰への衝撃を 和らげる事が出来ると思います。

2本使う場合は、地面との接地面が多い

多点杖よりも 1点杖の方が良いかと思います。

2本使うと 杖と杖の間を身体が通るので、

多点杖の場合には、足元が引っかかってしまう

恐れがある為、1点杖の方が転んだりする危険が

少ないかと思います。

2本杖の場合には、重心が一方に偏る事も

少ないので(場合によっては偏ることも有りますが)

重心は どちらかと言うと、前に傾いているので

前方に向かう上では 左右にブレる事が

あんまり無いので、足への過度な負担を

避ける事が出来ます。

杖を2本使い身体のバランスの崩れを防ぐ→

クタクタに疲れて帰宅した後の身体のケアが足腰の痛みを抑えるのに大事

日常的にクタクタになるまで稼働して

グッタリしながら帰宅して、ほんの少しの

自由時間もお風呂やご飯を食べただけで

あっという間に過ぎ去ってしまい、

気付けば就寝して翌朝に備えなければ

ならない時間帯に。

という毎日を繰り返していると 身体を

充分に休める事も出来ずに、疲労が

一方的に積もり積もるだけで

全身の重苦しさや 首の張り・肩こり、

そして足関節痛へと繋がって行って

しまいます。

身体の疲弊は身体からの警告のシグナルと

して受け止め、なるべく早い段階で

対処したいものです。

対応が遅れれば遅れるだけ、身体全体の

怠さや関節部位の痛みは強くなってしまい、

ひどい場合には私の様に杖無しでは

歩けなくなってしまいます。

そんな私の経験から怠い日々が長く続いたり、

痛みや違和感を感じ始めた段階で速やかにペインクリニック

整形外科に行くのが その時点での最善の選択で

あると思います。

しかし、週に何日も通院するのは なかなか

大変ですし、多くの場合 週2日も通院出来れば

良い方だと思います。

ここで問題となるのは 通院が必要になる程

身体への負担が大きい毎日を過ごして居るのに、

週2日の通院で充分な治療効果が出るのか?

という事です。

しかも自分の身体の状態に合った適切な治療、

リハビリを行えて貰えて居るかどうか、は

数日~数週間経過しないと分かりませんし、

実際に私は自分の状態に合っていない治療だと

感じる事が何度もあったので、

(一向に足の状態が良くならない)色々な

整形外科を転々としました。

自身にとって適切な治療・リハビリを施して

くれている病院に出会えた事を前提として

書いて行きますが、

やはりそれでも 行けて週2回の治療と言うのは

日々受けるダメージの方が大きくて 治療期間が

長引いてしまう恐れがあります。

つまり、足腰の治療に対して1回の通院で20分~

長くて30分程の治療を行っても 日々過ごして

行く内に

それ以上のダメージを蓄えてしまうという事です。

ですので、大事なのは治療時間以外の日常生活の

中で如何にダメージを抑え、上手にケアをしながら

日々過ごして行くか?という事です。

基本的な対策として 痛みが出始めた時や強く出た時は

炎症を起こしていたり、熱を持っているので

その影響で血流が高まってしまっているので、

痛みがガンガン響く訳です。

ですので、そういった際には まず氷などで冷やして

熱を抑える。という事が第一優先です。

そして合間合間に冷やし続けて2日~3日程もすれば

熱が引いて 腫れも落ち着いて来るので

今度は筋肉が硬くなってしまっていたり、血流が

鈍くなってしまっているので、冷やす対処法とは

反対に 暖めて血行を促進させる事が大切になります。

そうした時のアイテムとして簡単に処置出来るのが、

家庭用の温熱治療器なのですが、

痛む患部に覆う様にしてスイッチをONにするだけなので
本当に簡単ですね。

家庭用温熱治療器で痛む患部を簡単に温める→