「足底筋膜炎」カテゴリーアーカイブ

痛む指先を支えるテーピング

日常生活を送る上で 日々の労働やスポーツにより

足腰関節に過負荷が掛かり続け、ストレッチ

マッサージ等のアフターケアが充分に行われていないと

毎日毎日過労が蓄積して行く一方で その関節部位や筋肉の

疲弊が やがて痛みへと転じてしまうと 仕事はおろか

何気ない日常の動作にも影響が出始め、不便さを

感じる様になってしまいます。

膝関節などガッツリ体重を受け止めている部位が

痛むと 大変不便な思いをするのは

想像に難くないのですが、腰などの大きな部位では
無くとも、痛めてしまうと 非常に歩行など

日常の行動に大きな影響を及ぼしてしまう部位が
あるのです。

それが親指関節の痛みです。

例えば ボールを蹴った時や、つま先が引っ掛かって
転んだ時、全速力で走る時に 力強く踏み出した

つま先にガッツリと負荷が乗っかった時、

親指関節、親指の付け根を痛める原因やタイミングと
言うのは 人により様々ですが、

小さな部位だけに軽く考えてしまいがちですが、
1歩1歩の歩行時にどうしてもダメージが生じてしまい、

その蓄積により更に悪化したり、あるいは痛いから、と
足先に体重が乗るのを避ける様に重心をズラしながら歩く様に

なってしまうと、別の部位が その分の体重を受け止める様になるので、

当然、通常より多く体重を受け止めるようになった筋肉は疲弊し、

やがて その筋肉からも痛みが生じる様になってしまう、

と言う悪循環に陥ってしまうので、『足先の痛みだから大した事ない』

などと思わず、きっちりと完治させる事をおすすめします。

足の親指を歩行の都度 生じる負担から守ろうとすると

素早く対応できるのはテーピングで固定する事ですね。

親指を反らすと痛む、と言う場合には靭帯が断裂してしまって居る

事も考えらえるので、テーピングで固定して親指の屈曲や反る、

という動きを防いでしまうのです。

必要なものは25㎜のテープだけで、テーピングの方法も

非常にシンプルなので、親指が痛い場合には直ぐにでも貼って

足先を守りましょう。

足の親指の様に歩行する度に どうしても屈曲して、

その都度痛みが生じてしまう箇所には、

テーピングで固定してしまい、動きを制限してしまうのも
一つの手ですので試してみて下さいね。

足の親指の様に、小さな部位は それに適したサポーターを
探すよりも、テーピングでクルッ、と巻いて固定した方が

手っ取り早いですし、且つ、自身の身体にピッタリ合った
程良い締め付け感で固定できるので、お勧めです。

痛む指を支えるテーピングテープ→

足底用ストレッチアイテムで足底筋膜炎を和らげる

毎日の労働や加齢などで足腰に疲労が蓄積し、身体の重さや

怠さ、倦怠感が積もりに積もり いつしか痛みとなって足腰に

現れてしまいます。

それでも尚、疲労感や痛みの対処を後回しにして、

忙しい日々の中に身を投じ続けてしまうと

痛みは更に強くなり 仕事はおろか、日常生活にも大きく

支障を来してしまう様になります。

なので足腰に痛みを感じた段階で整形外科を受診し

専門的な治療・リハビリを

受け、少なくとも数か月以上の通院生活が

始まってしまいます。

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、別日にMRIを撮ったり 主治医の指示に

従い 少しづつ治療・リハビリを行って行くため、

かなり時間が掛かりますし、その時々の治療が

自分に効果が無い、と感じたならば直ぐに

次の通院日に主治医に告げて 別の方法を

考えて貰わねばなりません。

日常生活の中で 特に意識せず過ごしていても

上体の前傾、後傾、捻りなどの動作は

自然と行ってしまうので、身体の中でも腰椎に最も負荷が

掛かるのですが、腰椎以外にも負担が掛かり易い部位といえば、

股関節、膝、足首などの下半身ですね。

そして更に、その下に位置する足底は365日常に負荷を

受け止め続けていると言っても過言では無いので、

知ら無い内に強い痛みを抱えている場合があります。

身体の疲弊と足底の疲弊は勿論、直結しているので、

身体全体が重苦しさを感じたら

足底の疲労感も気にしてみましょう。

この足底の痛みの原因は、足底筋膜炎という症状で、

踵から土踏まずに向かって伸びる筋膜が

炎症を起こしている状態です。

なので、べったりと足裏を地面につけた状態では踵から

伸びる筋膜がピン、と張って緊張状態にあるので痛みが

発生してしまいます。

この足底筋膜炎の辛いのは、痛みを抱えている

本人以外は どれほど痛いのか視覚的に分からない点と、

歩き始め、動き始めの始動時は、強い痛みを感じるのですが、

動き始めて5分、10分と経つごとに足裏の血行が促進され

筋膜が解れて痛みが一時的に和らいでしまう点です。

なので、周りの人からは『大した痛みじゃ無いじゃん』とか

『大げさに痛がっている』などの見方をされ、

整形外科ペインクリニックを受診しに行く きっかけすら

切り出せずに、我慢して労働を続けて行く内に

状態が どんどん悪化してしまう最悪の流れになって

しまいがちです。

『我慢出来てしまう』痛みだからこそ、対応が

後手後手になり、我慢しながら日常生活を送って居る内に、

あちこちに痛みが拡散されてしまうのが この足底筋膜炎

最も恐ろしい点です。

足底を庇いながら歩いていると、身体の重心バランスが

崩れたまま、日々を過ごす事になり、

その影響が足首、膝関節、股関節、腰と出始めると、いよいよ

歩行困難の状態となり、

大変不自由な毎日を過ごさざるを得なくなってしまいます。

なので、早い段階で対策を施したいところですが、

先程も書いた様に、踵から伸びる筋膜が炎症を起こしていて、

脚が地面に触れ、ピン、と伸びるて負荷が掛かる度に

痛みが生じるので、これを和らげる為にストレッチを

小まめに行いましょう。

要するに、張り詰めっぱなしの足底の筋膜を、ストレッチで

伸ばして緩めるのです。

緊張状態が持続するほどに、痛みが増幅してしまうので、

敢えてストレッチで伸ばしたり、縮めたりする事で

足底に緩急をつけて痛みを緩和するのです。

なので、ちょっとしたストレッチ用のアイテムを活用して

楽に踵から土踏まずの辺りまでを伸ばしましょうね。

ストレッチアイテムで足底筋膜炎を和らげる→

日常生活で足腰への負担を軽減する

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって身体が

疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて足腰に痛みとなって反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも日常生活にも支障を

来してしまいます。

そうした時に、何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを施したり、どうにか対策をすると思うのですが、

足腰の痛み対策には路面状況や天候、季節ごとの

気候なども考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

杖を支えにしていても、足への負担は避けられません。

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰を支えてくれる

アイテムという事を考えた時に 杖の存在は欠かせません。

特に坂道・傾斜に関しては、どうしても路面の

角度に合わせて足底を地面にピッタリと

付けなくてはならないので、足首が痛い場合や

足底筋膜炎の足には非常にツラい障害物になります。

また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、

あるいは、別の原因で腰が痛む場合にも、

坂道や緩い勾配による大きなダメージを避ける事は難しいです。

ダメージが溜まれば溜まる程、検査と治療を並行して

何度も経過を診つつ行う為、

数週間~数か月は掛かってしまいます。

その間に主な痛みの原因を特定できた場合には

腰部神経根ブロック注射を打ったり、腰の牽引、

超音波治療や電気治療、マッサージ温熱療法など

様々な治療・リハビリを行って行くのですが、

そうして日々を過ごしている間にも、日常生活の中で

足腰に負担が掛かり続け、ダメージが日々蓄積して行くので

通院の度に自身の状態を医師に確認しつつ、日常に

おいては、関節サポーターなどを使い、

痛みを少しでも和らげる工夫が必要です。

脚や腰の状態が悪化してしまうと、間欠跛行の様に、

途中で歩けない程、痛みが強くなってしまうので、

合間に休憩を挟む必要があったり、と腰部の

痛みだけでも 関節サポーターの支えだけで無く、

杖を日常的に使用したり、自宅用の温熱治療器

温めたり、室内の場合は、室内用の杖で歩行したり

あるいは、室内用手すりで歩行を支えたり、

寝る時には 腰に負担が掛から無い様に

体圧分散マットレスにしたり、

と日常の中で様々な工夫が必要になります。

足腰を痛めてしまうと、非常に不便な日常生活

送る事になり、

辛い毎日を送る事で 思考もネガティブになりやすいので、

少しでも状態が良くなって来たらジョギングウォーキング

軽い重量でウエイトトレーニングを行うなど、身体を動かす事で

精神的にも気分を晴らす事をお勧めします。

4点で支える安定感のある杖で足腰を守る→

痛む足腰を支える為に杖を使っていると、以外と痛みが蓄積する肘関節

毎日毎日 朝早くから 夜遅くまで、
忙しく動き回っていると、

徐々に 身体全体に疲労が蓄積して行き、

怠さを感じたり、身体の重さから
意欲減退に 繋がったりします。

しかし、それでも 生活の為に休む訳には行かない!

と、歯を喰いしばって また朝 早くから夜まで
忙しい1日を 繰り返す。

すると、身体全体だけでは無く、足腰関節部位に
ピンポイントで 痛みが生じたり、

足底に 炎症を起こして 1歩1歩 足を踏み出し、
歩く度に 激しい痛みが 襲って来る様に なります。

この腰部の脊柱起立筋の痛み、そして 足首から先の
踵から 土踏まずに 掛けての腱が

炎症を起こしてしまうと、仕事は勿論、
日常生活に おいても、非常に不便を

強いられてしまいます。

足腰腰痛サポーター股関節サポーター
膝サポーター足首サポーターなどの

各関節部位専用サポーターが あるので、ある程度の
痛み・衝撃を 緩和する事が 出来ますが、

足底の炎症による痛み『足底筋膜炎(足底腱膜炎)』は
関節サポーターを グルッと巻く、というのでは 無くて、

日常的に杖を使用して 足が地面に触れる際の
衝撃を 多少弱めたり、

両脚と杖を使う事で 足と杖の3点に、体重を分散させて
騙し騙し歩いたり、

あるいは 靴底インソールを用いて、足が地面に
接地する時の クッション性を 強化する位しか

対処法が無いので、非常に厄介なのです。

ですので、足腰の痛みや 足底の痛み・違和感を
感じたら、速やかに 整形外科やペインクリニックに行き、

状態が 現状より悪化する前に、対策を施すのが
最善の選択だと 思います。

この、足底筋膜炎から、膝関節の痛み、股関節の痛み、
腰の痛み、と 上に行くに連れて、

益々、杖で身体を支える、と言う事の比重が大きくなり、
脚の負担ばかりに気を取られていると、

意外と、肘関節にジワジワと痛みが 溜まり始めてる事に
気付け無かったりします。

杖を使用している以上、身体を支える上で 負担が掛かって居るのは、
足腰だけではない、と言う事を意識してみると、

肘関節や肩にも少しづつ、負担が溜まっている事に気づくと
思います。

肩は ともかく、杖を使用する上で 肘関節が痛み出しては、
非常に厄介です。

杖をつき、足を踏み出そうと 体重移動する際に、必ず肘関節に
負担が掛かってしまうからです。


肘関節に対しては 肘関節サポーターや、皮膚に直接塗布する
塗り薬などで 炎症を抑えたりなどの処置が有効ですが、

やはり、最も効果的なのは ペインクリニックなどに行き、
痛む肘関節に ブロック注射などを 施して貰う事だと思います。

痛む肘関節に塗る事で痛みを和らげる→

足腰関節痛は痛みを感じた段階で処置をする事が重要

多忙な毎日を送り続け、過労から身体全体の重さや
怠さが生じ、そこから更に足腰関節部位に

疲労が積み重なり

やがて痛みが出始めて それでも忙しく
日々過ごしていると益々身体に不具合が生じ、

杖を日常的に使用したり、各部位関節サポーター
常時装着したり あるいは通院する時間が無い場合には、

自宅で遠赤外線治療器マッサージ器で少しでも
時間があれば身体を労わるのに時間を

割く様になります。

私は痛みを感じた段階で多忙な日々のあまり
整形外科やペインクリニックに通院する事が出来ずに、

どんどん悪化してしまったので足腰に
痛みや違和感が生じた初期の段階で速やかに

通院する事をおすすめします。

悪くなればなる程、実際に治療を開始してから
完治するまで時間を要してしまうので

出来るだけ早く対策を施す必要があります。

一度足腰の何処かの部位を痛めてしまうと、
自然とその部位を庇う様に一方に重心を

傾けてしまいがちになります。

すると身体のバランスが片側に寄った状態で
日々を過ごす事になり、

その様な日々を数日~数週間ほど過ごすと
重心の偏りから身体のバランスの崩れに繋がり、

痛めていた側の部位よりも重心を寄せていた
元々痛みを感じていなかった側の健康な足腰に

痛みが生じてしまいます。

ですので こうした事態を防ぐ為にも 治療や対策は
早ければ早いほど 悪化を防ぐことが出来ます。

足腰を悪くした際に日常生活で何がツラいかと言うと、

近所のスーパーへお買い物に行く時に歩道の段差や
車が出入りする為の浅い傾斜・勾配がある度に

足腰への負担が強く掛かりますし、

外に出なくとも朝目を覚まして起き上がる際や
立ち上がる時、トイレに行こうと歩き出す際、

朝食を食べようとテーブルに着席する際など、

痛める前は何とも無かった動作の1つ1つに
苦痛が伴い忍耐の日々を強いられます。

日常では どの動作が最もツラいか、そして動作を
行う頻度が高いかというと恐らく

立ち上がる動作だと思います。

足腰に力を入れて踏ん張る事が必要になる為、

例え杖などを 支えにして立ち上がろうとしても
どうしても痛みが伴います。

しかも立ち上がろうとするときはアキレス腱などにも
負担が生じてしまうので立ち上がる頻度は高い上に

その都度 痛みが伴うので非常にツラい毎日を
送らざるを得なくなってしまいます。

腰(脊柱起立筋)の疲弊から痛みに繋がったり、股関節、膝、足首、アキレス腱、足底筋膜炎など、
痛みが発生したら その部位事態の悪化を防ぐ意味合いや、

その周辺の関節部位に痛みが拡散されないように、という
意味合いも込めて 日々の対策と1日の終わりに行う

マッサージ温熱治療器によるアフターケア
とても大事です。

足底筋膜炎は最も厄介な痛みとなり得る

日々忙しい生活を送っていると
知らず知らずの内に足腰に疲労が蓄積して

いつしか強い痛みとして関節部位に現れ始まます。

足腰の痛みとは、腰、股関節、膝、足首
そして足底に現れ日常の自由をかなり

制限されてしまいます。

これらの痛みの中でも私が経験した中で
最も日常に支障を来す厄介な痛みとなり得るのが、

足底の足底筋膜炎(足底腱膜炎)なのです。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)というのは
踵から足の指の付け根までの足の裏の腱が炎症を

起こして小さな断裂により痛みが発生している、

という状態なのですが、『小さな断裂』
『足裏の腱の炎症』この2つのフレーズだけ

聞くとそんなに痛がるほど大げさな物じゃ無い。

大したこと無い。と感じるかも知れませんが、
日々蓄積して行き朝 目を覚まして

起き上がろうとしても足底の腱が炎症を起こしている為、
立ち上がる事も出来ず、トイレに行くにも

ハイハイの様に四つん這いで移動せざるを得ない。
そして厄介なのが動き始めは凄い痛みが生じるけれど、

動き続けている内に血流が高まって 解れてくる為か
ある程度痛みが治まって来るのですが、

丁度その位のタイミングで休憩時間になり、
休憩明けに再び動き出そうとすると、

また朝の起床時と同じ様に鋭く強い痛みが発生して振り出しに
戻ってしまいます。

休憩ごとにこのサイクルを繰り返して、
しかも痛み・疲労は毎日、毎時間積み重なり続けて行くので

足底筋膜炎を放置していると、私の様に杖なしでは
歩行も出来ない身体になってしまいます。

結局この様な状態で日々生活を繰り返してると
足底を庇いながら歩く様になる為 足底を庇いながら

歩こうとすると身体全体の重心バランスが崩れ、腰を始めとする
股関節や膝関節、足首関節へ無理な負担が掛かる事から

あちこちに痛みが拡散されてしまいます。

そうすると今度は腰の筋肉である脊柱起立筋が過剰に

疲弊しない様にを庇いながら、あるいは股関節を庇いながら
日常生活を送る事になり、腰や股関節を庇いながら

日々生活する事で 重心の崩れから また別の部位まで
痛み出す事になる悪循環に陥ってしまうのです。

先ほど、『最も日常に支障を来す厄介な痛みとなり得る』
と書きましたが、この流れで私自身 歩行困難の状態にまで

悪化してしまったからです。

この身体中のあらゆる部位を痛め得る可能性を秘めた足底筋膜炎
悪化を防ぐために有効なのが 足底のストレッチであったり、

温熱療法で温めて血行を促す事であります。

ストレッチにしても温熱治療器による温熱療法にしても疲弊して
硬くなった筋肉部位を解す効果があり、

筋肉を解す事で血流も正常に近くなり 血流が巡り出すと
筋肉内部に留まり痛みの原因になる 乳酸・老廃物の

体外排出に有効なのです。

なので家庭用の温熱治療器で気軽に足裏を温めて
みてくださいね。

足底の血流促進に効果的な温熱治療器はこちら→

足腰の痛みには温熱治療で対処する

足や腰が痛いと寝起きにトイレに行く事も、
座る事も立ち上がる事も歩行もツラいし大変です。

整形外科に定期的に通院しても一朝一夕に
治るものでは無いですし、日常的なケアが
大切になります。

日常生活で神経を使う所と言えば、平坦な道は
もちろん、階段・段差の上り下りや坂道・歩道の傾斜、

抉れたアスファルト、脚のバランスが安定しない
砂利道、あるいは杖ゴムが少しでも削れていた場合、

スーパーにお買い物に行った時にツルツルの
コンクリートの床で杖の支えが効かない時などなど・・

何かと足腰に負担が掛かる場面が多いですが、
こういった負担や衝撃を緩和・軽減する手段として

腰サポーター股関節サポーター膝サポーター
足首サポーターなどがあり、

これらを組み合わせて有効に使えば何もない状態で
歩くよりも大きく負担を減らす事が出来ます。

足腰の痛みという物は悪い事に一か所痛む部位があると
其処を庇う様に歩き続け、それを繰り返していると
日常生活において

あちこちにダメージが蓄積して行ってしまいます。

膝が痛めば もう片方の足に重心が乗りがちになり、
今度はそちらの足に痛みや違和感が生じ始めてしまい、

その新たに痛みが出始めた所を庇う様に歩いていると、
いつの間にか足首だったり、股関節や腰が痛んで

酷い場合には元々の箇所より庇ったが故に変に
ダメージが蓄積し腰や股関節などの方が

強く痛むようになったり・・。

足腰に痛みが生じると立ち上がるのも歩くのにも
痛みが襲って来て とにかく忍耐を強いられる事に
なります。

そういった事を避ける為に足腰の何処かが痛み出したら
例え軽度で痛みがそれ程強くなくても速やかに

整形外科や整体などを受診する事が最善の
選択だと思います。

しかし、通院しても1日2日で治るという事は
難しいと思いますので、病院以外での日常生活の中で

如何に腰部(脊柱起立筋周辺)の疲弊や痛みの蓄積・
ダメージを少なく過ごし、次の通院に備えるかが
大切になって来ます。

まず関節部の痛みには急性期と慢性期とがあり、
急性期と言うのは捻挫などで痛みが出始めた時、

慢性期と言うのは炎症が治まり熱も引き始めたけれど
ジワジワ痛みが続いている段階を指します。

急性期は炎症により痛む患部に熱や腫れが起こり
血流量が増加しているため、冷やす事が大切になります。

冷やす事で血流量を抑え腫れも徐々に鎮める事が
出来るので最初期の対処法として とても重要です。

そして3日ほど暇を見て冷やし続けたら今度は腫れと
炎症が引いて行き、ジワジワと痛みが続く慢性期に入ります。

今度は筋肉が硬くなり血流が悪くなっているので
温める必要があります。

しかし、温めるといっても病院に行くのも容易では
無いのにどうすれば?という方にも安心の

自宅で行える家庭用の温熱治療器と言うアイテムが
今時は存在し、割りと気軽に入手できるのです。

痛む身体を温める温熱治療器はこちら→

足底筋膜炎が痛みだしたら腰も同時に守る

来る日も来る日も絶えず忙しい時間を過ごしていると
毎日のノルマに追われ 碌に身体を休める暇も無ければ

時間が無いあまり 身体のケアも後回しにして
しまいがちです。

しかしながら、忙しい日々の合間を見つけて
少しづつでもストレッチをしたり、マッサージを
するなり疲労で凝り固まった身体を伸ばしたり

揉み解したりしないで そのままの状態で忙しい日々に
身を投じ続けると 身体の疲労感は爆発し、

それが元で身体の重さ・怠さ・倦怠感が生じてしまい
何事にもやる気や意欲を失ってしまいます。

その様な身体全体に疲労感が現れた状態で尚も
忙しい日々の中に身を投じると 全体を包んでいた

疲労感は足腰関節部位に強い痛みとして
現れ始めてしまいます。

あるいは杖を使ったり、自宅でマッサージ器
温熱治療器を使い痛む患部を直接癒したりなどの

対策法が挙げられますが、過労が溜りに溜り
痛みが生じるのは何も関節部位だけではありません。

身体が疲労しても更に疲れを溜め続ける事で 足底にも
ダメージが蓄えられてしまうのです。

日常で『歩く』という動作は 毎日のように行うので
歩数が多いとその分疲れが溜まりますし、

身体全体の疲弊と言う身体からの警告サインへの対処を
後回しにしてしまうと 容赦なく足底の痛みが爆発して
しまいます。

足底の痛み、所謂『足底筋膜炎』という症状ですが、
踵付近から土踏まずの方向へと伸びる筋膜が炎症を
起こしている状態の事です。

足底の痛みというと実際に痛めた人以外には視覚的に
分りづらい為、物凄く痛がっていても理解されない事が
圧倒的に多いです。

骨が折れて居たり、打撲などで青くなっていたり、
発熱で腫れ上がって居たり等、他者から見て一目で

身体に異常が現れている。と視認できる状態とは異なり
ただ足底筋膜炎を患った者だけが足を引きずりながら
歩いたり、

動き始めに苦痛の表情になって居たり、と言う『だけ』なので
第三者からは『大げさに痛がっている』『気の持ちよう』

などで済まされてしまいます。

ここが非常に辛いポイントで、視覚的に分かりづらいため、
『痛くてどうしようも無いから病院に行きたい』

という訴えさえ忙しい職場だと通らないこともあります。

病院に行くきっかけを貰えない場合には、その状態で無理して
稼働し続けなければならず、無理して稼働すればする程

足を庇いながら動き続ける事で身体の重心バランスが崩れ、
足底筋膜炎だけでは済まずに、足首、膝関節、股関節、腰へと
痛みが広がっていってしまいます。

これが私が思う足底筋膜炎の最大の厄介な点で、早い段階で
処置をしないと身体のあちこちに痛みが広がり、やがては
歩行困難という事態にまでなってしまいます。

そうした時に足首サポーターをキツめに巻いたり、厚めのサンダルを日常的に履いたり、などの対策が日常において
大切です。

この時に気を付けたいのは、足底を庇いながら歩む事で
腰にも強烈な負担が生じている事を忘れない様にしたいです。

私の場合、実際に足底筋膜炎の対策ばかりしていたら、
結局一番痛みが強い箇所は過度な脊柱起立筋の疲弊により
腰部になってしまいました。

なので、足首サポーター厚めのサンダルで守ると同時に
腰痛サポーターを日常的に装着して日々生じる負担を
軽くして下さいね。

腰を守る幅広サポーターはこちらから→

路面状況によって足腰のダメージも大きくなる

日々忙しく動き続けていると いつの間にか身体中に
疲労が広がり、それでも尚 身体を酷使し続けていると

身体を包む疲労感は足腰関節部位への痛みへと転じ、
仕事はおろか 日常生活に多大な影響を及ぼす様になります。

肩、肘、手首などの痛みだったら まだその箇所を
使わない様に注意をすれば 余計な負担が掛かる事は
避けられますが、

こと足腰の痛みに関しては その余計な負担を避け続ける事は
難しいです。

何故ならば、体重が常に掛かり続ける部位であり、腰椎に至っては
上半身の動きにより 負担の度合いが大きく左右される部位であるので、

痛み、負担を完全に避けると言う事は不可能と言っても良いでしょう。

しかも足腰と言うのは、少しでも痛みが現れ始めてからが厄介で、
腰から下の何処かの部位が痛みを感じて、その箇所を庇いながら
歩く様に自然となってしまいますから、

今度は庇って歩いた事で元々痛みが無かった側の足腰にも負担が
蓄積して そちら側の部位にまで痛みが広がってしまうのです。

この様な状態になる前に、出来れば整形外科を受診し、治療を
受けた方が良いですが、基本的には要手術とみなされない場合には

保存療法で経過を見ながらジックリと時間を掛けて治すのが殆どなので
結局は日常生活の中で自身で痛み対策をして、

自身で足腰の痛みをどうにか軽減させないといけません。

とは言え、自身で行える対策と言っても、足腰各部位ごとの
関節サポーターを装着したり、あるいは杖を日常的に使用したり

それらの併用に加えて痛み始めには冷やしたり、腫れや熱が
引いてきたら温熱治療器で患部を温めて血行を促したり

もし、痛みに余裕があるようだとマッサージしたり、
ストレッチしたりなどが有効ですが、これらの内、あれもこれもを

行うのは中々大変ですので、足腰を直接的に衝撃から守る
関節サポーターと杖の併用が最も日常で備えやすい対策手段かと
思います。

そうして日常的に関節サポーターと杖で歩行によるダメージから
守りながら歩くのはとても有効なのですが、

しかし路面状況によっては必ずしも有効であるとは言い切れない
場面があるのです。

それがアスファルトがひび割れて居たり、抉れていたり、
あるいは砂利道を通らざるを得ない状況の時、

または階段・段差、坂道・勾配を避けては通れない時、
これからの季節は暫く大丈夫ですが、積雪があって路面凍結して
居る時など、

様々なシチュエーションで普段は万能とすら思える杖と
関節サポーターの併用が さほど足腰を守ってくれなくなって
しまいます。

とは言え、雪以外の状況の場合には何も装着していないよりは
足腰へのダメージは小さく抑える事ができるので、

痛みが日々強くなり続けるよりも、関節サポーターと
杖で可能な限り小さく留めた方が良いと思います。

これは殆どの場合、自宅周辺の路面状況次第で足腰へのダメージの
度合いも変わってくると言う事でもあるので、

出来るだけ平坦な路面に住んでいる方が足腰への負担が少なく済む、
と言う事でもあるので、足腰へのダメージを極限まで減らそうと思うのならば、

完全に平坦な路面状況の地域に引っ越すしかありません。

それは多くの人にとっては難しい選択でしょうから、少なくとも
関節サポーターとで日常的にダメージから身体を

守ろうとする事が平坦な路面の地域に住んでいない人にとっての
最善の足腰の痛み対策になると思います。

腰を覆い支える腰痛サポーターはこちら→

足底筋膜炎と足首の痛み

前回書いた様に、過労により身体全体が疲弊した時に
しっかりと休憩を取ったり睡眠時間を充分に取ったりして

1日1日の疲労を回復させる事が出来ないと疲弊は足腰関節部位への
痛みと変化し、仕事はおろか 日常生活にも非常に不便さを
齎してしまいます。

この時に怖いのは、足腰関節部位の痛みにばかり気を取られ、
人体の一番下に位置する足底の痛みに気づかない場合がある事です。

足底筋膜炎のみの場合は勿論、踵の辺りが痛むと認識しやすいですが、
あちこち痛みが併発すると、関節の痛みにばかり気を取られ

足底筋膜炎の症状に気づけないまま日々過ごしてしまうと、
当然ながら足底筋膜炎は日々悪化して行き、足底の異変に

気付いた時には要手術の状態にまで進行して居たら大変なので、
関節の痛みと踵周辺の筋膜の炎症による痛みとを見極める事も
大切です。

私の場合、足底筋膜炎を庇いながら歩く日々が続いた時に
足首に無理な負担が掛かっていたみたいで、同時に足首も

痛めてしまったので、その時点で歩くのが辛くなったので、
足首サポーター杖を使用し始めました。

平坦な路面ならばガッチリと締め付けて固定した足首サポーター
の併用が非常に足の負担を和らげるのに効果的でしたが、

ところが 歩道と言うのは常に平坦では無いので、どんなに
気を付けて庇って歩こうとしても足底や足首への負担は
避ける事が出来ません。

とは言え、何もしないよりは日常で生じるダメージを少なくする
事は出来るので まずはサポーターで痛む患部を守る事が最善の
選択だと思います。

ガッシリと締めて固定すると言う事は、足首の可動範囲を
制限する事になるのですが、平坦な道の場合には これはとても
有効な方法になります。

関節の可動があるからこそクッション機能が働いて、普段は歩行時に
痛みを感じずに歩むことが出来るのですが、

痛む場合は逆に関節の可動がある事で痛みが強くなってしまうので、
杖とサポーターの併用が前提にはなりますが、完全に固定して
歩んだ方がダメージが少なく済みます。

歩道は必ずしも平坦では無い、と書きましたが まさにこの
路面状況により 少しの傾斜・勾配があれば足首は傾斜の角度に
合わせながら歩まねばなりませんし、

その際にも上りは重心が後傾になりがちで、下りの時には重心が
前のめり気味になってしまうので、それを制する為に杖で身体を
支えつつ脚も多少は踏ん張るので、

この時に負担が強く掛かり、ちょっとした傾斜・勾配を過ぎた後に
強い痛みが足底や足首に残ってしまうのです。

歩道の状況を変える事は出来ないので、結局自身で防備を増強し、
身を守るしか無いのです。

痛みが強くなりすぎる前に意識して足底のストレッチを行ってみたり、
足首などの関節部位の場合には痛み初めには冷やし、

3日ほど経過して患部の熱や腫れが引いたのならば遠赤外線・温熱治療器で
温めたり等の処置も重要になります。

足底の痛み、足首の痛みというのは体重を直接的に支える部位であるだけに
慎重に適切な処置を施す事が大切です。

足底の血行を促す遠赤外線温熱治療器はこちら→