「車椅子」カテゴリーアーカイブ

足腰が激しく痛む時は車椅子で負担を軽減する

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

身体や関節部位に疲労感と共に、関節へのダメ―ジ

徐々に蓄積して行き、

それが積もり積もって やがて強い痛みへと転化する、

というのは 良くないパターンなので、

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

日々の関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

そういった疲弊した身体を癒す 一工夫を施してから

就寝する事で、毎日 朝方に 目を覚ます度に、

身体から疲労感が抜けているのが

実感できるかと 思います。

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

速やかに 整形外科ペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

足腰の関節部位の痛み、と言うのは 非常に厄介で、
立ち上がる時にも座る時にも そして、歩く時にも

負荷が掛かり、キチンとケアをして 労わらないと、
加齢と共に どんどん状態が悪くなって行って

1歩1歩の歩行が とてもツラい物に なってしまいます。

もし、多忙な時期などで通院出来ずに 治療出来ない
日々が長引いてしまうと、日に日に痛みが積み重なって

しまいますから、少しでも行けるタイミングが
出来たら、通院する事を おすすめします。

ですが、病院での治療時間は 長くても20分~30分程度で、
通院も 週に1回か2回行ければ 良い方だと思います。

ですので、大切なのは 治療以外の時間に
如何に 関節部へのダメージを 少なく過ごすか?

という事を考え、対策を施すか、です。

足腰関節は1歩1歩 歩くたびに腰や脚に負担が掛かって
しまいますから、歩く以外の方法も選択肢に入れて、

車椅子を使用してみると言う事も考えてみると
良いと思います。

ただ、車椅子と言うのは、足腰への負担を小さくしてくれる
代わりに、上半身(特に肩関節)への負担が大きくなる事も

想定しておいた方が良いです。

自走式車椅子の場合、ひと漕ぎで進む距離は キチンと
計った訳では無いですが、

大体10㎝~20㎝くらいです。

しかも これは、割りと平坦なアスファルト上での距離です。

一見、平坦に見える路面でも微妙に左や右に傾いていると、
進行速度や ひと漕ぎが重くなり、非常に大変な思いをします。

この時に多くの負担を受けるのが、車椅子をコントロール
する為に一番 稼動する肩関節と言う訳です。

なので、足腰の状態が どうしようも無く痛んで辛い、と言う時には
車椅子を取り入れる選択肢も考えてみると良いのですが、

肩関節に多少なりとも影響があることも考慮してみて下さいね。

自走式車椅子で足腰への負担を減らす→

自走式車椅子を日常で初めて使う時に苦労する点

多忙な日々を過ごしていると 身体に痛みを

感じていても、処置を後回しにしたり

仕事を終えて 帰宅しても眠り就くまでに

色々やる事があって、結局 痛みを癒す事が

出来ずに翌朝を迎え、また忙しい1日が

始まってしまい、身体に疲労が蓄積して行き

首・肩周り、背中・腰、股関節・膝・足首など

各関節部位に痛みが生じても、

多忙が故に 対処出来ずに痛みが強くなり、

ついには 身体のあちこちに痛みが

散らばってしまい、

自分自身では どうしようも無いくらい

関節部位の 状態が悪化してしまいます。

痛みが生じ始めた 最初期の段階では

まだ堪えられる程度の痛みで

何とかなっていて、自然の治癒力に

任せていれば その内、痛みも治まるだろう。

と、騙し騙し過ごし続けた その先には

自分の肉体の回復力・修復機能では

どうしようも無い位、

関節部位の 状態悪化の未来が 待ち受けています。

本来は、関節部位に痛みが生じた段階で

整形外科やペインクリニックなどに

通院出来るのが理想ですが、繁忙期など

仕事以外にも用事があったりで、多忙な日々を

過ごしていると、中々理想通りには 行きません。

忙しくても出来る日々の対策としては、

腰痛サポーターを装着したり、股関節サポーター

膝サポーター足首サポーター

更には、を日常的に使う事で歩行時の痛み、

衝撃を緩和して 関節の状態悪化を

和らげる事が出来ます。

しかし、こうした対策を日々施して居ても、足腰への痛みを

完全に防ぐ事は難しいです。

どうしても1歩1歩 足を踏み出す度に衝撃が足腰に伝わり、

日々腰の筋肉である脊柱起立筋脚の筋肉が疲弊して

強い痛みが足腰に蓄積してしまいますから、それが積もりに

積もると、いよいよ杖や関節サポーターなどの補助アイテムを

日常生活で使用して居ても歩行困難な状態にまで、

痛みが強くなってしまいます。

そうした流れで痛くて歩け無くなり、車椅子を日常に
取り入れてみたは良い物の、

自走式車椅子をアスファルト上でコントロールする、
と言うのは、想像以上に大変なものです。

舗装されてツルツルの平坦な病院の床ならば まだしも、

アスファルトは車椅子で走ってみると、かなり凸凹している上に、

杖で歩行している時には平坦な道と思っていた路面も、

微妙に左右どちらかに軽く傾いて居たりします。

路面が微妙に傾いていると、右腕を強く動かす必要があったり、

あるいは左を小まめに動かしたりで、

あっという間に上半身は疲弊してしまいます。

基本的にガタガタガタガタっと路面からの振動が続くので、

腰に響きますし、そうした時に小石が散らばってたり、

小さな穴ぼこが開いて居たりすると、益々ガタゴト振動が強くなるので

慣れない内は 自走式車椅子のコントロールというのは非常に大変です。

しかしながら、足腰が補助アイテムを使用しても、歩く事が困難、

と言う状態になってしまった場合には、

『これ程 生活を助けてくれるアイテムは、無い』と思う程に役立ちます。

歩道の勾配などを乗り越えるのは大変ですし、非常に疲れますが、

少なくとも車椅子が有れば、お買い物に行けますし、

上半身のみとは言え、身体を動かす事も出来るので、運動不足解消にも

役立ちます。

様々な対策を試みても歩くのが辛い、と言う場合には 車椅子

日常生活に取り入れる事も選択肢の一つに加えてみると、

辛い歩行のみの生活・考えから解放され、精神的に楽になりますよ。

自走式車椅子で足腰への負担を軽減する→