「足底筋膜炎」カテゴリーアーカイブ

路面状況によって足腰のダメージも大きくなる

日々の忙しさから疲労が蓄積し、足腰に

痛みとして反映されてしまう

日々忙しく動き続けていると いつの間にか身体中に疲労が広がり、それでも尚
身体を酷使し続けていると 身体を包む疲労感は足腰関節部位への痛みへと転じ、

仕事はおろか 日常生活に多大な影響を及ぼす様になります。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

肩・肘・手首などの痛みだったら、まだ その箇所を使わない様に注意をすれば
余計な負担が掛かる事は避けられますが、こと足腰の痛みに関しては

その余計な負担を避け続ける事は難しいです。

何故ならば、体重が常に掛かり続ける部位であり、腰椎に至っては上半身の動きに
より 負担の度合いが大きく左右される部位であるので、痛み・負担を完全に

避けると言う事は不可能と言っても良いでしょう。

体重増加で腰に掛かる負担が増えると痛みも増える

しかも足腰と言うのは、少しでも痛みが現れ始めてからが厄介で、腰から下の何処かの
部位が痛みを感じて、その箇所を庇いながら歩く様に自然と なってしまいますから、

今度は庇って歩いた事で元々痛みが無かった側の足腰にも負担が蓄積して そちら側の
部位にまで痛みが広がってしまうのです。

出来れば早い段階で

整形外科を受診したい

この様な状態になる前に、出来れば整形外科を受診し、治療を受けた方が良いですが、
基本的には要手術とみなされない場合には保存療法で経過を見ながらジックリと

時間を掛けて治すのが殆どなので結局は日常生活の中で自身で痛み対策をして自身で
足腰の痛みをどうにか軽減させないと いけません。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

とは言え、自身で行える対策と言っても、足腰各部位ごとの関節サポーターを装着したり、
あるいは杖を日常的に使用したり、それらの併用に加えて痛み始めには冷やしたり、

腫れや熱が引いてきたら温熱治療器で患部を温めて血行を促したり、もし痛みに余裕が
あるようだとマッサージしたり、ストレッチしたりなどが有効ですが、これらの内

あれもこれも行うのは中々大変ですので、足腰を直接的に衝撃から守る関節サポーターと
杖の併用が最も日常で備えやすい対策手段かと思います。

家で気軽に行うマッサージ手順
 
 
杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

そうして日常的に関節サポーターと杖で歩行によるダメージから守りながら歩くのは
とても有効なのですが、しかし路面状況によっては必ずしも有効であるとは

言い切れない場面が あるのです。

路面状況によって足腰へのダメージが変わる

それがアスファルトがヒビ割れて居たり、抉れていたり、あるいは砂利道を通らざるを
得ない状況の時、または階段・段差・坂道・勾配を避けては通れない時、これからの

季節は暫く大丈夫ですが、積雪があって路面凍結して居る時など、様々なシチュエー
ションで普段は万能とすら思える杖と関節サポーターの併用が さほど足腰を

守ってくれなくなってしまいます。

とは言え、雪以外の状況の場合には何も装着していないよりは足腰へのダメージは小さく
抑える事が出来るので、痛みが日々強くなり続けるよりも、関節サポーターと杖で

可能な限り小さく留めた方が良いと思います。

これは殆どの場合、自宅周辺の路面状況次第で足腰へのダメージの度合いも変わって
来ると言う事でも あるので、出来るだけ平坦な路面に住んでいる方が足腰への負担が

少なく済む、と言う事でもあるので足腰へのダメージを極限まで減らそうと思うの
ならば、完全に平坦な路面状況の地域に引っ越すしかありません。

それは多くの人にとっては難しい選択でしょうから、少なくとも関節サポーターと
杖で日常的にダメージから身体を守ろうとする事が平坦な路面の地域に

住んでいない人にとっての最善の足腰の痛み対策になると思います。

【幅広タイプの腰痛サポーターで腰をしっかりと支えて守る↓↓】

足底筋膜炎と足首の痛み/温熱治療器で温め緩和する

日々の疲弊で足腰関節に

痛みが生じてしまう

前回書いた様に、過労により身体全体が疲弊した時に
しっかりと休憩を取ったり睡眠時間を充分に取ったりして

1日1日の疲労を回復させる事が出来ないと、疲弊は足腰
関節部位への痛みと変化し、仕事はおろか 日常生活にも

非常に不便さを齎してしまいます。

この時に怖いのは、足腰関節部位の痛みに ばかり
気を取られ、人体の一番下に位置する足底の痛みに気

づかない場合が ある事です。

足底筋膜炎の痛みが強くなる路面/歩道の勾配

足底筋膜炎のみの場合は勿論、踵の辺りが痛むと認識しやすい
ですが、あちこち痛みが併発すると関節の痛みにばかり気を取られ

足底筋膜炎の症状に気づけないまま日々過ごしてしまうと、当然
ながら足底筋膜炎は日々悪化して行き、足底の異変に気付いた時には

要手術の状態にまで進行して居たら大変なので、関節の痛みと踵周辺の
筋膜の炎症による痛みとを見極める事も大切です。

【足裏の痛み】足底筋膜炎がツラい時は整形外科を受診する

私の場合、足底筋膜炎を庇いながら歩く日々が続いた時に足首に無理な
負担が掛かっていたみたいで、同時に足首も痛めてしまったので、

その時点で歩くのが辛くなったので、足首サポーターと杖を使用し
始めました。

傾斜・勾配を歩く時に足底と足首に

負担が生じてしまう

平坦な路面ならばガッチリと締め付けて固定した足首サポーターと杖の
併用が非常に足の負担を和らげるのに効果的でしたが、ところが

歩道と言うのは常に平坦では無いので、どんなに気を付けて庇って
歩こうとしても足底や足首への負担は避ける事が出来ません。

足首サポーターで固定して坂道、階段や段差も安心

とは言え、何もしないよりは日常で生じるダメージを少なくする事は
出来るので まずはサポーターで痛む患部を守る事が最善の選択だと

思います。

足首や足底の痛みを緩和

する為に温熱治療器を使う

ガッシリと締めて固定すると言う事は、足首の可動範囲を制限する事に
なるのですが、平坦な道の場合には これはとても有効な方法になります。

関節の可動があるからこそクッション機能が働いて、普段は歩行時に
痛みを感じずに歩むことが出来るのですが、痛む場合は逆に関節の

可動が ある事で痛みが強くなってしまうので、杖とサポーターの
併用が前提には なりますが、完全に固定して歩んだ方がダメージが

少なく済みます。

杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

歩道は必ずしも平坦では無い、と書きましたが まさに この路面状況により
少しの傾斜・勾配が あれば足首は傾斜の角度に合わせながら歩まねば

なりませんし、その際にも上りは重心が後傾になりがちで下りの時には
重心が前のめり気味に なってしまうので、それを制する為に杖で身体を

支えつつ脚も多少は踏ん張るので、この時に負担が強く掛かり、ちょっとした
傾斜・勾配を過ぎた後に強い痛みが足底や足首に残ってしまうのです。

歩道の状況を変える事は出来ないので、結局自身で防備を増強し、身を守る
しか無いのです。

痛みが強くなりすぎる前に意識して足底のストレッチを行ってみたり、足首
などの関節部位の場合には痛み初めには冷やし、3日ほど経過して患部の熱や

腫れが引いたのならば温熱治療器で温めたり等の処置も重要に なります。

足底の痛み、足首の痛みというのは体重を直接的に支える部位で あるだけに
慎重に適切な処置を施す事が大切です。

【温熱治療器を活用する事で足腰関節や足底の痛みも緩和する↓↓】

足底筋膜炎が痛み出した時の簡単な対処法

日々の疲弊感の蓄積から足腰関節が

痛み出してしまう

毎日休む間もなく労働や用事を続けていると、身体全体に疲労感が
どんどん溜まり続け身体は重苦しくなり、怠さや倦怠感を伴います。

その様な状態でも尚も無理して稼動し続けると、ある時から足腰に
痛みが現れ始めます。

足腰の痛みと言うのは非常に厄介で、日常で どんなに避けようと
思っても常に足腰には負担が掛かり続け、日を追うごとに

どんどん痛みは強くなって行ってしまいます。

関節部位の痛みとは別に脚には痛む要素が他にもあります。

それは足の裏、踵から伸びる筋膜である足底の筋膜が過度な

疲弊から炎症を起こしてしまう足底筋膜炎と言う症状です。

足底の痛み、と言うと何だか『我慢すればどうにかなりそう。』と
思ってしまいますが、ところが実際にこの症状が現れ始めると

歩くのも立っているのも辛くなってしまいます。

足底筋膜炎で痛む足を守るインソール靴底クッション

立っている状態と言うのは、当然ながら足に体重が強く掛かっている
状態なので、体重を支えようと足が負荷を受け止めてしまいます。

すると踵から伸びる筋膜がピン、と張り詰めてしまい強い痛みが
生じるのです。

血行が促されると痛みが落ち着くのが

足底筋膜炎の厄介な点

更に歩き始めると その途端に痛みが強く生じたり、かと思えば無理して
動き続けていると血流が促され足先まで活性化して痛みが和らいで

落ち着くので、そのサイクルが続いている間は『厄介な痛みだな』と
思っても放ったらかしてしまいがちです。

まさにこれが足底筋膜炎の厄介な点で歩き始めは激痛なのですが、しばらく
我慢して稼動している内に痛みが落ち着いてしまうので対処も後回しにして

しまうので、いつまで経っても治りません。

長引く足底筋膜炎の痛みも足底ストレッチで和らげる

それどころか、足底筋膜炎を庇いながら歩いている内に身体の重心バランスが
崩れ、膝関節や腰など別の部位に無理な負担が掛かる様になってしまうのです。

私の場合、足底筋膜炎から始まり膝・股関節・腰・足首と色々な部位を痛め、
遂には歩行困難な状態にまで陥ってしまったので足底筋膜炎は早い段階で

処置をするべきだと思います。

始動時に毎回激しい痛みが伴う足底筋膜炎

話は戻りますが、動き続ける事で血流が促され 一時的に痛みが落ち着くのですが、
10分~15分程度小休止して再び動き出すか、となった時にも 再び振り出し状態に

戻り、また動き始めの激しい痛みに襲われます。

それは お昼休憩の時にも午後の休憩の時にも同じで、休憩する度に稼働中は
落ち着いていた痛みが振り出しに戻るので動き始めは毎回 歯を食い縛りながら

痛みに耐える必要が あります。

ですので、こうしたサイクルを繰り返して居る内にあちこちにまで痛みが広がって
しまうのは避けられないので、なるべく早い段階で整形外科に行くなどして

対処した方が良いです。

整形外科への通院と同じくらい大切な日常での足腰のケア

とは言え、整形外科に行っても最初の内は湿布を貼ったり痛み止めで様子を
みたり、改善されない場合はブロック注射を打ったりなどの流れになるかと

思いますが、要手術の場合を除いては やはり自身で日常のダメージから
足を守る必要があります。

そうした時に役立つのが私の場合、足首サポーターや厚めのサンダルでした。

足底を守る時に厚いサンダルで歩行時の衝撃を和らげると言うのが最も効果的
でしたので試してみて下さいね。

【そこが厚めのサンダルで足底筋膜炎の痛みから足裏を守る↓↓】

靴底インソールを入れる事で足底筋膜炎の痛みを緩和する

毎日毎日 朝早くから夜遅くまで忙しく動き回っていると、
徐々に身体全体に疲労が蓄積して行き、

怠さを感じたり、身体の重さから意欲減退に繋がったりします。

しかし、それでも生活の為に休む訳には行かない!と、歯を
喰いしばって また朝 早くから夜まで忙しい1日を 繰り返す。

すると 身体全体だけでは無く、足腰の関節部位にピンポイントで
痛みが生じたり、足底に炎症を起こして1歩1歩 脚を踏み出し、

歩く度に激しい痛みが襲って来る様に なります。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

この足腰の痛み、そして足首から先の踵から土踏まずに掛けての
腱が炎症を起こしてしまうと仕事は勿論、日常生活に おいても、

非常に不便を強いられてしまいます。

足腰は腰痛サポーターや股関節サポーター、膝サポーターや足首
サポーターなどの各部位ごとの関節サポーターが あるので、

ある程度の痛み・衝撃を緩和する事が出来ますが、足底の炎症に
よる痛み『足底筋膜炎』は関節サポーターをグルッと巻く、と

言うのでは 無くて、日常的に杖を使用して脚が地面に触れる際の
衝撃を多少弱めたり、両脚と杖を使う事で脚と杖の3点に体重を

分散させて騙し騙し歩いたり、あるいは靴底インソールを用いて、
足が地面に接地する時のクッション性を 強化する位しか

日常で簡単に行える対処法が無いので、非常に厄介なのです。

【スポーツ用だから歩行時に生じる足底の衝撃・負担を
緩和してくれる/靴底インソールで足底筋膜炎から足裏を守る↓↓】

ですので、足腰の痛みや足底の痛み・違和感を感じたら速やかに
整形外科やペインクリニックに行き、 状態が現状より悪化する前に、

対策を施すのが最善の選択だと 思います。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形外科を
選ぶポイント/問診時に見極める

足底筋膜炎の病院での治療はブロック注射を患部に射すか、超音波器を
充てて、様子を見つつ、状態が良くならない様だと手術と言う選択に

なるかと思いますが、その結論に行き着くまでに数か月の間、安静状態に
して、過ごす事で痛みは緩和されていく、と言う場合も あるみたいなので、

焦らずに安静にして、足底に痛みを溜めない様に しましょうね。

安静にしている間も当然ながら、室内での数歩程度でも近所への
お買い物に ちょっと出掛ける時でも必ず足底への負担は

避けられ無いので、そうした時には先ほど書いた様に靴底インソールや
厚底サンダルでクッション機能を高めてから、歩いてみましょう。

靴底のインソールや厚底サンダルを履く事で
足底筋膜炎の痛みを軽減する

ブロック注射を患部に直接 射す、と言うのは非常に痛いのですが、
上手く効果が現れれば状態はマシに なると思うので、ブロック注射を

まず打って貰ってみて下さい。

医師が少し指先でグッと押しながら痛い位置を探すので、その時点で
物凄く痛いのですが 更に先端が尖った針を刺すのですから、最初は

ビックリする程の痛みに襲われます。

(私の場合、足底筋膜炎が かなり酷くなって居たので、ブロック注射を
しても、残念ながら効果を感じませんでした。(^_^;) )

【靴底に入れる事で足裏に掛かる衝撃・負担を軽減してくれる
スポーツ用の靴底インソールで歩行時の痛みを緩和する↓↓】

このアイテムなどを活用して足腰を楽にする事が日々の生活を楽にする

脚が張って、しょっちゅう自分で揉んだり

指圧して 揉み解してもらったり、脚の張りは

日常を送る上で、何かとツラいですし、

気になりますよね。

長時間のデスクワークで腰周りが疲れたり、

長時間勉強やパソコン作業をして、

同じ姿勢で居続けたり、普段の姿勢が お尻の

負担になる様な、座りっぱなしだったりで、

重心が腰・お尻に行ってしまうことで、脚・腰

周りに負荷が掛かり、それが結果的に

なかなか取れない脚の疲労や脚の浮腫みに

繋がってしまいます。

20代~50代以上まで親しまれている
男女兼用の姿勢矯正サポーター

長時間同じ姿勢でいると、どうしても同じ部位に

負荷が掛かり続けてしまい、

椅子上で微妙に 重心をズラしたり、なぁなぁで

騙し騙し負担の少ない重心バランスを探す事でしか

乗り切る術は有りません。

その間にも、臀部と腰周りで身体を支え続け、筋肉が

ずっと緊張状態を強いられます。

僧帽筋や脊柱起立筋を意識的に鍛えて姿勢を整える

すると、長時間の疲労で筋肉は強張り、固くなり、

それが原因で 血液の流れが悪くなり、

血行の不良が原因で 血液によって運ばれる栄養や

酸素が不足し、老廃物が排出されにくくなり、

それが積もりに積もり、浮腫みや張り、足腰の

痛みに繋がります。

血流の鈍りから腰痛になる理由

ですので出来るだけ普段から姿勢に気を付けたり、

休息時にはストレッチをして伸ばしたり、

緊張状態を解して和らげるのが張りや浮腫み・

痛みを軽減させるのに効果的です。

学びや労働は生きる上で大切ですので着座姿勢で

居る時間が長いからと言って、日常から省く事は

出来ません。

ですので、その時どういう姿勢で居るかを

意識したり、足腰周りの疲労が気に なったら、

その都度ストレッチして 足腰を伸ばして

労わって下さいね。

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ

そして症状が改善されなかったり、痛み・浮腫みが

酷いな、という時は病院に行くことを お勧めします。

会社から帰宅したら、疲れた身体を休める為に

ストレッチに時間を掛けて、身体全体を伸ばしたり、

あるいは、家に一台マッサージ器が あると、非常に

助かりますよね。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

しかしマッサージ器って場所取るし、ネット通販で

探してみたは良いけど、値段も そこそこで手が出ない。

と、仕事を終え、つかの間の自由時間にどう安らぐか?

を考えた時に選択肢から外してしまいがちな

マッサージ器ですが、普段 お使いの椅子やソファーに

座り、体重計程のフットマッサージ器に

脚を乗せるだけなので、かさ張らないし、

場所も取らないです。

マッサージ器本体を足元に置くだけで、ヒーター

機能内蔵のマッサージ器が 暖めながら足元を

快適に癒してくれます。

マッサージチェアやリクライニング
ソファーで足腰を楽にする

簡単設置で 重量も女性でも無理せず運べる約1.7kg

と言う2リットルのペットボトルよりも少し軽めなので、

如何に持ち運びが楽かが分かるかと思います。

この様に簡易な体重計の様な フォルムで ありながら、

電気治療が行える 進化した家庭用電気治療器で

足底に気持ち良くフィットするマッサージ部分で

快適に 心地の良い足元マッサージ。

そして、リモコンで簡単に操作できるので、ほんのり

温めながら揉みほぐし、1日働いて疲労した

足元の疲れを癒すのに非常に効果的な1台です。

気軽に1日の疲れを癒す事が出来る上に、約1.7kg

と言う軽量な足元電気治療器なので働いてクタクタに

なって 帰宅しても、パッと足元に用意できて、簡単

操作で マッサージ開始。

これほど気軽だから毎日続けられますね。

持ち運び・足元に設置するのも簡単ですし、使用後の

後片付けも 部屋の隅に置きに行くだけの数秒で行える

気楽さですので、日常の負担に なりませんし、足裏

だけで無く、足元に熱や伝導機能で血行を促したり、

負担の掛から無い範囲内で低周波を送る事で血液の

流れが鈍りがちな 足に血が巡り、結果的に血流が

促進されて行き、老廃物を体外に排出したり、代謝を

活発にするので、足元の浮腫みも徐々に解消されて行く、

と言う訳ですね。

仕事終わりで、ぐったりしながら帰宅して、気力も体力も

無い!という時にもシンプルで操作性抜群のリモコンで

快適な時間を過ごせます。

温めて解して、身体を労わって健康な毎日を過ごしましょうね。

家で気軽に行うマッサージ手順

歩行時にツラい足底筋膜炎の痛みを和らげるには?

毎日の労働や加齢などで足腰に疲労が蓄積し、

身体の重さや 怠さ、倦怠感が積もりに積もり

いつしか痛みとなって足腰に現れてしまいます。

それでも尚、疲労感や痛みの対処を後回しにして、

忙しい日々の中に身を投じ続けてしまうと

痛みは更に強くなり 仕事はおろか、日常生活にも

大きく支障を来してしまう様になります。

なので、足腰に痛みを感じた段階で整形外科を

受診し、専門的な治療・リハビリを受け、

少なくとも数か月以上の通院生活が始まって

しまいます。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、別日にMRIを撮ったり 主治医の指示に

従い、少しづつ治療・リハビリを行って行くため、

かなり時間が掛かりますし、

その時々の治療が自分に効果が無い、と感じた

ならば、直ぐに次の通院日に主治医に告げて、

別の方法を考えて貰わねばなりません。

日常生活の中で、特に意識せず過ごしていても

上体の前傾、後傾、捻りなどの動作は

自然と行ってしまうので、身体の中でも

腰椎に最も負荷が掛かるのですが、

腰椎以外にも負担が掛かり易い部位といえば、

股関節、膝、足首などの下半身ですね。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

日常の中で強く痛みやすい股関節/歩けば歩く程
痛みが強くなる

そして更に、その下に位置する足底は365日

常に負荷を受け止め続けていると言っても

過言では無いので、知らない内に強い痛みを

抱えている場合が あります。

身体の疲弊と足底の疲弊は勿論、直結しているので、

身体全体が重苦しさを感じたら足底の疲労感も

気にしてみましょう。

この足底の痛みの原因は、足底筋膜炎という症状で、

踵から土踏まずに向かって伸びる筋膜が

炎症を起こしている状態です。

なので、べったりと足裏を地面につけた状態では

踵から伸びる筋膜がピン、と張って

緊張状態に あるので、痛みが発生してしまいます。

この足底筋膜炎の辛いのは、痛みを抱えている

本人以外は どれほど痛いのか

視覚的に分からない点と、歩き始め、動き始めの

始動時は 強い痛みを感じるのですが、

動き始めて5分、10分と経つごとに足裏の血行が

促進され、筋膜が解れて痛みが一時的に

和らいでしまう点です。

足底筋膜炎で歩くのがツラい時に役立つ
ダメージ緩和アイテム

なので、周りの人からは『大した痛みじゃ

無いじゃん』とか、『大げさに痛がっている』などの

見方をされ、整形外科などを受診しに行く きっかけすら

切り出せずに、我慢して労働を続けて行く内に

状態が どんどん悪化してしまう最悪の流れに

なって しまいがちです。

『我慢出来てしまう』痛みだからこそ、対応が

後手後手になり、我慢しながら日常生活を

送って居る内に、あちこちに痛みが拡散されて

しまうのが、この足底筋膜炎の 最も恐ろしい点です。

足底筋膜炎からあちこちに痛みが拡散されるのを防ぐには

足底を庇いながら歩いていると、身体の重心バランスが

崩れたまま日々を過ごす事になり、

その影響が足首、膝関節、股関節、腰と出始めると、

いよいよ歩行困難の状態となり、

大変不自由な毎日を過ごさざるを得なく

なってしまいます。

足底筋膜炎を悪化させない為に 大切なのは、足底に痛みや

突っ張り感を感じた最初期の段階で、

整形外科などを受診し、治療・リハビリを受ける事です。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

整形外科で治療を受けているからと言って、それだけで

完治する訳では無いので、

私がいつも書いて居るように、日常生活の中で

如何に 痛み対策を施すのか、が重要に なります。

足底筋膜炎に とっての痛み緩和対策と言うと、

整形外科では湿布を貼ったり、ブロック注射を打ったり、

痛み止めを処方されたりで、それらが効果あるか どうかは、

人によって異なりますが(私の場合効果を感じませんでした)

私の経験上、足底筋膜炎で辛い思いをしている人の

多くに当てはまるであろう緩和対策としては、

普段の履物はクッション性能が高そうな分厚めの

サンダルを履く事です。

サンダルを履く、と言うのは 靴だと どうしても

窮屈感を感じてしまい、長めの時間履いていると

結局、痛みが強くなってしまう為です。

サンダルの場合、歩いている途中にでも 爪先の位置を

ズラしたり等の融通が利くので、

痛みだしたらサンダルの履き位置をサッと変えることが

出来る分、足にダメージが溜まりにくいのです。

そして、分厚めというのは1歩1歩足を踏み出して

地面に接地した段階で、

衝撃が生じるのをクッション性能で最小限に

留める為です。

私としては 以上の点から分厚めのサンダルが

一番良いと思うのですが、

靴を履く場合でも 1サイズ大きめの靴を選択すれば

窮屈さが生じるのを防ぐ事が出来ます。

靴の場合、今どきは相当研究が進んでいて

ウォーキング用、マラソン用など、

靴底インソールの性能が非常に衝撃を

分散させるのに特化した構造になっており、

厚めのサンダル以外の履物だと、こうしたマラソン用の

衝撃を分散させてくれる性能に優れた靴底インソールが

内部に構成されているタイプの 自身のサイズよりも

1サイズ大きめの靴を履く事を お勧めします。

日常で足腰に負荷が掛かるのは、立ち上がる時、座る時、

そして 歩行時です。

足腰の痛み対策に2本杖、そして足腰の
疲れを取る安らぎアイテム

その歩行時の負担、衝撃、脊柱起立筋の過度な疲弊を

和らげる為に杖や各関節部位ごとのサポーターで

締めて守るのも良いですが、更に 身体の下に

目を向けてみると、

意外と履物には気を使っていない、という場合も

多いかと思います。

ですが、先ほども書いたように、今どきは

靴底インソールの性能も非常に優れており、

身体の負担を和らげよう、と考えたときに

身体全体の負荷を受け止める足底の履物に

気を遣う事の重要さに 気づく筈です。

ですので、履物は何でも良いと、軽視せずに

自身の足を守るのに適した靴やサンダルを

探してみて下さいね。

足底筋膜炎で痛む靴底にインソールを敷き、負担を軽減させる

日々の疲弊感の蓄積から足に

ダメージが生じてしまう

それは突然生じたり、あるいは日々の激務の中での疲弊の蓄積により、
徐々に健康な脚が ダメージにより蝕まれて行く様にジワジワと痛みが

積もりに積もって、ある時突然強く痛みだしたり。

私の場合は、後者のパターンだったのですが、痛みが強くなりつつ
あっても、騙し騙し仕事し続けなければならず、ある時とうとう

どうしようも無くなり、繁忙期が過ぎてから長めの休みを貰う事が
出来たので、ようやく整形外科を 受診する事が出来ました。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

痛みを感じ始めた初期の段階で通院

出来ないと長引いてしまう

それでも、長い間 我慢し続けていたので思っていた以上に状態は
悪くなっており、未だに定期的な通院が欠かせません。

脚と言うのは、上半身からの衝撃や重力を背骨の緩やかなS字カーブで
受け流し、骨盤・仙骨を通じて、股関節へと伝え、両足へと

分散させるように仕組みとして出来ており、また逆に地面からの
衝撃も足底が接地し 足首・膝・股関節・骨盤~と言う様に上から下、

下から上、と それぞれの関節部位が上手く衝撃を受け流す事で
歩行などが速やかに行えるように なっています。

足腰の厄介な点は日々生じるダメージが
あちこちに拡散されてしまう事

しかし、悪い事に 脚や腰を痛めた場合、その各関節ごとの受け流す
機能が損なわれ、足腰に非常にダメージが溜まる様に なって

しまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

私は、足底筋膜炎を庇う様にして歩くようにしていたら、足首・
アキレス腱、膝・腰など各部位にも痛みが出始めて、どんどん

状態が悪くなってしまったので、早い段階での対処が非常に重要だと
痛感しました。

対策としては まず整形外科などに通院しつつ、日常生活に おいては、
杖や足腰の各部位ごとのサポーターを有効に活用し、関節部位を

衝撃から守り、痛みを緩和させる事ですが、足底筋膜炎に関しては
足首までの対策だけでは無く、足底までしっかり痛み対策をしよう!と

意識する必要が あります。

足底を守るなら厚めの履物か靴底インソールでクッション性を高める事

この足底の対策に関して、私は底が厚めのサンダルを履くことで かなり
緩和できたのですが(サンダルなのは靴だと締め付けられる感覚が強い為)

靴を履く場合の対処法としては足底を歩行の衝撃から しっかり守ってくれる
クッション性の高いインソールを使用する事です。

【靴を履く際には靴底にインソールを敷いて衝撃・負担を緩和する↓↓】

 

足底筋膜炎に対しては、足底の痛みを庇う為に重心が 一方に偏り、
歩行時の身体のバランスが崩れ、他部位にダメージが蓄積してしまう為、

杖・腰、膝、足首など各部位サポーター、クッション性の高い
インソール(もしくは弾力性のある厚めのサンダル)まで

備える必要が あると思います。

足底筋膜炎で痛む足元を守る時にサンダルを履く理由

準備万端で日々過ごすと少しづつ効果を実感出来ますし、その中でも
意外と負担が蓄積しやすい股関節を守る股関節サポーターを常時

装着する事で より万全な対策と なります。

ここまで対策をして、定期的に通院する事で少しでも日常生活を
送る上で、痛みが和らぎ、いつか楽に歩行出来るように なる日が

訪れて、足底が早く完治する事を願っています。

【足底を歩行時の痛みから守る為にインソールを活用する↓↓】

Dr.NOMADO ドクターノマド dr.nomado インソール 足底筋膜炎インソール プレミアム 形状記憶インソール MOCAモカ シューフィッターお勧め商品 偏平足 足底筋膜炎 外反母趾 モートン病 腰痛 ゴルフなどにも最適 男女兼用 ギフト プレゼント 贈り物 中敷き

靴底インソールで足底筋膜炎の痛みを和らげる

足底筋膜炎で足裏が痛み出すと日々の

歩行が難しくなる

足底筋膜炎(足底腱膜炎)による足の痛み。

それは突然生じたり、あるいは日々の激務の中での疲弊の蓄積により、
徐々に健康な足が ダメージにより 蝕まれていく様にジワジワと

痛みが積もりに積もって、ある時突然強く痛みだしたり。

私の場合は、後者のパターンだったのですが、痛みが強くなりつつ
あっても、騙し騙し仕事し続けなければならず、とうとう ある時

どうしようも無くなり、繁忙期が過ぎてから長めの休みをもらう事が
出来たので、ようやく整形外科を受診する事が出来ました。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

それでも、長い間 我慢し続けていたので思っていた以上に 状態は
悪くなっており、未だに定期的な通院が欠かせません。

足と言うのは、上半身からの衝撃や重力を背骨の緩やかなS字カーブで
受け流し、骨盤・仙骨を通じて、股関節へと伝え、両足へと

分散させるように 仕組みとして出来ており、また、逆に地面からの
衝撃も足底が接地し、足首・膝・股関節・骨盤~と言う様に上から下、

下から上、と それぞれの関節部位が上手く衝撃を受け流す事で、歩行
などが速やかに行えるように なっています。

しかし、悪い事に 脚や腰を痛めた場合、その各関節ごとの受け流す機能が
損なわれ、足腰に 非常にダメージが溜まる様に なってしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

私は、足底筋膜炎を庇う様にして 歩くようにしていたら、足首・アキレス腱・
膝・腰など各部位にも 痛みが出始めて、どんどん状態が悪くなって

しまったので、早い段階での対処が非常に重要だと 痛感しました。

 

足底筋膜炎の痛み対策を

考える

対策としては、まず整形外科などに通院しつつ、日常生活に おいては、
杖や足腰の各部位ごとのサポーターを有効に活用し、関節部位を

衝撃から守り、痛みを緩和させる事ですが、足底筋膜炎(足底腱膜炎)に
関しては足首までの対策だけでは無く、足底までしっかり 痛み対策を

しよう!と意識する必要が あります。

日々の疲れが溜まると生じる足底筋膜炎/痛む足裏をどう和らげる?

この足底の対策に関して、私は底が厚めのサンダルを履くことで かなり
緩和できたのですが、(サンダルなのは靴だと締め付けられる感覚が強い為)

靴を履く場合の対処法としては、足底を歩行の衝撃から しっかり守って
くれるクッション性の高いインソールを使用する事です。

【足底筋膜炎で痛む足裏を守る為に靴底に衝撃吸収性に
優れた靴底インソールで足裏を痛みから守る↓↓】

足底筋膜炎に対しては、足底の痛みを庇う為に重心が 一方に偏り、歩行時の
身体のバランスが崩れ、他部位にダメージが 蓄積してしまう為、杖・腰膝、

足首など各部位サポーター、クッション性の高いインソール(もしくは弾力性の
ある厚めのサンダル)まで備える必要が あると思います。

【足裏の鋭い痛みを緩和する為に靴底に衝撃吸収性に
優れた靴底インソ-ルを敷いて足底を守る↓↓】

足底筋膜炎の痛みを少しでも和らげる為に杖を使用する

忙しい日々を過ごして居ると、疲弊感や

負担が足腰に蓄積してしまう

 

多忙な日々を過ごして居る内に身体中に過労を感じて それでも尚、
碌に身体を休める暇も無いと腰部の脊柱起立筋が過度に疲弊したり、

膝関節が痛んだり、足底の筋肉が強張ったり血の巡りが滞ったり、
筋が炎症を起こしてしまい所謂 足底筋膜炎を発症したりすると

1歩1歩の歩行が とてもツラい物へと変化してしまいます。

そこで今回は足底筋膜炎になった時に、日常で どう対処しダメージを
少なく日々過ごすのか?と言う事に ついて、書いて行きたいと思います。

簡単にまとめると、使用するアイテムは杖と足底ストレッチ用の
アイテムとマッサージ器の3つです。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

では、それらを どの様に日常で活用するのか?に ついて、日常で気を
付けるべき点を交えながら紹介して行きたいと思います。

まず、1番直接的に身体の重さを受け止め、重心移動をスムーズに支えて
くれるアイテムで ある杖に ついて書いて行きたいと思います。

杖は足腰が悪い場合に、身体を支えてくれるアイテムで あるのは、誰もが
認識しているところですが、足腰の痛みと言っても、関節部位が痛くて

何も無しでは歩けない状態だから、杖で支える必要が ある場合と、足底の
痛みで 衝撃に対して、敏感になって居る足底への負担を軽減させようと

する場合に使うパターンが あります。

【安定感抜群の多点杖で歩行時に掛かる足底への負担を軽減する↓↓】

どちらも杖と言う支えが無くては、痛んで歩けないので、杖と言うアイテムを
重宝する様になっているのは共通していますね。

足腰関節はともかく、足底の痛みで杖は大げさでは無いか?と思う方も
居るかも知れませんが、足底筋膜炎の痛みを避ける為に本来の重心では

無い歩き方をしてしまうので、結果として そう遠くない未来に足腰関節
部位も痛める事に なってしまうので杖を使用するのは決して大げさでは

無いのです。

足腰を痛めた時に負担を軽減する為に選ぶ歩行補助アイテム

寧ろ、足底筋膜炎を軽く見ると、私の様に足腰関節部位の あちこちに強い
痛みが拡散されてしまいます。

しかしながら、杖を使用していても日常的に大きな障害物が幾度となく、
目の前に現れます。

その1つが歩道の傾斜(勾配)です。

 

勾配を上る時、下る時に どうしても

過度な負担が生じてしまう

降りる時も上る時も足首に角度がついて、踵から伸びる筋膜が大きなストレスを
受けて、強い痛みが 生じてしまうのです。

どうにか1番浅い傾斜角度から上り下りをして、ダメージを最小限に抑えたとしても
路面には更なる障害物が存在します。

それが路上に無数に散らばっている石ころの存在です。

足底筋膜炎で歩くのがツラい時は厚めのサンダルを履く/痛み緩和

BB弾くらいの小ささの小石でも痛みを感じるのに、ビー玉サイズの小石を誤って
踏んづけてしまった時には、悶絶する程の痛みが全身に響き渡ります。

歩道・路面には何処にでも、石ころが散らばっているので、足底筋膜炎で敏感に
なっている筋膜には強烈に響くので、視界に石ころを捉えたなら杖で上手く

支えながら重心移動を行い、避けて下さいね。

【安定感抜群の多点杖だからこそ安心して歩ける↓↓】

足腰の痛みを和らげる為に杖を使い、支える

足腰の痛みは日々の過労の蓄積から生じたり、あるいは加齢による
軟骨の磨り減りから関節周囲の筋肉が支える比率が高くなるも、

関節周りの筋肉も衰えて弱くなっている為、負担が日に日に大きく
なっていく、と言うサイクルから足腰の痛みが増大して行く訳です。

と、言う事は筋肉を意識的に動かして、筋繊維を強化すれば少なくとも
足腰の痛みは改善されるのでは?

と、希望を感じたは良いけれど、実際には痛みが強くなる程に筋肉の
トレーニングは おろか、ストレッチさえも実際には辛くて行えません。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

そうした時に、日常の中で筋肉を活性化させる為に出来る事は痛みが
強くならない範囲内での歩行くらいしか行える事は ありません。

痛みが強くならない範囲内で、と言うのも非常に塩梅が難しく、
動けば 必ず痛みは付いて回るものなので、あくまで痛みの大きな

要因の1つである『脊柱起立筋が疲弊しすぎない範囲内』で
意識的に歩行してみましょう。

【多点杖で安定感を保ちながら日々の移動の負担を軽減する↓↓】

それは近所への お買い物に出掛けるだけでも良いですし、家で安静に
している日々が長くなる程に、筋肉の衰えも顕著になってしまうので、

安静の日々の中で ほんの少しだけ意識して筋肉を動かしてみましょう。

ここで問題となるのは、自宅周辺の路面環境です。

完全に平坦な道のみならば、足腰への負担は最小限に留められて、僅かでも
筋肉の活性化を促す事は 出来るでしょう。

しかし、私の家の周囲もそうですが、緩い坂道(勾配)が あったり、
アスファルトが抉れて荒れた路面があったり、砂利が散らばっていたり

すると、杖の利きが弱くなったり、足底筋膜炎の症状が強く出ている人の
場合には 万が一にも砂利を踏んずけてしまうと、途端に悶絶して

動けなくなる程の痛みに襲われてしまいます。

たった一欠片の砂利ですら、痛みの状況によっては大きな障害物に
なり得るのに、緩い坂道(勾配)が進行方向上に ある場合、

砂利道以上の大きな障害物に なってしまいます。

足底筋膜炎と言うのは、特に こうした砂利道や傾斜・勾配に対して
影響を受けやすく踵から伸びる筋膜が砂利を踏んで直接的にダメージを

被ったり、坂道の傾斜角度に合わせて ピン、と必要以上に張り詰めて
しまったり等、痛みが瞬間的に強くなる要素は 路上に幾つも

転がっているのです。

靴底のインソールや厚底サンダルを履く事で足底筋膜炎の痛みを軽減する

腰痛や膝痛・股関節痛に加えて、足底筋膜炎まで併発している場合には、
自宅周辺の路面状況と言うのが非常に大切になってきて、

以前も綴ったように身体の重心バランスが中心から大きく崩れない様に
気を付けつつ、歩行時の衝撃を出来るだけ軽減させながら

歩まねばならないですし、更に足底の筋膜が張り詰めて強い痛みを
発する事が無い様に、注意深く1歩1歩脚を踏み出さなければ

なりません。

坂道の場合にはバランスが身体の中心から どうしてもズレてしまうので、
(上る時には後傾に、下る時には前傾に)そうすると、当然 通常とは

重心バランスが異なるので、足腰への痛みも 上手く逃がしつつ、
傾斜を進まないと 痛みを強く抱えてしまう事になります。

坂道を上る時に、身体が一直線に なってしまうと、脊柱起立筋の可動の
割合が大きくなってしまい、それに伴って痛みも増して行くので、

少し前のめり気味に上ると多少は痛みも和らぎます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

一方、下り時には前傾姿勢だと重心が前に寄り過ぎて危険なので、やや
後傾気味姿勢を保つ必要が あるのですが、これは階段の上り下りの時にも

書いた様に、下り時の方が足腰への負担が大きくなるので、より慎重に
注意深く降りる必要が あります。

2本杖で ゆっくりと丁寧に前方に杖をついて、身体が前に行き過ぎない様に
少しづつ降りようと意識する事が重要です。

この様に、路面の状況次第で足腰の負担が増したりするのですが、少しでも
意識して無理の無い範囲内で歩もうと する事で、筋肉が少しづつ活性化して

行くので、筋肉の衰えによる足腰の状況の悪化を少しでも妨ぐ事が出来ると
思いますので、筋肉を衰えさせない様に 意識してみて下さいね。

【安定感抜群の多点杖を活用し、歩行時の負担を軽減する↓↓】

足腰の痛みを軽減する為に杖を使用する→