「電動ベッド」カテゴリーアーカイブ

日常の中でドンドン負担が溜まる足腰を和らげる/2つのアイテム

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

長時間のPC作業や日々の腰への
負担で筋肉が千切れる様な痛み

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられます。

血液の流れを正常に保つ/
血流が鈍らない様に注意する

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や保護用具を使って保存療法で

様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で
日常で意識する事

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛などが

挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に

掛かり続けていたら、自力で歩く事も難しくなる

歩行困難の状態に陥ってしまう事もあります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

歩行困難に なったから痛みが落ち着いて、

そこで終わりでは無く、

痛みは現在進行形で どんどん強くなり、痺れも

強くなり続けて いるのが現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に

なってしまう前に杖と腰痛サポーターを

始めとする各関節部位専用サポーターで

関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッド

など、身体の疲れを きちんと取れる備えを

施す事が大切です。

地面との高低差のある電動ベッドで
寝る事で楽に起き上がれる

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は

もう無理、となったら、

足に それ以上のダメージを溜めない様に 早めに

車椅子の日常的な使用も視野に入れた方が良いと

思います。

車椅子の使用は、医師の判断を仰ぐ事も大切ですが、

しかし車椅子を使用し始めてしまうと、

いよいよ脚の筋肉の衰えが顕著になる、

等の理由から年齢が若かったり、

麻痺して居ない限りは反対される事も ありますが、

しかしそれ以上 杖を使っても毎日毎日強い痛みが

蓄積し続けて 耐えられない状態で あるのならば、

自身の身体を守るためにも、

医師の判断よりも自身の選択の方が大切な

時も あります。

とは言え車椅子をいきなり日常生活の中に

導入する、と言うのは

自宅周辺の路面状況なども考慮する必要が

あるので、簡単な事では ありません。

路面状況と言うのは、ちょっとした傾斜(勾配)

が多めだったり、アスファルトが抉れて

地面が凸凹だったりすると、車椅子の前輪が

嵌ってしまったりと言う事も あるので、

日常生活で ある程度、思い通りに乗りこなすのは

慣れが必要に なります。

腕の力だけで緩い傾斜などに対応せねばならない、

と考えるだけで大変さは容易に想像出来ますが、

自身の身体を守る為に、選択肢の一つとして

検討してみて下さいね。

足腰の痛み/朝昼晩、年中無休で
痛むから車椅子で少しでも和らげる

強烈な腰痛で自力で起き上がれない時は、このアイテムがあると助かる

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

脂肪が増え、体重増加すると共に、
足腰の痛みも強くなる

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

急激な腰痛で動く事が出来ない時に
役立つ電動ベッド

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

腰に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

自力で置き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

疲弊が日々腰周りに蓄積している時に役立つのはマッサージと、このアイテム

足腰を痛めたら関節サポーターで

膝周りや、膝関節などを守りつつ、

日々の衝撃に 耐えなければなりません。

杖や、関節サポーターで日々の負担を

和らげて過ごしても、

やはり1日が終わる頃には ドッ、と 疲労が

身体中に 現れてしまいます。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

仕事や 1日の やる事を終えて、疲れた身体で

ストレッチやマッサージなどをして

身体の疲労を 取り去りたいですが、

疲れ切った身体では、少しの動きをするのも

気力を絞らなければなりません。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

そういった時に、自分自身がストレッチの

動作をしたり、

手の届く範囲内を 揉み解したりする手間を省く為、

マッサージ器などが あれば、

スイッチを押すだけで 自動で脚や腰、腕などを

揉み解してくれるので 非常に楽です。

しかしながら、日々の疲弊は少しづつ、積もりに

積もり 足腰に強烈な痛みとして現れてしまいます。

通院も定期的にして、日々 足腰関節の痛み対策や

アフターケアを施して居ても、です。

腰痛にはサポーターに加えアフターケアも重要

1度痛みを感じて、それが あちこちに広がって

しまってからでは、

対策を施しても ダメージを完全に防ぎきる事は

難しいのです。

杖と関節サポーターを併用して居ても、1歩1歩の

歩行の都度、ダメージが生じてしまうので、

それがピークに達した場合は、朝 目を覚ました時に

腰の痛みにより、

自力で起き上がれ無い、などの日常生活を送ること

自体が 困難になってしまう事も あります。

そうした時には、私の経験上、ピークの痛みが

永久に続く訳では無いので、ジッ、として過ごし、

痛みのピークが過ぎ去るのを2~3日の間、

待てば良いのですが、

布団の上で 横になって居る姿勢で、腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、例えば 足首の角度を変える事も 腰に響くので

難しくなりますし、足首の向きよりも動きが大きい、

膝の向きや、膝を折り畳んだり等は かなり困難になるので、

実質、出来る事は2~3日の間、ただただ天井を眺めて

身体の向きなどを変えずに 時が過ぎゆくのを待つだけです。

自力で置き上がれ無い程の激しい腰痛時は電動ベッドで起き上がる

腰が強烈に痛む時は 当然、腰を捻る事も、上体を起こす事も

出来無いので、トイレに行ったり、食事をしたり、と言う事も

その間は 行えないので、出来れば腰の疲弊感が いつも以上に

強いな~、と感じた時は、

布団の直ぐ横に 蜂蜜や飴とストロー付きの飲料を幾つか

用意しておくと その間は どうにか凌げます。

そうこうして居る内に、状態を現時点で どの位 起こせるだろう、

とか、膝を曲げた時に 何処まで持って来ると痛みが強いのか?

と言うのを、時々確認しておくと、少しづつ痛みのピークが

過ぎつつあるのを感じる事が出来るので、

もう少しで起き上がれるかも。という希望が見えたりして、

気力が湧いて来るので時々確認してみる事を お勧めします。

こうした状態になると、『あっ、起き上がれないな。』と

思った時点で救急車を呼べば良いのですが、

まさか、この様な状態に なるとは思っていない時と言うのは、

手が届く範囲内に携帯電話を 置いて居なかったりします。

すると、私が書いた様に 天井を見つめながら、蜂蜜などで

糖分を補給しながら痛みがピークを越えるのを

待つしか無いのですが、この時に電動ベッドがあれば、

2~3日もの間、天井を眺め続けずに済みます。

と、言うのも腰が強烈に痛む時は、頭を持ち上げた状態から

腰を少し浮かせた角度が 最も腰に負担が掛かり 辛いので、

此処を乗り越えると、あと5㎝~10㎝ほど上体を起こすのは、

意外と楽なので、

その角度まで電動の力で腰に負担を掛けずに持って行く事が

出来るのです。

身体を起こす事さえ出来れば、後は 手すりや杖を使って

トイレにも行けますし、調理も出来ますので、

腰の痛みがピークに達した時の自力で起き上がれ無い、

という 最も辛い状況を楽に乗り越えて下さいね。

腰の負担を減らす為に日常で行える5つの対策・手段

激しい腰痛時は椅子に座るのもツラいけれど・・・そんな時に役立つアイテム

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、

整形外科に行くのが遅れるほどに

状態が悪化し続けて、痛みが あまりにも

強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

足腰の痛みが どうしようも無く悪化したら
車椅子を取り入れる

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

自力で置き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に

足腰に生じる負担です。

腰痛を意識しながら そ~っと座ろうとしても、

どうしても足腰を踏ん張る必要があるので、

腰や膝に軋む様な痛みが その都度

生じてしまいます。

ですので、そうした時にテーブルで身体を

支える以上に支えとしてあれば、

便利で安心出来るのは頑丈な椅子に

設置された手すりです。

やはり、体重を預ける訳ですから、頑丈さと

安定感は重要ですよね。

その上で 手すりも備え付けられていたら、

安心して座る事が 出来ますね。

これらのポイントを踏まえた上で、アイテムを

駆使して負担の少ない朝を毎日迎えられたら、

気分も沈まずに活力の湧いた日々を

過ごせますね。

腰痛対策として電動ベッドを活用する

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も

厄介な点は、急激に悪化した先には、仕事は おろか

日常生活にも大きな支障を来してしまう、という点です。

更に 腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら

毎日生活して行く中で、重心が変に偏り、

いつしか足にも痛みが広がってしまい、益々日常が

制限され、自力で歩く事も難しくなり、

杖や腰痛サポーターの補助無くしては、数歩程度

歩くのも辛い状態に なってしまいます。

腰が強く痛むと視界も狭くなる

そうした時に腰部をダイレクトに締め付け、

支えてくれる腰痛サポーターの存在が

非常に日常を助けてくれるのですが、選ぶ際に

注意したい点は、幅広でボーンが背骨に沿って

しっかりと支えてくれる構造に なっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても 蒸れを ほとんど

感じずに装着出来る様に

メッシュ生地素材を選びたい所です。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

腰痛サポーターを装着する状態と言うのは、

ぎっくり腰や身体を酷使し続けた事による

腰部(脊柱起立筋)の筋肉疲労から来る 筋膜性腰痛や

背骨を通る脊柱管が狭まる事で、

神経根を圧迫して痛みが発生する脊柱管狭窄症、

間欠跛行、あるいは加齢などで髄核の水分が減ってしまい、

抵抗が弱まった時に、何らかの衝撃を受けて線維輪を

突き破って 髄核が飛び出してしまい、

神経を圧迫する事で 激しく痛む椎間板ヘルニア

などの 強い腰の痛みの時、

強くなくとも、悪化防止の為に 早い段階から

装着するパターン。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

腰に痛みを感じ始めると、日常生活の中で 腰椎に

負担が掛からない様に

意識して過ごさなければ ならなくなります。

頭部から胴部までの上半身、そして胴部から下、

足先までの下半身との中心部分となり、

身体の あらゆる動きや負荷に耐え続けている

腰椎は前傾、後傾、捻り動作や立ち上がる時、

歩行時など日常生活に おける、あらゆる場面で

痛みが生じ得る恐れを常に含んでいます。

腰痛が酷くなる前に、過剰なくらい腰痛対策を

施す事が とても重要だと思いますが、

どんなに気を付けて居ても 一度痛み出した腰を

日々生じる衝撃から完全に防ぎきる事は難しい事です。

そうして、日常で腰に蓄積した痛みが

ある時に爆発したら、

布団から自力で起き上がる事が出来ないほどの

痛みとして現れたり、

どうにか時間を掛けて、起き上がれても杖や手すりを

使っても立ち上がるのも歩くのも難しく、

不自由な状態になって しまいますし、

歩行困難と言うのは、日常の様々な点で

制限を強いて来ます。

腰部の炎症が持続し、慢性的に腰が痛んでしまう場合には

なので、今回のタイトルは『腰痛対策として

電動ベッドを活用する』ですが、

実際には 腰痛が激しくなる前の前段階の

負担を減らす為に用いる、

と言うのと 腰痛が激しくなった後の起床時に

腰に負担を掛けない為に電動ベッドを用いると言う

意味合いなので、正確には腰痛対策では無いのですが

腰の痛みを ある一定以上 悪化させないために用いる。

腰が激しく痛んだ時に、腰部に負担を掛けずに起き上がる。

と言う意味では、腰痛サポーターや杖の日常的な使用と言う

直接的な腰痛対策の前後に あって初めてその効果を
発揮すると言えます。

腰の筋肉を解す為のストレッチアイテム

腰の痛みが激しい時に日常的に活用したい2つのアイテム

腰の痛みの原因は様々あると、これまでにも

何度か書いて来ましたが、

整形外科などを受診しても正確な診断をして
貰えるまでには かなりの月日が経過して

しまう事も しばしばあります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

実際に 私も腰が痛み、脚が痺れ、

杖無しでは歩行が困難になっているにも

関わらず、医師の知識と経験の範囲外にある

状態の時には、別の病院に行く事を勧められたり、

『こういう状態になる訳が無い。おかしい。』

など、と現状の足腰の痛み自体を否定されたりしたので、

ほんの2~3分の問診と、レントゲンを撮っただけで

二度と行かなくなった病院も多々あります。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・

ようやく、現状の痛みの度合いを冷静に判断してくれる

病院に辿り着けたとしても、

レントゲンやMRIで状態を診て、それからブロック注射

などを打ち、病状が どう変化するのか?

あるいは、変わらないのか?と経過を冷静に

見定める必要があるので、

緊急で手術を要する場合以外では、服薬や

神経根ブロック注射で暫くの間、

様子見する事に なります。

杖で身体を支えながら整形外科に、どうにか

辿り着いても、

その日に状態が良くなる訳では無いので、

結局のところ、自身の身を守るのは日常における

自身の意識と対策次第で あるという事です。

日々の疲弊から強く痛みを感じる足腰/整形外科を受診する

その対策とは 例えば、腰部から背中に掛けて

テーピングしたり、腰痛サポーターを装着したり、

先ほども書いた様に杖を日常的に使用したり、など。

様々な日常において、足腰の痛みに対して行える

対策があるのですが、

例えば、私の様に1人暮らしである場合には、

腰部から背中に掛けてピーンと、よじれる事無く

テーピングを貼るのは難しいですし、

ましてや、テープの効果を正確に引き出す為に

前傾姿勢に なりながら、

腰から背中方面にピン、とテープを

張り詰めさせたまま貼る事は

ほぼ不可能だと思います。

なので、その様な腰に負担の掛かる様な

体勢を とることも無く、

気楽に腰に ぐるり、と巻き付け、保護できる

腰痛サポーターを装着した方が手間も時間も

掛かりませんし、効果も実感し易いかと思います。

整形外科での診断の結果、 ヘルニア や

脊柱管狭窄症、間欠跛行などと病名を告げられたら、

いよいよ、如何にして 日常生活の中で足腰に

掛かる負担、衝撃を徹底的に避ける対策が

何よりも重要に なって来ます。

間欠跛行が悪化すると苦痛と隣り合わせの日常を送る事に

日常的に先ほど書いた幅広タイプで、腰から

背中に掛けて、ガッツリと守り支えてくれる

腰痛サポーターが手放せないですし、

杖も日常から取り除く事は 出来なくなります。

しかし、日常で どんなに足腰を負担から守ったと

思っても、1歩1歩の歩行時に少しづつ

ダメージが蓄積したり、椅子に腰を下ろすにも

膝や腰に負担が積み重なってしまいます。

結果として、全くダメージゼロで日々暮らして

行く事は出来ないので、

就寝前に温熱治療器などで痛む患部を温めて

血行を促進させたり、あるいは急激に痛みが

強くなっている時には、袋に氷を詰めた物を

充てがって冷やしたり、

寝る前のケアも大事ですし、寝る所も

また大事です。

腰の負担を日々のマッサージや温熱療法で和らげる

寝る所、と言うのは、体圧分散マットレスの

上で寝たり、電動ベッドに寝たり、という事が

とても大事なのです。

就寝時間が7時間~8時間だとしたら24時間の

内の、3分の1の時間を占めている訳ですし、

その間に柔らかめの敷布団で寝ていたりすると、

腰が沈んで腰への負担が強く掛かってしまい、

朝 目を覚ました時に腰部が強く痛んで

起き上がる事が出来なくなってしまいます。

そこで、そもそもの腰へのダメージを

分散する上で、体圧分散マットレスの存在が

重要になりますし、その上で電動ベッドの上で

寝て起きれば、万が一、朝目を覚ました時に

腰に激痛が走り、身体を起こす事が出来ない時にも

電動の力で、ほぼ垂直近くまで

身体を持ち上げてくれるので腰を痛めている

私に とっては非常に助かっています。

ですので、腰に過剰なストレスが掛かり

続けているな、と自身で判断できる場合には

日常に取り入れてみるのを おすすめします。

特に、私の様に1人暮らしで起き上がるのを

補助してくれる人が居ない場合には

リモコン操作で簡単に身体を起こしてくれる

電動ベッドの存在は非常に助かります。

腰が激しく痛む時にあると助かる電動ベッド

足腰を痛めたら関節サポーターで

膝周りや、膝関節などを守りつつ、

日々の衝撃に 耐えなければなりません。

杖や、関節サポーターで日々の負担を

和らげて過ごしても、

やはり1日が終わる頃には ドッ、と 疲労が

身体中に 現れてしまいます。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

仕事や 1日の やる事を終えて、疲れた身体で

ストレッチやマッサージなどをして

身体の疲労を 取り去りたいですが、

疲れ切った身体では、少しの動きをするのも

気力を絞らなければなりません。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

そういった時に、自分自身がストレッチの

動作をしたり、

手の届く範囲内を 揉み解したりする手間を省く為、

マッサージ器などが あれば、

スイッチを押すだけで 自動で脚や腰、腕などを

揉み解してくれるので 非常に楽です。

マッサージチェアやリクライニングソファーで足腰を楽にする

しかしながら、日々の疲弊は少しづつ、積もりに

積もり 足腰に強烈な痛みとして現れてしまいます。

通院も定期的にして、日々 足腰関節の痛み対策や

アフターケアを施して居ても、です。

1度痛みを感じて、それが あちこちに広がって

しまってからでは、

対策を施しても ダメージを完全に防ぎきる事は

難しいのです。

杖と関節サポーターを併用して居ても、1歩1歩の

歩行の都度、ダメージが生じてしまうので、

それがピークに達した場合は、朝 目を覚ました時に

腰の痛みにより、

自力で起き上がれ無い、などの日常生活を送ること

自体が 困難になってしまう事も あります。

自力で置き上がれ無い程の激しい腰痛時は
電動ベッドで起き上がる

そうした時には、私の経験上、ピークの痛みが

永久に続く訳では無いので、ジッ、として過ごし、

痛みのピークが過ぎ去るのを2~3日の間、

待てば良いのですが、

布団の上で 横になって居る姿勢で、腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、例えば 足首の角度を変える事も 腰に響くので

難しくなりますし、足首の向きよりも動きが大きい、

膝の向きや、膝を折り畳んだり等は かなり困難になるので、

実質、出来る事は2~3日の間、ただただ天井を眺めて

身体の向きなどを変えずに 時が過ぎゆくのを待つだけです。

腰が強烈に痛む時は 当然、腰を捻る事も、上体を起こす事も

出来無いので、トイレに行ったり、食事をしたり、と言う事も

その間は 行えないので、出来れば腰の疲弊感が いつも以上に

強いな~、と感じた時は、

布団の直ぐ横に 蜂蜜や飴とストロー付きの飲料を幾つか

用意しておくと その間は どうにか凌げます。

そうこうして居る内に、状態を現時点で どの位 起こせるだろう、

とか、膝を曲げた時に 何処まで持って来ると痛みが強いのか?

と言うのを、時々確認しておくと、少しづつ痛みのピークが

過ぎつつあるのを感じる事が出来るので、

もう少しで起き上がれるかも。という希望が見えたりして、

気力が湧いて来るので時々確認してみる事を お勧めします。

こうした状態になると、『あっ、起き上がれないな。』と

思った時点で救急車を呼べば良いのですが、

まさか、この様な状態に なるとは思っていない時と言うのは、

手が届く範囲内に携帯電話を 置いて居なかったりします。

すると、私が書いた様に 天井を見つめながら、蜂蜜などで

糖分を補給しながら痛みがピークを越えるのを

待つしか無いのですが、この時に電動ベッドがあれば、

2~3日もの間、天井を眺め続けずに済みます。

INTIME1000 スクエアタイプ 3モーター電動ベッド

と、言うのも腰が強烈に痛む時は、頭を持ち上げた状態から

腰を少し浮かせた角度が 最も腰に負担が掛かり 辛いので、

此処を乗り越えると、あと5㎝~10㎝ほど上体を起こすのは、

意外と楽なので、

その角度まで電動の力で腰に負担を掛けずに持って行く事が

出来るのです。

身体を起こす事さえ出来れば、後は 手すりや杖を使って

トイレにも行けますし、調理も出来ますので、

腰の痛みがピークに達した時の自力で起き上がれ無い、

という 最も辛い状況を楽に乗り越えて下さいね。

日常で足腰の負担を軽減するなら手摺と電動ベッドが有効

過酷な労働、様々な用事などで忙しなく

動き続ける日々を送る中で、

充分な休息が取れて居ないと身体に疲労が

積もりに積もり、身体全体の怠さ、

重苦しさが現れ始めます。

この段階で筋肉の疲労により 内部で乳酸

老廃物の排出が滞り、

腰や脚など日々体重を受けて疲弊しやすい

筋肉に痛みが生じ始めます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

痛みが出始めた部位は それまでの『通常の

重心バランス』では歩けなくなってしまう為、

右に痛みが出たら左に、左に痛みが出たら

右に重心を傾けながら歩く様になり、

数日間~数週間 そのどちらかに偏った

バランスのまま 過ごしている内に

元々痛めて居た部位だけでは無く、重心を

多めに傾けていた側にも

過度な負担が掛かり続けている為、筋肉の疲労、

あるいは身体全体の重心バランスの崩れから

あちこちに痛みが広がってしまう様に なります。
身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

腰や脚の痛みと言うのは、常に体重により

負荷が掛かってしまうので、

痛みや違和感を感じたら、まずは速やかに

整形外科に行き、自身の現在の状態を

知る事が大切です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

足腰の痛みと言うのは、先ほど書いた様に

毎日体重を支えて負荷を受け止め続けているので、

週1~2回通院して居るだけでは 恐らく、病院での

治療よりも通院と通院の合間の日常で受ける

ダメージの方が上回ると思います。

なので、ただ通院を重ねるだけでなく、

日常生活に おいても関節サポーターや

杖を日常的に使用して、室内では手すりを使用して

歩むなどの対策を施す事で

日々の ダメージを多少和らげられ、病院での治療の

成果も出やすいと思います。

ここからが本題なのですが、そうして日々痛みを

和らげようと様々な対策を施してみても、

少しづつ少しづつ、日々 ダメージは足腰に

蓄積して行きます。

色々な対策を施しても『これで完璧』と言うのは

恐らく感じる事は出来無いと思います。

1歩1歩足を踏み出す以上、腰や脚に体重が

どうしても乗ってしまうので、

毎日ジワジワと、ダメージが溜まり続けて

しまいます。

また、歩くのみならず、座り姿勢自体が負担に

なる事も あります。

リクライニングソファーで足腰が痛い時も楽な姿勢を保つ

つまり、日常生活に おいて、意識するべきは腰や

骨盤の角度です。

反りすぎても腰に負担が掛かりますし、骨盤や

肩の位置よりも首・頭が前に出ている姿勢(猫背)が

長引くと、それを支える腰に負担の割合が非常に

大きな物と なってしまいます。

今の時代、骨盤に とって楽な角度を保つ為の

専用クッションという物が ありますし、

座り姿勢が辛い時には、体圧分散マットレスや

電動ベッドの上で横になって安静に過ごす、

と言う方法も 腰に負担少なく過ごすには

良い方法です。

なので、自身の状態を冷静に見てみて、最も

負担を軽減出来そうだな。と思う物を

日常生活に取り入れて腰を守って下さいね。

電動ベッドがあれば激しい腰痛時にも安心

腰の痛みの原因は 人によって違いますし、

現状、抱えて居る痛みの強さも

人によって全然違うと思います。

人によっては、連日の激務で身体が

疲弊しきって

過労による腰部の血行が滞って痛みが出たり、

人よっては、加齢で髄核が徐々に弱って行き、

水分が減り、弾力が低下したタイミングで

繊維輪に亀裂が入り、中の髄核が飛び出して

椎間板ヘルニアに なったり。

または接触性のスポーツで外部からダメージを

受けて、激しく炎症を起こして腰部が痛んだり、

重い物を持ち上げた弾みで、腰に無理な負担が

生じたり、様々な腰部の痛みの発症の仕方が

ありますから、抱えている痛みも人によって

異なるのも当然ですね。

腰痛サポーターを装着していれば、何となく

日常で不便さは感じない方も居るでしょうし、

その上で、杖を使用しても、まだ腰部に

負担が掛かりすぎて ツラい人も居るでしょう。

私の場合は、日常生活の中で杖2本使い、

出来るだけ重心が一方に偏らない様に

過ごして居るのですが、それでも日々

ダメージは溜まり続けていますし、

一度腰部に痛みを抱えたら、日常の中で

腰部へのダメージを ゼロにする事は

難しいのだと思います。

杖の使い方一つとっても、1本で身体を

支えようとすると、

どうしても真っ直ぐに進むのでは無く、

一旦杖をついた側に 重心が移動してしまいます。

右手に杖を持っていれば右に、

左手に持っていれば左に。

これを常時行っていると、どうしても

片側に負担が偏りすぎる為、

腰に対するダメージが大きな物に

なってしまいます。

ですので、私は杖2本使う事が負担を

和らげる事が出来て、

日常的な対策として、『無難』だと思っています。

しかし、そうして日々、如何にダメージを

和らげるか?と言う対策を考えていても、

毎日少しづつ蓄積してしまい、ある時、

急に腰部の痛みが爆発してしまう事があります。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

すると、どうなるのか?と言うと、

その場から一歩も動けなくなってしまったり、

あるいは、自宅内でその状態になると

椅子上から、もしくはベッド上から

動く事が出来ずに、日常生活に著しく

制限が生じる事に なってしまうのです。

腰の痛みが激しいから、今日は とにかく

寝てしまおう。と、無理して寝てしまうと

寝ている間に、痛みがジワジワと現れて行き、

今の様な2月の深夜の冷え込んでいる時に

布団が はだけ、

足元が冷気に触れる程に 露出してしまっても

腰部の痛みにより、上半身は起こせないですし、

まして、足自体も激しい痛みで動かす事が

出来ずに、冷えっぱなしに なってしまいます。

今日は大雨で肌寒い1日/寒い朝に最も愛おしくなる布団の温もり

手で どうにか掛布団を引っ張って、足に被せ様と

思っても、腰が微妙に捻じれて激痛が走ってしまう為、

結局の所、足元の冷え、寒さに耐え続けるしか

選択肢は 無くなってしまいます。

そうしている内に 朝を迎え、起き上がろうとしても

相変わらず激痛が持続していて、

身体を自力で起こす事は出来ずに、横に向く事も

出来なければ、当然ながら俯せ状態になり、

勢いで起き上がる事も出来ません。

足先は冷えて体調悪化に繋がりますし、腰の痛みを
放置していると、自力で起き上がれ無い日々が

続いてしまうので、こうした時に助かるのが
電動ベッドの存在です。

リモコン操作で腰に負担を掛ける事無く起き上がれるので、
激しい腰痛時には何よりも心強い助けになってくれます。

電動ベッドの上で寝る事で起きた時の腰の負担が楽になる

電動ベッドなどを活用して日常での腰へのダメージを軽減させる/腰痛対策

足腰の痛みを感じ始めてから 直ぐに

整形外科などに行き、

適切な治療が施されなければ、決して

大げさでは無く日々 足腰に溜まるダメージは

強くなってしまいます。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

日常生活を送る上で 立ち上がり時、着座時、

歩行時など、何かと足腰に負担が掛かる動作が

多いからですが、足腰の中でも腰にダメージが

積み重なる事で腰部のみならず、

股関節~脚に掛けての痛みや、痺れも強く現れて

しまう事が あるので、

腰部の痛みには特に慎重に且つ、速やかに対策を

施す事を おすすめします。

腰部の痛みが強く出ると、寝て起きた時に自力で

起き上がる事も出来ませんし、

上体を起こす事が出来ないのですから、日常に

おける、殆どの活動が制限されてしまいます。

家族と同居している時は 助け起こして貰って、

一人暮らしの場合には 電動ベッドの上で寝て、

電動の力で上体を起こすのが、最も腰への負担

少なく 起き上がる事が出来ます。

電動べッドで腰の負担少なく起き上がる

問題はこの後なのですが、『どうにか起き上がれた』

しかし、今までの様に杖を使い、関節サポーターを

装着しても足腰に掛かる負担が大き過ぎる。

と、起き上がった後の日常を想像すると、腰への

ダメージが どう考えても強すぎて、

1歩踏み出すのさえ、怖くなってしまいます。

腰が強烈に痛む時は、足元に無数に配置された

腰に強烈な痛みを引き起こす起爆スイッチを

一歩 脚を踏み出すごとに踏みながら歩く様な物です。

例えば、ギターのワウペダルの様なもので、

踏み方を浅くすれば、

腰に響くダメージも小さく抑える事が出来ます。

つまり大切なのは、ベッドから降りた後に、如何に

足腰に乗る体重を小さく留めるか?

と言う事を考える事が大切なのです。

身体の重心バランスが偏って痛み出す腰痛対策

体重が腰にガッツリと乗ってしまう事で、

その負担が腰に掛かり続けると、

朝起きた時点よりも1日過ごして行く中で痛みが

強くなってしまいます。

足腰を痛めた時にも支えになる簡易設置手すり

そうした痛みを抑える為には、室内用の杖や立ち上がり

補助具や、室内用手すりが 非常に役立つのですが、

基本的に室内用の手すりと言うのは、壁際に

設置されている物なので、

起きた瞬間に立ち上がろうとする時には、不向きだと

思います。

なので、ベッドの傍に置いておける室内用の杖か、

立ち上がり補助具があると、

立ち上がろうとする時に 非常に助かります。

立ち上がり補助具で痛む足腰を支えて負担を軽減する

こうする事で、足元の起爆スイッチを踏み込むのを浅く

抑える事が出来ます。

朝起きた瞬間と言うのは、頭も身体もまだボーッ、と

しているので、油断して、こうした対策をしないと

思わぬ痛みを朝から抱える事に なってしまうので、

起きた瞬間から腰痛対策をする事を意識しましょうね。