「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

腰を楽にするには就寝時の負担軽減が大切/体圧分散マットレス

多忙な日々を 送る事で、身体が疲弊し、

足腰の各関節部位に痛みが生じ、

首の凝り、肩周りの張り、背中や腰の痛みに

悩まされる日々が 始まってしまうと、

朝起床した時に、起き上がるのも 一苦労で

立ち上がり、トイレに行くにも、 1歩1歩の

歩行の度に 腰に響いたり、 何かと 日常生活に

おいて、忍耐を 強いられて しまいます。

背中は 姿勢矯正サポーターで ある程度、

痛みや 衝撃を和らげられますが、

背骨に沿った30cmロングボーン姿勢矯正サポーター

腰の場合は 腰痛サポーターを 装着して、

日々守っていても、

休息時に座って 身体を休めようと思った時、

座り姿勢にも 気を付けて、

腰にダメージが 溜まらない様に

気を張って いなければ なりません。

少しでも 休もうと思っていても、椅子に座る

深さや、背骨の形状を 意識しなければならない為、

余計に 疲れが溜まってしまう場合も あります。

座る度に 身体が休まるどころか、

疲労が 積み重なってしまうと言うのも、

非常に困るのですが、 腰の痛みで 更に

厄介なのは、就寝時にも 負担が掛かり、

1番疲れが取れる筈の 睡眠時間にも 疲れが

溜まり続け、翌朝に 起床した時から、

腰の強い痛みに 耐え続ける1日が 始まって

しまう事です。

腰の痛み、と言うのは 整形外科やペインクリニックに

通院していても、

1日2日で 治る、という物では 無いので、

日常生活に おいて、

如何にダメージを軽減させるか、 という

意識の持ち方と 対策が重要に なります。

激しい腰痛時に日常生活での動きを
出来るだけ少なくするには

基本的に、腰痛サポーターも そうですが、

各部位の関節サポーターと いうのは、

関節部位を 圧迫し続ける為、

常時装着していられる物では無く、

解放する時間も 必要なので、

その際には 別の対策が必要に なります。

腰を始めとするあちこちの関節が疲弊した時には

ストレッチやマッサージなどを施し、

凝り固まった筋肉の緊張状態を和らげる事が

大事です。

家で気軽に行うマッサージ手順

その後に大切なのは、1日の内、3分の1を占める

睡眠時間を如何に快適に過ごし、

身体全体を休ませるか?と言うのが とても大切に

なります。

人により睡眠時間は多少異なりますが、1日の

3分の1、大体8時間だとすれば

8時間もの間 腰に負担が掛かる様な

固めの布団に寝て居ては、いつまでも腰の痛みが

取れないのも仕方の無い事だと思います。

しかし、柔らかすぎても腰が沈んでしまうから、

布団を選ぶと言うのは中々 難しいのですが、

今の時代、体圧分散マットレスがネット通販で探せる

時代ですし、保証期間も しっかりと記載されてるものも

あるので、安心ですね。

腰痛時や身体の疲れが取れない場合には体圧分散マットレス

歩行がツラくなったら車椅子の使用を検討する

腰の痛みの原因は働きすぎて部に疲労が

蓄積して、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなる事で

筋肉内部に炎症を起こす物質であるヒスタミンが

発生して 炎症を起こし 激しい痛みへと場合や、

加齢により、骨と骨の間に ある髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で、

何か衝撃を受けたり、ダメージが生じる事で

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で 激しい痛みが生じる場合、

あるいは、接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって 外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に 持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンがあります。

いずれの場合にも 早急に整形外科に行き、

自身の現在の部の状況を知りつつ、

専門医に 適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったから

と言って、直ぐに『この箇所がこうなってるから

痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は

なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから 最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、

一部位だけの痛みでは済まなくなり、あちこちに

痛みが散らばってしまうので、

当然ながら痛みの大元となっている部位を

特定するのが遅れてしまい、

何回も通院を重ねて ようやく特定となると、

それだけ完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事を お勧めします。

そして、を痛めた場合に 病院での治療時間

以外の日常でも に極力、

負担が掛からない方法として関節サポーター

杖を日常的に併用して居ても 足腰が痛み続け、

『もう歩く事は無理』と、なった場合に 杖などを

使用し 歩く、と言う選択肢以外の日常での対策として、

車椅子を選択した場合の、使い始めた頃に

苦労する点に ついて 書いて行きたいと思います。

以前も書きましたが、病院内では無い 通常の

路面で 車椅子を使用する際に大変なポイントは、

まずは、車椅子に乗らなければ気付かないくらい、

一見、平坦に見える道でもガタガタ振動が激しいですし、

昔、欠陥住宅か否か?を見極める為にビー玉を

転がすのをテレビで観た事が ありますが、

ビー玉の気持ちになる位の 微妙な傾きを感じて、

車椅子のコントロールが急に難しくなる事があります。

そうした時には、右腕・左腕、どちらかの力を強めて

バランスを保たなければならないので、

只でさえ 体力の消耗が激しい自走式車椅子が、重量感を

ズシン、と 増したように感じます。

『通常の平坦なアスファルト』を進んでいる時でも、

後輪の側面に付いて居る 走行用のハンドリムを

グイッ!と前に回した時、(実際計った訳では

無い私の感覚ですが)その ひと漕ぎで進む距離は

大体20㎝~30㎝位なので、コンビニに行こうとした時、

スーパーに行こうとした時、目的地まで

数100メートルの距離でも、物凄い時間が掛かるのですが、

それに加えて先ほど書いた様に微妙な地面の傾斜が あった場合、

車椅子自体のコントロールの難しさ、重さが加わり、

歩けば 直ぐに辿り着く様な、数100メートルの距離が

果てしなく遠く感じてしまいます。

最初の頃は平坦な道でのコントロールだけでも大変なのですが、

馴れて来たら、歩道の微妙な段差や 勾配にも対応して行ける様に

少しづつ試してみて下さいね。

スポーツ車椅子 軽量 折り畳み 自走式 介助ハンドル 転倒防止バー付 マリブナイン 24インチ A709 カドクラ

股関節の痛みを軽減する対策

毎日毎日忙しい日々を送っていると、

知らず知らずの内に 身体全体に疲れが溜り、

その疲れは 足腰などの関節部位に 痛みとなって

現れ始めます。

『関節部位の疲弊』

それは、多忙な あまり 身体をケアする暇も無く、

ひと時の休息、食事も そこそこに、

翌日に備えて 早く寝て、朝 目を覚ましたら

また忙しい1日が始まる。

という サイクルを繰り返している為に、少しづつ少しづつ

関節に負担が蓄積し、

やがて、炎症を起こした足腰関節部位は 悲鳴を上げて

強い痛みとなって 症状の深刻さを 訴えかけます。

しかし、関節が痛むからと言って、多忙な日々

変わる訳では ありませんので、

『何の、これくらい!!』と 踏ん張ってしまい、

『気の持ちよう』という 言葉で片づけてしまって、

身体からの 痛みのシグナルを 無視してしまっては

痛む部位が 1か所に留まらずに、2か所、3か所と

あちこちに広がってしまい、とうとう各種関節サポーター

装着するだけでは 足りずに、

を使ってようやくどうにか歩行出来ると、いった

状態にまで 悪化してしまうと、

仕事どころか、日常生活を 送るのも大変苦労するので、

身体からの 警告を決して 蔑ろにはせずに、

痛みや 違和感を感じた 初期の段階で

整形外科やペインクリニックなどに 通院して下さい。

私は正に このパターンで、からに掛けて

股関節足首などと 痛みが拡散してしまい、

今更 後悔しても健康な身体に戻る事は 出来ない位の

状態に なってしまったので、

如何に早い段階での 対処が重要か、を身を以て

痛感しております。

そんな私が 腰痛サポーター膝サポーター足首サポーター

足底への厚底サンダルインソールなどを 取り入れ、

更に、を用いても まだ歩行するのには不充分だった事が

ありました。

それだけの 関節部位への 対策を施しているのに、

何が足りないのか? というと、

1歩1歩の 歩みの度に、足の振りの 支点になる部分、

つまり、股関節への 対策が出来ていなかったのです。

ですので、近所に お買い物に行く際も、行きは何とか

気を張りながら 無事に辿り着けるのですが、

帰りは もう、股関節への負担が 許容量を超えていて、

1歩1歩 足を踏み出すのが、

とにかく苦痛で 仕方が ありませんでした。

どんなに杖に頼っても足首や膝サポーターを

がっしり固定しても、股間節へのダメージは

積み重なり続け、毎晩寝る頃には、股関節を中心に

痛みが発生して 寝るのも容易では 無いほどに。

自宅で行える遠赤外線治療器で患部を温めたり、

体圧分散マットレスなどで、

身体の負担を 極力無くしたり等、

色々な 対策を行いつつ、効果を感じては いたけれど、

もっと、ダイレクトに痛み・衝撃を防ぐ、

あるいは 緩和する手段は無い物か?と、辿り着いたのが

やはり 専用サポーターを 取り入れるという

シンプルな 答えでした。


思い切って、股関節サポーターを購入して

日常で 関節を守る保護アイテムの1つとして

加え始めてみたら、これが 効果覿面 こうかてきめん で、

少なくとも 片道10分の お買い物の往復も

ただの苦行では 無くなりました。

この効果は 大きくて、就寝前に毎晩苦しんでいた

股関節を 中心とした痛みも、

時を同じくして 和らいで行き、

日常で欠かせない 1歩1歩の歩行時だけでは無く、

日常の疲れを 取り去る為の 就寝時にも、

スムーズに 眠りに就けるなどの 思わぬ収穫があったので、

足腰の痛みに 悩む方は、股関節サポーターも

足腰を守る上で 重要な保護アイテムだという事を

情報の1つとして、頭の片隅に入れてみてください。

そして 日常に取り入れて、日々の負担を

減らして、過ごしてくださいね。

股関節サポーターで歩行時の衝撃を和らげる→

激しく腰が痛む時には体圧分散マットレスの上で寝る

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の

磨り減りなどで関節周りの靭帯などが、

その部位を支えようと過剰に働いて

疲弊する事により 痛みが生じたり、

あるいは、スポーツなどで急激な負担が

掛かったりなど、人によって足腰に

痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば、仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み

(間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,

筋膜性腰痛など)から 足首、足底の足底筋膜炎まで

何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと

自然と重心が 身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした 歪 いびつ な重心で数日から数週間も過ごせば、

痛みがマシな方の足腰にまで、過度な負担が生じ

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

そして、その結果として歩行困難などの不自由な

日常を強いられる様に なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の

何処かに痛みや違和感を感じた段階で整形外科に行き、

問診で何処が どの様に痛むか、というのを

しっかりと伝えて、

その後レントゲンやMRI検査などで自身の

現状を知る事が大切です。

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ

時間だけでは、状態を改善する事は なかなか難しいので、

治療・リハビリ時間よりも遥かに長い日常生活の

中での痛む患部への痛みを緩和させる

関節保護サポーターを装着したりと、あるいは

家庭用の温熱治療器で患部を直接温めて

血流を促したり、日常生活の中でのケアも

行い易くなります。

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や

膝に超音波を充てたりなどの場合、

せいぜい長くても20分~30分程度で終わって

しまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の

時間の方が遥かに長いので

つまり、治療時間よりも日常生活の中で

足腰への負担を如何に小さく留められるか?

という事に意識を向けるかが重要に なるのです。

23時間30分の内、就寝時間が8時間あるとしたら、

残るは15時間30分ですが、

身体が沈んでしまう様な柔らかい布団で寝ると

腰への負担が8時間もの間、掛かり続けるので、

その場合、腰部が痛んだり、臀部が痺れたり

身体に負担が掛かって居る時間は

やはり23時間30分と なってしまいます。

この就寝時間を身体を休められる快適な

時間にするには 体圧分散マットレスの上で

寝る事が重要な要素と なります。

体圧分散マットレスは今の時代、様々な

種類があり、どれを選べば良いのか

迷ってしまう程です。

これは購入する側は 非常に悩みに悩んでしまい

結局選べずじまい、何てことも多くあるでしょうが、

これだけ多くの種類が市場に出ている

と言う事は、それだけ腰や身体に疲労感や

痛みを抱えて居て、充分な睡眠が取れておらずに

悩んでいる人が多い事の裏返しでも あります。

腰の痛みの場合は、腰の筋肉である脊柱起立筋が

疲弊しきっている場合が多いので、

しっかりと休められる環境づくりが大事です。

私も体圧分散マットレスを購入する時には、

いつも迷ってしまうので見極めるポイントを

自分の中で決めて、それに合致したものを

選ぶようにしています。

そのポイントは 通販で買う場合、質感や寝心地と

言うのは、サイト上の写真や マットレスの構造を

見て、想像するしか ありません。

しかし、それだけでは実際に購入してから

『あれ?思ってたのとちょっと違う』と

なってしまう事もあるので、自身がサイトを見て

イメージした物と実際の質感・寝心地に

相違点が生じない物を選択するには、写真と

構造以外で その質感・弾力が視覚的に

分かりやすいマットレスを探す事が大切ですね。

体圧分散マットレスで腰の負担を軽減する→

足腰関節は日頃から大きな負担を受けているので、ケアが大事

日々忙しく働いていると なかなか

自身の身体のケアをする暇も ありません。

そうした中で足腰が痛んだりすると、

関節サポーターの装着が日常に

欠かせなくなります。

身体は1歩1歩の歩行の度に衝撃を受けますから、

それを緩和する為の 対策として、関節サポーター

存在が無ければ 非常に不便を強いられます。

足腰の痛み と言うのは、足腰関節の何処か1か所でも

痛み出すと、

その部位を自然と庇いながら 歩くようになってしまう為、

重心を健康な 片側に傾けて 歩行するようになります。

そうした日々を数日~数週間も過ごすと、

重心の傾きから 身体のバランスが崩れ、

元々痛めていなかった側に 負担が掛かり続けてしまい、

そちら側にも強い痛みが生じる様になってしまいます。

その様に 一方が痛めば もう片方で庇い、

そうこうしている内に

元々1箇所だった痛みも あちこちに

拡散されてしまいます。

膝から痛みが始まったとしても 庇い続ける事で

足腰全体的に痛むほどに 悪化してしまうと

先ほども書いた様に、日常生活も非常に不便に

なってしまうので、

早い段階での対処が重要になります。

対処と言うのは、痛みや違和感を感じた初期の段階で

整形外科やペインクリニックに通院したり、

あるいは日常生活では各関節部位ごとの関節サポーター

装着したり、自宅で行える手段としてマッサージ器や

温熱治療器などで 患部を直接癒すのも おすすめです。

その様に、通院して治療・リハビリ時間以外で

日常で出来る対処法としては関節サポーター

杖の併用が、最も使用頻度の高い 支えになるのですが、

それでも足腰関節には どうしても負担が掛かってしまいます。

1歩1歩足を踏み出す度に、股関節が可動し、脚が地面に触れる事で
体重を支える為に足底から足首、アキレス腱、膝関節、股関節、

そして腰の筋肉である脊柱起立筋にまで、歩行の振動による

衝撃が毎回 伝わってしまう為です。

振動が仮に無かったとしても、これらの部位を 既に痛めている
場合には、股関節の可動による痛みは 必ず発生しますし、

足底筋膜炎の場合は 脚が地面に触れて踵から延びる筋膜に
テンションが掛かった時点で、悶絶するような痛みが生じますし、

足首やアキレス腱には体重が乗り、膝関節も鋭い痛みが走ります。

そひて腰の筋肉である脊柱起立筋は身体を支える為に、
細かく収縮と弛緩を繰り返しているので、

疲弊し続けて 痛みが強くなるので、やはり完全には防ぎようが
無いのです。

これらの筋肉や関節部位は、立ち上がる時、歩く時には
必ず負担が掛かる部位なので、

だからこそ日頃のケアが 大事な訳です。

貼るだけで何処でもマッサージ出来るマッサージパッド→